2021年1月 4日 (月)

豊橋総合動植物公園 のんほいパーク

皆さん新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします!

2021年最初は、1月2日3日と豊橋総合動植物公園 のんほいパークでの演奏から始まりました。
新型コロナウイルスの影響もあり
演奏出来るか不安もありましたが、
たくさんの方にお会いし演奏をきいて頂けたので
今年も良いスタートをきることができました!
0104-1

お正月にのんほいパークで演奏をさせて頂くのは今年で3回目となりますが、
私自身は今回初めての演奏でした。
音に敏感な動物への配慮も忘れず、
いつもとは少し違う楽器か構成にしたり
皆さんから好きな動物を聞いて
最後は皆さんと一曲を作り上げて終わる、
動物園ゲームをしたりなどなど、、、

ソーシャルディスタンスは保ちながらも
皆さんと楽しめて同じ時間を共有できた事を幸せに感じました。

本当に、風も強かったり寒い中でしたが、
見に来て下さった方ありがとうございました!!


最後は、私たちもちゃっかり記念撮影してきました。
0104-2

 

2021年も張り切って演奏お届けしていきます!
皆さん、素敵な一年にしていきましょうね。

0104-3

 

 

|

2020年12月24日 (木)

師走 東栄公演  2日目

皆さんこんにちは。福家さくらです。
今年も残すところ後僅かとなりましたね。いかがお過ごしですか?

先日20日、東栄公演2日目が無事終了しました。
たくさんの方に足を運んでいただき本当にありがとうございました。
2020
ユニット名、衣装、構成それぞれがこだわりながらも、お互いにアドバイスを出し合いながら挑んだ3つのユニット。
なんと、7曲の新曲を引っ提げて…!
1224-2


私は【轟音ライフル】というユニットのメンバーでした。
1224-3
とにかく太鼓を打って打って打ちまくる。
轟く音をお客さんにお届けする。
そんな思いを込めました。
1224-4
私は新曲を一から作っていくという作業は初めてでした。
表現したいものをどうすれば伝わるかいろんな方法を試しながら作っていく。
正解はないからこそ難しいけれど本当に自由。
一言喋ればわかってもらえることを音や表情、空気など使えるものを全て使って表現する。
楽しい!と感じました。
1224-1
でも私には伝えたいものを思い通りに音にする技術が伴っていません。
もっと稽古してそれができるようになろうと思います。

そして各ユニットの演奏の後は総出演の演目。
コロナ期間バラバラで稽古するしかなかった私達ですが、その分一緒に演奏できる喜びが大きく、それぞれの想いが爆発した演奏でした。
1224-5
お客さんからの拍手も、手拍子も本当に嬉しかったです。
私達の演奏で少しでも元気になっていただけていたら嬉しく思います。
1224-6
本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

|

2020年12月23日 (水)

師走 東栄公演 1日目

みなさんこんにちはー!!
百華です。
寒い日が続いていますね〜
朝起きるのが大変な季節になってきました。

12月19日。
今年一年を締め括る師走東栄公演が行われました。
もうそんな時期かーーと思いながら日々過ごしていました。
今回の東栄公演、私は初めて作曲をし、演奏させていただきました。
12231-4
わたしたちのユニット「やろまいかっ!」は平均年齢22.3歳の大脇元・田中利奈・片桐百華の3人で何ができるのか、何を伝えたいのかひたすら悩みました。
答えは、私たちが出来ることは元気を与えること。
12231-2
観てくださった方も、演奏している私たちも、皆んなで力を合わせて一緒にやっていこう!という思いから、三河の方言にちなんで【やろまいかっ!】というユニット名・曲を作りました。
12231-3

いざ作ってやってみると意外とあまり上手くいかず、、、曲の構成やどこにソロを持っていくか、どう山場に持っていくかなど沢山悩みました。
12231-1

悪戦苦闘しながら、先輩方のアドバイスをもらいながら一曲ができました。

ユニットごとの演奏はもちろん最後は総出演ということで、全員で演奏しましたが、やっぱり皆んなで演奏するのは楽しい!
アイコンタクトを取ったり、それぞれの表情を見ながら演奏して改めて志多らっていいな!と思いました。
12231-5

また来年も沢山の元気をお届けできるよう頑張っていきます!!!
12231-6

 

 

 

 

 

 

|

2020年12月18日 (金)

全国ツアー いのちの力 岡崎公演 ワークショップ

1月31日に行われます、全国ツアー いのちの力 岡崎公演にて出演していただきます、和太鼓響さんのところへ行ってきました!

