2020年10月20日 (火)

浜松市立浦川小学校

皆さんこんにちは!大脇元です!

私たちの演奏活動も少しづつではありますが、再開し始めました。
そして、この日は2年に1度呼んでいただいている静岡県ではありますが、お隣の浦川小学校さんに行ってきました!
1020-7

全校児童19人。そして2年に1度なのでほとんどの子供達が志多らを知っている。
不思議な感覚での演奏でした。
前回とは内容もガラリと変えて2年前とは違った志多らを楽しんでいただけたのではないでしょうか?
1020-5

隣町ということもあり学校公演以外のイベントなどでも見たことのある子がほとんどでした。
ただ今年は、ほとんどのイベントがなくなってしまい見ることのできなかった私たちの演奏が見れて良かったという子もいました。
1020-4

今回の演奏をきっかけに浦川の子ども達との距離がグッっと近づいたような気がしました。
次の2年後、どんな演奏を届けようか。考えているとワクワクです。待っててね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2020年10月18日 (日)

JAPAN LIVE YELL project @AICHI"三河プロジェクト" 豊田公演

10月に入り段々寒くなってきましたが皆様体調など大丈夫でしょうか??

こんにちは、宮﨑光政です。
1018-3

10月14日は豊田市民文化会館にて演奏を行いました。
1018-4

コロナウィルス感染が始まりから6カ月程、段々終息しつつある日々、久しぶりのお客様を入れての一般公演、まだまだお客様には感染予防にご協力して頂き見ていただきました。

久しぶりの和太鼓の生の音をお客様にお伝えできたこと本当良かったです。
1018-2
僕も久しぶりのお客様がいる演奏でしたので、凄くテンションがあがりました。
1018-5

まだまだコロナウィルス感染終息していませんが、今だからこそ日本の素晴らしい文化、伝統芸能を多くの方に見て頂きたいです。
1018-1

 

 

 

 

 

 

 

|

2020年10月17日 (土)

JAPAN LIVE YELL project@AICHI"三河プロジェクト"

お久しぶりです、ももかです!
10月の半ばになり涼しい日々が続いていますが、皆さん元気ですかーー!!

先日、穂の国とよはし芸術劇場プラットにて抽選で当たった豊橋市内の小学6年生に演奏をお届けしてきました!!
コロナ対策でマスク着用の上で演奏を観ていただいたのですが、みんな目をキラキラさせながら一生懸命観て聴いてくれていたので嬉しかったです^_^

久しぶりのホールでの公演ということで、とーーーってもワクワクドキドキでした。

私の出身校・豊橋市立牟呂小学校の皆さんも観に来てくださり、こうして日本の伝統文化を伝えることができすごく嬉しいです。

まだまだコロナウイルスが終息したわけではないですが、こうして少しずつ生で演奏をお届けする機会が増えてきていてとても嬉しく思っています。

また、皆さんに素晴らしい舞台をお届けできるように頑張ってまいりまーーーす!!!
季節の変わり目です、風邪をひかないように元気に過ごしてくださいね(^ω^)

|

2020年10月15日 (木)

のき山市2020 2日目

皆さんこんにちは!
福家さくらです。
随分秋らしくなりましたね、いかがお過ごしですか?ランニングコースには栗が落ち、猿たちが嬉しそうに拾っていきます。

のきやま市2日目は9つのワークショップを行いました!

マスク用アロマスプレー、
地元、愛知県立田口高校さんとのコラボ企画でした。

1014a-2
1014a-1

フェルトソープ作り。
1014b2
1014b1

バチ作り。私たち太鼓打に必須のアイテムバチ。折れたり、先が割れたりするたびに作っています。そのバチ作りを体験していただきました!先から先まで同じ太さでまる〜く削っていくのはなかなか難しいんです。
1014c-2
1014c-1

のっきぃハンコ作り。消しゴムでハンコを作るコーナー。テスト前の学生さんみたいにみんな無言で黙々と作業していました。作るのも楽しいし、できたものも可愛いし、ずっと使えるのも嬉しいね!と大人気のwsでした!
1014d-2

