« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

志多らのリーダー、茶鶏!

本日は、茶鶏(ちゃぼ)さん。
言わずと知れた、演奏・作曲・演出とマルチに活躍する、志多らのリーダーです。
創設当時から志多らを支え、まさに志多らの歴史そのもの!

120302184

今回の「蒼の大地」は、茶鶏さんが入座当時から大事にあたため、いつかこんな舞台ができたら……とずっと思い続けてきた舞台。
20年以上もの想いが、今形になろうとしています。

そんな茶鶏さんの「蒼の大地」でのイメージキャラクター。



大地を吹き抜け、人々のもとに何かを伝えるもの。

「風鬼神」

です。


「蒼の大地」の舞台では、龍笛(ポスターで茶鶏さんが吹いている黒い笛です!)など、新たな楽器にもチャレンジ。
もちろん、こころ沁みる篠笛も、誰よりも男らしいと評判の太鼓も、演奏しますよ~!!!


ついでに。
今回の「蒼の大地」では全曲新曲(12曲)という事で、茶鶏さんの作曲数も、今までとは桁違い。
煮詰まった時の発散方法はと聞いたところ……


「草刈り」

……だそうです(笑)




STAFF M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

原作絵本「鬼との十三の約束」(愛芽ume)

「蒼の大地」の原作絵本である

「鬼との十三の約束」(作者:愛芽ume)

がだんだん完成に近づいてきました。

その創作風景のほんの一部をご紹介します。

 

 

はじめはただの白い紙。

そこに描かれた「愛芽ume」さんの可愛らしい絵に、どんどん命がふきこまれていくのは、神秘的です。

 

 

これでも、まだまだ完成ではないそうです。

(ビックリ!)

これから更に色を重ね、他のページとの調整などをしていき、原画として完成するそうです。

 

 

5月19日の新城初演で初売りの絵本。

また、インターネットや書店での販売なども予定していますので、直接コンサート会場で購入できない方も、お楽しみに!

他の19枚を合わせた合計20枚の原画で、十二の鬼神たちと、白い神様が飛び回ります。

 

 

STAFF M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

子どものアイドル?宮﨑光政

志多らで一番子どもに人気があるのは誰?

それは、彼

120302339_2

(写真:宮城谷好是)


宮﨑光政。

志多らでは子ども向けのワークショップや演奏などを行う事が多いのですが、その交流会などでは、決まって子どもに囲まれています。

「みっちゃ~ん」

と、いろんな所から声をかけられて、にこにこと子どもと遊ぶ彼は、

志多らで唯一の左利きで、右利きの人の演奏と対称に打つ事ができるという特技があります。

(ちなみに、右利きの人と同じように、右手から打つ事もできるのです。すごい!)

また、レゲエ好きで、一度聞いたフレーズは、なんとな~く耳(体?)でおぼえてしまう感性の太鼓打ち。

そんな彼のイメージキャラクターは……

 

 

全てを包み込み大地

「地鬼神」

 

です。

あたたかな心で、どっしり舞台のみんなを支えたいと話す「みっちゃん」

そんな彼だからこそ、子ども達のアイドル?になるのかな。

STAFF M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

ゲスト出演、新美清彦さん

今回の「蒼の大地」の出演の中に、「ゲスト出演:新美清彦」とあるのを、気になっている方も多いのではないでしょうか。

一体、新美清彦さんとはどんな方なのか?

今までの志多らの公演では、いっさい出演されていないぞ?

どんな楽器を演奏するのかな?