いのちの力の公演は、演奏地にて活動している太鼓チームの方との共演が見所の一つなんです。

そして、今回の共演する曲は『みこし』!!
この曲は、私 大脇元が作曲しました。(ちなみに記念すべき1曲目!)
その名の通りお祭りをテーマに、誰でも見ているだけでお祭りに加わった様な気持ちにさせてくれる御神輿。それを、演奏する側も見ているお客さんも巻き込んで一つになりたい。そんな思いを込めて作りました。
1219-1

今回は一日で仕上げなければいけなく、内心すごく焦っていました。が、和太鼓響の皆さんは事前に送っていた映像と楽譜でほぼ完成といったところまで練習してくださっていて、少しの修正で伝えたい曲のイメージを表現することができました。
1219-2

本番まで残り約1ヶ月半。どんな『みこし』になっているのか楽しみです!
皆さんも楽しみにしていてくださいね!
会場でお待ちしています!

ダウンロード - e38184e381aee381a1e5b2a1e5b48ee585ace6bc94e38381e383a9e382b7.jpg

 

|

2020年12月17日 (木)

全国ツアー いのちの力 香川公演

皆さんこんにちは!ゆいです。

昨日、東栄町に初雪が降りました。。。(一旦、粉ぁぁぁ雪ぃぃと大きな声で歌っておきました♪♪※実際は吹雪いてましたけど)
本格的に、冬到来ですね。
みなさんは寒さ対策は万全ですか?
私は、お布団をバージョンアップして、フワフワのぬっくぬくのシーツにしました!
最高です!

さて、、お待たせしました。
本題に入りますね。

12月13日(日)、全国ツアーいのちの力香川公演を行いました!

全国ツアーの公演としては、今年1月の京都公演以来、約11ヶ月ぶりの開催となります。

久しぶりの全国ツアーということはもちろん、今回は私、奥村唯と、福家さくらの凱旋公演ということで、地元で公演ができる喜びを噛み締めながら演奏させていただきました。

そして、ゲストにはお馴染み、夢幻の会の皆さんと、
Dsc01211
今回が初共演!鴨川福神太鼓保存会の皆さんをお迎えして、
Dsc01958
一部はまるッと、激アツ、胸熱、汗だくなコラボレーションをお届けしました。

こうして香川県で志多らの公演を通して、和太鼓の輪が広がっていくのは、とっても嬉しいことです!!
これからも繋がったご縁を大切に、皆さんと交流を続けて行けたら、、、と思っています。
 
また、自分にとっては今年で4回目となる凱旋公演ですが、毎年、公演を行わせていただく度に、自分にとっての原動力が何なのかを必ず思い出すほど、あたたかく迎えていただいています。

今年は後輩のさくらと初めて凱旋公演をすることができました。
Dsc01713_20201217092501
幼い頃から15年以上一緒に、同じ目標に向かって走ってきたさくらと共にまた地元の舞台に帰って来れたことは、喜びや幸せという言葉よりももっと大きな、心がギューーーーーんと昂るような感覚がありました。
これから私たちがすべきことは応援してくださっている方々に演奏を通して感謝の思いを返していくことだと思っています。
そのためにも、毎年香川で公演ができるように益々、精進して参ります!!!!!

全国ツアーいのちの力の公演は、まだまだ続きます。
是非お近くの会場に遊びに来てくださいね!
皆様とお会い出来ることを心から楽しみにしています!
ありがとうございました。
Dsc00555

 

 

 

 

 

|

2020年12月10日 (木)

CF返礼ツアー無事終了‼️

志多らクラウドファンディングの返礼品として企画した、
【志多らの世界観 体感DAY】の全日程が無事終了しました。

今回はヨシダツーリズムと称して
私、吉田章彦+志多らメンバー1名でのご案内・対応をさせていただきました。

今回は6日間に分けて計6グループ 総勢21人の皆さんに奥三河の魅力をたっぷり味わっていただきました!!
1210cf-4_20201207175901

1210cf-6

今回、ご案内した主な場所は
・村行の七滝
・槻神社
・煮渕
・蔦の渕
・預り渕
・乳岩峡
・百間滝
・名倉の大杉
・旧東薗目小学校(志多ら稽古場)
・旧門谷小学校
などなど。。。
1210cf-5_20201207175901

とっておき風景と共に、この場所がどの様に志多らの舞台へ影響を与えているのかをお話しさせていただきました。

今回は志多らの舞台の根っこにある精神性や、大切にしているものを知っていただくとても良い機会でしたね。

また、コロナの状況が好転してこれば、今回のような志多らのルーツを探る奥三河ツアーを開催できればと思っていますので、その際は、是非ご参加ください。

今回、ヨシダツーリズムをご利用いただいた皆様、本当にありがとうございました!!

1210cf-1

1210cf-3

1210cf-7

 

 

 

|

2020年12月 7日 (月)

全国ツアーいのちの力・松本公演 稽古場にて合同練習!!

皆さんこんにちは!!
宮﨑です。
今年も早いもので、残すところあとわずか・・

東栄町も朝、夜の寒さが本格的になって来ている毎日です。

皆さんの地域はどうでしょうか?