補佐役だった鬼頭さんが誰よりも楽しんでいたのはここだけの秘密です…

花祭りの飾りを作ってみよう。こちら花祭り部の皆さんと行いました!今年はコロナの影響で花祭りが中止となっています。しかし、花祭り大好き大脇元!
1014e-2
この飾りを部屋に飾って花祭り気分を!と…
1014e-1


はぎれでつくるくるみボタン。こちら、サチキトウの企画。参加した子どもに完成を見せてもらうととっても可愛いヘアーアクセサリーが!難しかった?と聞くと楽しかった!と大満足の様子でした。
1014g-1

1014g-2

うどん作り。吉田章彦手がける小野式製麺機でのうどんづくり。これはもう大人気中の大人気で早い段階で定員になっていたws。卵に、のり、ねぎ、そぼろ、蒸し鶏…などなど吉田さんがこだわった具がたまらなくリッチな一杯。食べた人みんなが笑顔になりました!
1014h-1

1014h-2

石窯ピザ。のきやまの定番中の定番!生地を伸ばし、好きな具を乗せ、石窯で焼きます!これがおいしーーい!隣で座っていた参加者の方。見てたら食べたくなって…と受付まで戻り、チケットを買いピザ作り参加してくれました!

1014i-1

1014i-2

 ありがとうを書く教室。こちら、私がやらせていただきました!
1014f-2
削ると虹色になる紙に好きな言葉や絵をかきます。ある小学生の男の子。自分の名前から1文字選び、削り、いつもありがとうの文字を添えてお母さんにプレゼント!私の方がほっこり嬉しい気持ちになって、やっぱり伝えるって大事だなと感じました。
1014f-1_20201014132601
ワークショップをするにあたり、参加者の方とたくさんお話しすることができました。昨日のライブよかったよ!と言ってくださる方。拍手しすぎて内出血しちゃったよ。と言ってくださる方。たくさんの人が私たちの演奏を心待ちにしてくれていることを身をもって感じました。今日見たたくさんの笑顔を力に変えて、またもっとたくさんの笑顔を生み出せるよう、頑張っていきます!
来年も楽しみです。

|

2020年10月13日 (火)

のき山市2020 1日目

毎年恒例の志多ら交流イベント【のき山市】が今年も無事に開催されました。

新型コロナウイルス感染拡大防止の為、
2日間にわたる演奏、そしてワークショップ。
夜のお楽しみ大懇親会など、、、
“例年通り”とはいきませんでしたが、

1日目に60名限定のスペシャルLIVE & YouTube生配信

2日目に演奏メンバーが講師を務めるワークショップを行うなど、
今年しかできない内容でお届けしました。

ここて一つウラ話。
今回のLIVEのプログラムは鬼頭くんが熟考したのですが
久々にファンの方々の前で演奏するという事で、構成の段階で気合が入りすぎで
60分プログラムのはずが、いざリハーサルをしてみると30分オーバー…90分のプログラムになっていたので、直前で2曲減らし、それぞれの曲も少しずつ短くする事に。。。

そして今回の演奏を通して感じた事。
それは、このコロナ渦においての舞台の楽しみ方が、
演者・観客ともに掴みきれていない、
共に手探りで定まっていないという事。

演者側では、ここまでしか前に出てはダメ!!
お客さんとはしっかり距離を保って、立ち上がらせて踊ってもらうのもダメ!!
MCを2人でする時は2m以上離れて!などなど、
これまでになかった制限がかかる事に。
1013-5

お客さん側としては、せっかくのファンミーティング。
なるべく観客が一体となって楽しみたい所を、
家族であれ、隣の席と1m離れての鑑賞。
僕も椅子に座ってみましたが、少し孤独感がありまして。。。
そして声を上げちゃダメだよね??手拍子もしていいの??
そんな空気が漂っていました。
まさに、個として楽しむ!!1人焼肉の様な感じ。
1013-1