……

 

 

きっとみなさん、色々なご想像をされていると思います。

その新美さんのお宅に、ツアーパンフレット(販売用)の為のインタビューで、ライターのMさんと一緒にお邪魔しました。

お話しを聞かせて頂いたのは、新美さんの素敵なギャラリー「つくみ」。

Photo

木のぬくもりがとっても素敵な、テーブルや椅子、明かりにお皿。

これらは、新美さんの作品です。

……そうです、新美さんは家具作家なのです。

(新美さんHP http://www.geocities.jp/ntsukumi/)

 

 

木の家具だけではなく、革製品や染めのバックや衣服など、様々な作品作りをしていらっしゃる新美さん。

自分の感じる「いいもの」を、自己の責任で丁寧に創り上げているその姿勢は、形は違えど「何かをつくる(家具を創る・音をつくる)」者として、多く学ばせて頂いています。

また、新美さんは役者さんとして舞台にかかわることもあり、今回は「蒼の大地」の中で、

 

全てを統べる「白い神様」

 

……として登場していただくのです。

そうです。ポスターデザインを見かえしてください。

「この人は、志多らメンバーの誰だ?」

「崇晃君か?」

「吉田君か?」

「いやいや、いがいと光政君かも?」

と物議を醸している、白っぽい衣装を着て、杖を持っている「白い神様」です。

(ちなみに、この杖も新美さんの作品です)

 

 

 
 

だからといって、「蒼の大地」が普通の演劇のように台詞があるわけではありません。

一体、どんな形で新美さんが「蒼の大地」に登場されるのか。

 

リハーサルも進み、新美さんの動きもほぼ決まりつつあります。

不思議なのは、舞台の中で志多らのメンバーといる新美さんは、その存在感(オーラ)を強く保ったまま、でも違和感がないのです。

「蒼の大地の舞台を重ねる中で、自分が、そして志多らがどう変わっていくかが楽しみ」

とおっしゃる新美さん。

 

 

……新たな志多らの舞台が、「蒼の大地」にはあります。

STAFF M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

永遠の少年?鬼頭孝幸

今日の主役は、

120302401

(写真:宮城谷好是)

名古屋市出身、鬼頭孝幸くん。

男性さを感じさせない外見・所作は、「守ってあげたい」と、お母様方に絶大な人気をほこります。

太鼓だけではなく、チャッパや篠笛、また獅子の道化など、マルチに活躍する鬼頭くんですが、今回のイメージキャラクターは……

何だと思いますか?

今回の「蒼の大地」のキーパーソンである、水鬼神、

そして、水鬼神の化身でもあります、龍です。

固体・液体・気体と、さまざまな姿に形をかえる水は、全ての命の源でもあります。

今回、「篠突く雨」「龍のすむ谷」の2曲の作曲も担当した彼。

新たな鬼頭君の姿が、「蒼の大地」の舞台では見られます。

乞うご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

蒼の大地グッズ

今回はちょっと話がずれまして、

蒼の大地グッズのお話しです。

「蒼の大地」ツアーでは、様々なツアーグッズが発売される予定です。

先日、志多らの通常のブログでも紹介されました「志多ら×蓬莱泉」という事で、関谷酒造さんとのコラボの、蒼の大地のお酒!

ラベル案をちょっとチラ見せです。

Photo_3

楽曲「蒼の大地」の音色がふきこまれたこのお酒、一体どんなお酒になるのか……きっとみなさんの心を「酔わせる」美味しいお酒になること間違えないですね!

こちら、限定200本です。初演、新城公演で売り切れてしまうことも考えられますので、是非手に入れてくださいね。

また、値段など決まり次第、PR致します!


その他、

ツアーパンフレット

蒼の大地原作絵本

ツアーTシャツ

ツアータオル

……等々、ただ今準備中です!

特に、ツアーパンフレット、原作絵本については、志多ら初の試みです。

これを読めば、更に「蒼の大地」が楽しめる!という、2冊になる予定です。

お楽しみに!!



先日(3月1日)より、6月16日(土)春日井公演のチケットも発売されました。

こちらも、いい席がどんどん少なくなってまいりました~

(詳細は公演予定のページにて)

是非、お早めにお買い求めください。


最後に、「蒼の大地」の舞台写真を一枚。

Ad0565


STAFF M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »