09 大脇元

2017年6月 5日 (月)

平成29年度 文化芸術による子供の育成事業

こんにちは‼️大脇元です。

ただいま平成29年度 文化芸術による子供の育成事業で3週間弱九州にいます。
今回は北九州の小学校・中学校・ろう学校合わせて12校に演奏をしに行くのですが、五島列島や対馬といった島の学校にも行きます‼️

こんな綺麗なビーチがあったり
0605_1
ランニングの途中に寄ってみたり、普段では中々味わえない事をしてます。

学校での演奏も事前ワークショップを行い花まつり志多ら舞を一緒に舞ったりといつもとは違った雰囲気なんです‼️ 

まだまだ演奏が続きますが、九州の子ども達に少しでも日本の文化の良さに気づいて身近に感じられる様な演奏して行きたいと思います‼
0605_2

|

2017年5月11日 (木)

全国ツアー息吹 瑞浪公演 交流企画

みなさんこんにちは!大脇元です!

奥三河アートフェスティバルの演奏後に岐阜県瑞浪市に移動。

全国ツアー息吹に向けた交流企画としてワークショップ行いました!

こちらも小さいお子さんから年配の方までと幅広い年齢層のみなさんが集まって下さいました!!
0511ws_10511ws_2

和太鼓の経験者も多く最後にはみんなで演奏までできました!

花祭りでは、短い時間でしたが皆さんすぐに覚えてしまい本番を想定した練習もできました!
0511ws_3

参加して下さった皆さん本当にありがとうございました。

また、舞台で再会出来ること楽しみにしています!!
ワークショップに参加出来なかった方も、当日「花まつり 志多ら舞」で舞台へ上がってきてくださいね。ぜひ、いっしょに楽しみたいです。

0511ws_4

そして、今回のワークショップで和太鼓の輪がどんどん広がっていったら嬉しく思います!

いよいよチケット発売です!!

5月13日(土)朝8:30から瑞浪市総合文化センターで販売STARTです!
志多らのホームページからも購入できますので是非CHECKしてみて下さいね!
尚、主催が瑞浪市教育委員会のため、てほへ先行発売および賛助会員割引はありませんのでご了承下さい。

みなさんをお待ちしております。

|

2017年3月14日 (火)

東栄町立本郷保育園のみなさんと

3月にもかかわらず、雪がちらつく寒空の下、かわいいお客さんがやってきました!!
それは…

東栄町にある、本郷保育園の皆さんです。
東栄町の保育園では、3月に卒園される年長さんと最後にいく「お別れ遠足」というこころ温まる行事があります。
今回は初の試み。お別れ遠足で志多らまでやってきてくれましたー。
大陽さん考案のゲームで、園児たちは大盛り上がりでした。
03131
03132

校庭で行った「だるまさんがころんだ」特別バージョンでは、寒い中でも元気に走り回る姿が印象的でした。
03134

お昼は、稽古場で、志多らと一緒にお弁当タイム~
たくさんお話ししたね。
03135

本郷保育園のみなさん、またぜひ志多らに遊びにきてください!!

|

2017年2月25日 (土)

第3回東栄マラソン大会

お久しぶりです。研修生の大脇元です。
入座をして早11ヶ月が経とうとしています。
この間、毎朝続けてきたランニング。
その成果を発揮すべく、第3回東栄マラソン大会が3月5日に開催されます。
0224

志多らからも多数出場するのですが、昨年度の町内優勝者の大陽さんを筆頭に杉浦駿亮と私の3人で特訓をしています。
0225_4
(朝6時過ぎに実際のコースを走ってみました。テンション高すぎます。)

2月に入り、タイムを計ったり、ペースをキープして走ったりと、今までにはないメニューで調整をしてきました。
タイムも少しずつ早くなり、始めた時よりも2分近くも縮まりました。
このペースでいけば当日までには、あと2分縮まるかもしれません(あくまで希望的観測です)

3人の目標としては、表彰台の独占をねらっています。
町内には強者と呼ばれる方も…気合いと根性でくらいついていきたいと思います。

|

2016年5月30日 (月)

’16 ひびけ!音読フェスティバル

みなさん、初めまして!!
研修生の大脇元です。
よろしくお願いします!!
先日 私たち研修生は、東栄町の隣、設楽町津具地区を拠点に活動をしている「津具語りの会」のみなさんに指導をしていただきながら、詩の音読に挑戦しています。

0524
一人ひとつ、自分で詩を選び、各自が自分なりに読んでいく中で課題をもらいながら練習しました。
その中で、詩と太鼓は、似ているところがあると感じました。
詩にも曲にも作者がいて、作者の想いも伝えなければいけないし、自分なりの表現も入れないと、自分の伝えたいものも伝えられなくなってしまう。また、言葉や音だけで、景色や雰囲気もわかるようにする、声や音など身近にあるものだからこその難しさに悪戦苦闘しながらもその奥深さを感じています。
そして、私たちは6月19日につぐグリーンプラザ・ホールで開かれる「’16 ひびけ!音読フェスティバル」に参加させていただくことが決まりました。
一人一人が詩と向き合い工夫を凝らした作品を発表しますので、みなさん、ぜひ来てください!!
0524_3

|