僕たちも配信による演奏に慣れすぎて、
『お客さんとの一緒に楽しみながら作る舞台』この感覚がかなり鈍っている事に気づきました。

それでも、今までの演奏の在り方を見直すいいチャンスと捉え、これまで以上に心の距離が近くなるような、より良い舞台を目指します。
1013-4

そして動画配信という武器も手に入れたので、
これからもっともっと志多らファン層を広げていけたらと思っております!
Img_3539

コロナ渦、台風の心配、東栄町までの距離、予約チケット制などなど、数多の困難をものともせず
会場に駆けつけてくださった皆さん本当にありがとうございました。
Caféのっきぃでのサテライト配信も滞りなくできました。
1013-3  

もちろんYouTubeでご覧になってくださった方も、ご視聴いただき感謝しております。
いつもコメントもとても嬉しいです。
遠く離れていても繋がれる、演奏が届く。
本当に素敵な時代になりました。

長々と綴りましたが、のき山市1日目のリポートでした!!

|

2020年10月12日 (月)

明神山登山

登山口 「三ツ瀬」から登りに行って、最初は結構ゆるやかな斜面で「全然いけるなぁ」と思っていましたが、進むにつれて急な斜面になり、鎖やロープを使って登る時には最初にあった余裕は消えていて、

「これがローテンポのシーンか…」

と感じることができました。

ある程度登ったら、大分楽になり「頂上まであと150m」の看板を見つけた時に「あと少しだ!」という気持ちがあって、「これが最後の追い込みだな。」と思いました。
S__22626321_20201012175501

書ききれない「馬の背岩」の景色や偶然お目にかかれたファンクラブてほへのMさんが教えてくれた絶景スポットがとても綺麗で「もう一度登りたい!!」と思いました。

|

2020年10月11日 (日)

秋の夜長の芸術祭 YouTube Live with 杉浦充さん

皆さんこんにちは。
今年は一年が早いですね。
気づけばもう秋、涼しさと共に夜は寒さを感じますね。
体調崩しやすい時期です。皆様もお体には気をつけてくださいね^ ^

昨日、今日とのき山市が開催されています。
芸術の秋ですね。

芸術の秋といえば、10月2日には秋の夜長の芸術祭として、YouTube Liveを行いました。
今回はゲストに箏奏者の杉浦充さんをお招きし私たちの演奏に花を添えていただきました。

充さんとは約一年ぶりの共演。充さんも我々との共演を喜んで受けてくださり、久しぶりの箏の音に浸りながら太鼓を叩かせていただきました。

楽しいひと時は一瞬で過ぎていくもので、前日から2日間にかけて時間を過ごす中で沢山のことを学ばせていただきました。
充さん、感謝しています。
また和楽器の演奏家として今後ともご指導よろしくお願いします。

充さんも忙しくなり演奏も行っていますので、足を運んでみてください!
素敵な箏の音色に身を浸らせることができますよ!
ぼくもプライベートで聞きに行きたーい!
和楽器大好きー!

|

2020年10月 5日 (月)

東薗目 道つくり

皆さんこんばんは。

だんだんと東栄町も朝晩が冷え込むようになりました!

朝起きた時のひや〜とした空気が少しずつ冬に近づいてきてるなと感じます!

さて、今日は私たちの暮らす東栄町東薗目地区の道つくりがありました!

30a463de803d41d49cea394ab2864deb


5ec27cc40cdf443489f13efbe1712570

一年に数回集まり、草を刈ったり普段だと手を付けにくい所の掃除をしたりします。

Fc2e635cfada4fb3914bf89ee25ba8cf

朝から夕方まで、もくもくと作業に取り掛かります!

