« 第1章 <広がる不安>  | トップページ | 第3章<気づきへの誘い> »

2012年8月29日 (水)

第2章<荒れし心と大地>

また、アップしました( ^ω^ )、志多らTV。

今度は、第2章です。

 

 

 

第2章 <荒れし心と大地> 地が裂け龍が火を噴き暴れし時 岩山の鼓動が聞こゆる

M4 火群(ほむら)作曲:茶鶏

M5 岩山の鼓動 作曲:吉田章彦

 

 

第2章は、2曲編成。

副題のあらわすとおり、荒れる人の心、そしてそれによって更に大地が荒廃していく様を表現します。

 

 

 

この「蒼の大地」は曲によって「主役」がいます。

M4、火群は、「火鬼神」扮する加藤大陽君。

M5、岩山の鼓動は、「岩鬼神」扮する青木崇晃君です。

いつも、志多らの大太鼓打ちとして、大太鼓と対面している崇晃君。

ですが、この「岩山の鼓動」では、大太鼓はただたんに「自分の言葉を伝える(ぶつける)もの」ではなく、「蒼の大地」のストーリーを伝えなければいけません。

それが、いつもの「大太鼓」と大きく違う点です。

 

 

その為には、打つフレーズも、打ち方も、声も、そして何よりそれにむかう心、全てを変えなければなりません。

 

 

いつもは、「のほほーん」と「平和~」な感じの崇晃君。

岩山の鼓動で、「恐怖」や「怒り」をどう表現するか、それ以前に、大地の「怒り」とは、「本当の恐怖」とは何なのか…試行錯誤する日々が続きました。

きっと、その答えは、まだ出ていません。

 

 答えを探す旅が、ツアー「蒼の大地」なのかもしれませんね。

STAFF M

|

« 第1章 <広がる不安>  | トップページ | 第3章<気づきへの誘い> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1327659/46865809

この記事へのトラックバック一覧です: 第2章<荒れし心と大地>:

« 第1章 <広がる不安>  | トップページ | 第3章<気づきへの誘い> »