« 御園座より… | トップページ | ありがとうございました。 »

2011年1月31日 (月)

とうかい食農健サポートクラブ設立10周年記念企画

29日(土)は食と農のすこやかな結び方と題し、NPO法人てほへで行っているJSS配送サポータとしての活動をコープあいちのTさんとともに報告してきました。
01_29_1
(報告も終わり、ひとまずほっとするTさん。おいしいお弁当の前でポーズをとっていただきました)

JSSとはジョイントサポートシステムの略で、生協がサポーター(志多ら)に商品を届け、志多らで届いた商品を個別に仕分けし東薗目の各個人のお宅にお届けする仕組みです。去年の7月から週一回お届けしています。

花祭りでいつもお世話になる東薗目の方たちとこうして週に一度でもお会いして、時にはおしゃべりしたり…今まで気づかなかった発見ができたりと私たちもこういった活動を通じなにかお役に立てることができ嬉しい限りです。

そして今回、コープあいちさんを通じこのような報告できる機会が持てことがとても嬉しかったです。

この日の昼食は全て愛知県産の食材を使ったお弁当。
地産地消の大切さもあらためて感じました(理屈ぬきでおいしかったです!!)
01_29_2

午後は参加してくださった人も混じりみんなでそれぞれのテーマ別に分科会をしました。
「困っている人は、山間部だけじゃないよね。都市部でも同じ問題を抱えていると思うよ。」
「東栄町は山菜の宝庫だから、ギブアンドテイクの方法でみんなが潤うような企画も出来る気がする。」………
など、明るい未来にむけて前向きな話が沢山でました。最後は「食のライフラインを考える」のテーマで私たちの考えをまとめ、グループ代表としてAさんが熱弁して下さいました。
01_29

ひとりひとりは小さいけれどみんなの力が集まれば実現できることや、どんな小さなことでもできることを出し合えば大きな力や知恵が生まれてくるんだな。とあらためて感じました。

これからもいろんな形の活動を楽しんで取り組むと同時に、いろんな人に伝えていけたらいいな。と思います。

|

« 御園座より… | トップページ | ありがとうございました。 »