58ecb066f8934c56b8850700c9dc956e

ですが、東薗目の作業はすこーし休憩が長め。

D4c62fb7bda84d4f91aebb538c5eb4c2

でも、こんな時に地区のおじいちゃん、おばあちゃんとゆっくりお話しできる時間が私たちはとても大好きです。

今回は、こんな話をして下さいました。

「私たちみたいに年を重ねていくと、出かけることも人に会うことも少なくなってなんだか寂しいときもあるんだけどね。あなた達の太鼓の音が聞こえると寂しさなんて吹き飛んで明るい気持ちになれるんだよだから、いっぱい和太鼓の音を届けてね」

「東栄町で自分たちも実際に暮らしてこうして東栄町のことをたくさん知って大変な思いも、いろんな経験もたくさんして。それを舞台に繋げていられてる。だから、君たちは東栄町から輝けるんだ。」

なんだか、温かい気持ちになりましたし、自分たちにできることはもっともっとあるんじゃないかと思いました。

いつもお世話になっている地元の方に和太鼓を打つことで私たちのエネルギーや日々の感謝をお届けしていきたいです。

|

2020年10月 4日 (日)

明神山登山!!

東栄町にある明神山の山頂まで登山をしました。
登山は人生初めての試みで少し不安はありましたが、秋の涼しい風や秋の香りを感じながら、明神山の山頂まで足を踏み入れました。S__22626318

登山を始めてすぐに足場にゴツゴツとした石が無数も並んでおり、斜面も急なため、登るのに大変でしたが、一歩一歩進んでいきました。
S__22626320
ゴツゴツとした石の次はチェーンをつたって登っていきました。
「またチェーンで登るの?」と思うこともありましたが、チェーンゾーンも登りきりました。
最後は山頂までせっせと足を運び、明神山の山頂まで着くことができました。
明神山からの風景はとても素晴らしく、登山中の疲れも吹っ飛びました。
 
  今、のき山市に向けて研修生だけで演奏する曲が明神山のなので、今回の登山で経験したことを忘れずに、曲の構成がもっと良くなり自分達にしかできない明神山を創っていきたいです。

|

2020年10月 2日 (金)

明神山 登山

東栄町では、鳴いている虫がセミから一気に鈴虫へとかわり、秋の訪れが耳から感じられる日々です。
皆さんは東栄町にあります明神山ご存知でしょうか?
東栄町と新城市との境に位置する山で、標高は1,016mあり愛知県の代表的な高峰です。
ちなみに東栄町出身の私でありますが、名前と場所は知っているものの登るという考えがあまりなく人生で1度しか(1度目は研修生の時)登ったことがありませんでした。
そんな私と研修生とで、明神アタックをしてきました!

1002_20201002152801

前半は杉林の中を歩いていくのですがその中でも川を渡ったり、岩場に登ったり?!

日々のランニングのおかげで余裕を持っていた中盤から山の景色が変わっていき、鎖やはしごを使い登っていきました。

そして、名所の馬の背岩に到着!
馬の背岩は2メートルくらいの幅で横は断崖絶壁。名前の通り馬の背中のような大きな岩なんです。
足が若干すくみながらもここから大声でこれからの目標を叫んでいました。

そして頂上!
運が良ければ富士山が見えるらしいのですが、今回は見えず。。。

みんなでご飯を食べていると、沢山の登山者の方が声をかけてくださりました。
昔から信仰登山として登られている山でもあったそうで、80代にして今年20回目の登頂の方や今年80回目の方まで。

身近にありすぎて当たり前にしていましたが、今回の経験でとてつもなく大きな存在なんだと感じました。
きっと、東栄町にはまだまだ知らないスポットがあると思うので少しづつ行ってみようかと思います!!

 

1002
そして、本日は、和太鼓 志多ら YouTube Liveの開催です。
【日時】10月2日(金) 19:30~
【出演】吉田章彦・鬼頭孝幸・加藤大陽
【ゲスト】杉浦充(箏奏者)

https://youtu.be/9Tdi6Vk9KuA

どうぞお楽しみください!!

|

«TEAM SHACHIさんとの共演 SPOT ~STAGE at 奥三河