« 明日はいよいよ | トップページ | 片付け »

2010年11月22日 (月)

東薗目花祭り

日曜日の朝8時に「ばちの舞」からはじまった「花祭り」は無事終えることができました。

前日、当日ともお天気に恵まれ、本当に良い花祭りの日になりました。
1年が過ぎるのはアッという間ですが、1年無事に過ごせたから、またこの日をむかえることができたんだなぁと思います。

地元の男性4人の「四つ舞の扇の手」はやっぱり笛をふいていても幸せでした。
11_21_3
後継者不足が心配されますが、この花祭りを大切にしていきたい!ですね。
舞い手、笛、太鼓はもちろんですが、まかない(食事を準備して接待する)のかたがた、役員のかたがた、とにかく、大勢人がいなければ、祭りは続けていくことはできません。祭りの役割をするために、東薗目から出て暮らすかたも、帰ってきて手伝っています。祭りは1年に1度の「ハレの舞台」です。その「ハレの舞台」のためにいろいろ考え、動いている人たちがいるからそ、やれるんだなぁと思います。

今年は11月3日の東栄フェスティバルの出演もあり、浦安の舞の練習があり、花祭りの練習をしている期間が長い年でした。

花祭りを1年の区切りにするなら、ここから1年、来年が無事むかえられるようにしたいですね。
花祭りのシーズンはこれからです。是非「奥三河」におでかけください!

11_21_111_21_2
榊鬼の勇姿の瞬間を撮ったのは「鬼頭君」です!!

|

« 明日はいよいよ | トップページ | 片付け »