今年はコロナウィルス感染にて何事も思うように行かなかった日々・・・・・・

そんな中、久しぶりに志多らの稽古場には長野県からお客様が来山・・!!

1207-1

来年1月17日に松本まつもと市民芸術館にて行う、全国ツアーいのちの力松本公演にて共に舞台を創る中山太鼓連の皆様です。


当初なら、今年の3月8日に行う予定だったのですが、コロナウィルス感染により中止になってしまいました。
ですが、来年その公演が実現します。

中山太鼓連さんとは・・!!

松本城太鼓祭りの際にご縁を頂きました。

久しぶりに稽古場にて皆さんと練習を行い、太鼓が大好きって気持ちが溢れる子どもたち、それに劣ることの無い素敵な大人の方々が太鼓を打っている姿を見て、僕も楽しく、笑顔がたえない、1日となりました。
1207-2
 
当日は志多ら、中山太鼓連の皆様と一緒に楽しく、思い出に残る1日にしたいと思います。

ぜひその舞台に足をお運びください。
お待ちしております。
1207-5

|

2020年12月 3日 (木)

山フェスin東栄町

 山に親しみ、感謝する日ということで、東栄町で山や川などを体感できる企画 「山フェスin東栄町」。
12034
 
毎年山の日にちなんで、夏に行われていましたが、今年は秋~冬を楽しむ企画として、先月無事開催されました!

木造校舎の広ーい庭でデイキャンプ!と題し、志多らが講師となる太鼓フィットネスをはじめテントサウナ、ドラム缶風呂、そして火起こしをしての飯盒炊飯など東栄町ならではの体験ができるこの企画。
12035

実はイベントの行われたのき山学校は私の母校なんです。そんな場所で小学生以来の飯盒炊飯なんだか当時にタイムスリップした様な、、、
1203-2

ご飯の後は太鼓フィトネス!
1203-3

目一杯体動かしていただきました!

汗をかいた後にテントサウナで更に汗を!
その名の通りテント式のサウナなのでどこへでも持ち運びができるんだとか。
外は寒空でしたが中は熱気ムンムン。出た後の水風呂そしてドラム缶風呂はロケーションの効果もあり爽快でした!
1203-1

非日常を体験でき、子どもさんはもちろんのこと、大人もなんだか子どもの頃に戻った様に楽しんでいただいたイベントになりました!

来年は夏にできる、かな?!
その際は是非、東栄町に遊びに来てくださいね!

お待ちしていまーす!

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2020年12月 2日 (水)

舞台について

皆さんこんにちは

利奈です!
最近少しずつ学校公演もできるようになってきましたが、
やっぱり、まだまだ気が抜けない毎日ですね!

舞台関係の講座が続いておりますが、今回は舞台講座を受けました!
1202-1
昔から、全国ツアーの公演などで、
舞台監督をして頂いている
幾島道宣さん。
 
舞台のことなんて何もわからず
志多らに入座し、
舞台にたちながら
少しずつ知って、失敗もして、
の繰り返しでしたが。
改めて、"舞台"とは、何なのか。
いつから、どのような形で生まれたのか。
舞台の原点を教えて頂きました!
1202-2
 
舞台といったら、
舞台芸術を披露する場であったり
晴れ舞台とも呼ばれたりしますよね。
そして、ステージとも呼ばれる舞台は
何かを伝えたり、披露したりする"場"の
こと!
まだ言葉のない頃からこの舞台は
生まれ始めていたんです。

文では伝えきれませんが
舞台も1つの大切な文化なんだなと
改めて感じました。

入座して5年がたちましたが、
まだまだ知らないことばかり!
もっともっと経験を積んで
勉強していきたいです。


 

 

|

2020年11月30日 (月)

炎の祭典 霜月の舞

こんにちは。
気がつけばもう11月終わり。
今年はより早い一年でした。

私たちは例年この時期になると「このイベントが来るよなー」と節目となるイベントがあります。
その一つである「炎の祭典」というイベントがあります。
本来なら9月に行うのですが今年はこの時期に行われました。

地元の手筒花火と呼ばれる
1メートル程の筒を1人の人が持ち、天高く火柱が立ちあがると最後には火薬が大きな音とともに弾けるのです。
中途半端な気持ちではできない物です。
1130-3

この豊橋というまちにはたくさんの地区でこの手筒花火を夏場にあげる文化が残っています。
私たちはその花火の横で演奏を行います。

たまに火の粉や花火の灰が降ってきて暑いのですが、それよりも花火をあげる人は直に花火を持って降ってくるので
熱そうです。髪の毛も燃えてしまう人がいるだとか。

今年は僕らも花火を全く見る機会がなかったので、楽しみながら演奏させていただきました。

来年はまた、コラボができますように!

そんな思いを込めて。11月が終わってゆくのでした。

1130-1

 

|

«舞台照明について