« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

光響彩

栄誉ある和太鼓の祭典『光響彩』にゲストで吉田、青木が出演させて頂きました。

羽田康次さん、はだひかるさんのご夫婦でプロ活動をされている、和太鼓ユニット光。
その指導先のグループや和太鼓教室の皆さんが一同に集結し3時半にもおよび太鼓を打ちならします。

出演された皆さんの完成度はどれも高く、構成・演出の内容も考慮されていて、とても素晴らしい祭典でした。
康次さん、ひかるさんの光響彩にかける思いや、それまでの苦労を考えると本当に頭が下がります。

ゲストの特別Stageで共演して下さった菊地正平さん、山田純平さん、貴重な経験をさせていただき本当にありがとうございました。

そして康次さん、ひかるさん本当にお疲れ様でした!!
0629


今回のこの経験を志多らユニット『開打』にも活かし少人数でも魅せられる舞台を作っていきたいです。

|

2011年6月28日 (火)

長野ワークショップ 2日目

皆さんこんにちは。
大陽です。

雨続きで、洗濯物が乾かず困る日が続いてますね。
僕も対策を考えてはいますが、もっと良い方法がないかと試行錯誤する毎日です。
皆さんはいかがお過ごしですか?

さて、25日に引き続き26日も長野県中条村の音楽堂でワークショップを行いました。

今日は、二十三名の方が参加して下さり、高校生から最年長は78歳という幅広い年齢層でした。
最初はうまく行くか不安が大きかったですが、皆さん、初対面の方や年齢関係なく和気あいあいと「楽~RAKU~」を練習しました。
お陰で、すごく楽しく内容の濃いワークショップになりました。

このワークショップを手伝って下さったMさんとYさん本当に色々とありがとうございました。
また、これからもよろしくおねがいします。

また長野で新しい繋がりが出来て本当に嬉しかったです。
出会いってすばらしいですね。

もっと出会いたーい(´Д` )
0628

これから暑くなりますが皆さん身体に気を付けてくださいね。

それでは。

|

2011年6月27日 (月)

チームログっこワークショップ

みなさんこんにちは!!
蒸し暑い日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしですか?

昨日は、私たちは毎年参加させていただいている、田原市のチームログっこさん主催のログドラムワークショップをやらせていただきました。

『ログドラムで和太鼓のリズムに挑戦!』ということで、まずは基本のリズムをひとつずつ練習し、そのリズムを組み合わせてひとりずつ発表していきました。
ログドラムの素朴な音色と、それぞれの参加者の方の個性的なフレーズで会場は面白い音色が響きました。
0626

雨のイメージでたたいてみたり、お祭りのイメージでたたいてみたりしていく中で、私たち志多らのメンバーが思い付かないようなリズムのたたき方、楽しみ方をしているお子さんがたくさんいて、新しい発見がたくさんありました。

みなさんでログドラムを演奏した時、木の香りも音色も優しくて、とても心地好い感じがしました。

ログドラムの魅力をみなさんで楽しめた一日でした。
0626_2_2

|

2011年6月26日 (日)

ワークショップin長野

昨日は長野の中条村にある音楽堂でワークショップを行いました。

いつも長野でお世話になっているMさんの想いが実現されたワークショップで、戸隠、鬼無里で活動する皆さんが参加してくださいました。

三時間という短い時間の中で太鼓の基本と、「楽~RAKU~」 を覚えて頂きました。
なかなか曲を覚えるのが難しいようでしたが、笑いあり、ハプニングあり、「楽~RAKU~」 というタイトル通り楽しい時間でした!
何より皆さんの素の笑顔が最高でした(笑)
また一緒にやりたいです☆

今日も同じ会場であります!
ちなみに写真の手前左側の木がふんだんに使ってある扉の建物が会場です。
0626_2

ホテルに向かう途中、ふと景色を眺めてみました。
東栄町は山間地になっているため、これほど広い空を見渡すことができません。
0626_1

写真では伝わりにくいですが、すごくキレイでした!
こう見えて意外とロマンチストなんです。

|

2011年6月23日 (木)

のきやま放送局 収録無事終了!!

本日は、7月から放映される24回目の「奥三河 のきやま放送局」の収録。

今回ピックアップされる人は………

メンバー・吉田章彦君です。

8月に行う志多らユニット「開打」の話や、
新しく挑戦していること…
他のメンバーは吉田君のことをどう思っているのか………

など、話題は尽きない15分となっております!!

そして今、編集まっただ中。
0623

ぜひ7月1日よりお楽しみくださいね。
ちなみに今回は私がしゃべっています。
現在、Youtube,豊橋ケーブルネットワーク(ティーズ)、CCNet豊川局で放送中です。
過去のコンテンツもYoutubeで見ることができます。

|

2011年6月22日 (水)

太鼓の力 合同リハーサル

昨日、名古屋プルニエホールで7月6日に行われるチャリティーコンサート「太鼓の力」のリハーサルを、名古屋にあるGONNAさんの稽古場で行いました。
出演者7団体が集まって・・・

稽古場内が太鼓打ちで溢れかえり、ものすごい熱気です(笑)

打ち方、体のノリ、各団体ごとに様々!プロ同士が集まって交流できる滅多にない機会なので勉強になるし、楽しいです。

そして、昼食をとりながらちょっとした団らん中。
0621

もちろん稽古もバッチリ(?!)合同曲はかなりの大作なので、皆さんお楽しみに!!

いまならGONNAさんのブログでもその様子が見られますよ!

|

2011年6月19日 (日)

7月9日 志多らwith山紫水明 「百花繚乱」浜松公演リハーサル

先日、7月9日(土)浜松市福祉交流センターでおこなわれる、「百花繚乱」のリハーサルが行われました。

場所は名古屋市にあります、守山文化小劇場。
ゲストのかた3人がそろってのリハーサルになりました。
Img_6524

全員がそろうのは初めてなので、1曲ずつを確認し、その後は、本番通りの曲順で演奏をしました。

今回の公演は、日本の原風景を邦楽器の音で表現します。
太鼓には音階がありませんが、箏、三味線、尺八の音が、メロディーが奏で、その音が心地良く響きます。

3月の東日本大震災以来、まだ多くのかたが避難生活を続けています。
こうした中で、自分たちが太鼓を打ち、新しい舞台を創っていることは、本当に幸せなことだと感じています。
私たちが今できることは、「太鼓を打ち、美しい日本を表現すること」です。

今回の公演で、箏、三味線、尺八、それぞれの音の力をあらためて感じました。
ゲストの3名の方、みなさんは実力のある方達です。

この舞台を観て、聞いて、感じていただいて、自分の中の美しい日本の原風景を再確認しませんか。

皆さんお誘いあわせのうえ、ご来場ください。
お待ちしています。

|

2011年6月13日 (月)

『太鼓の力』in東海 合同曲リハーサル

志多らの稽古場にて7月6日に行われる『太鼓の力』in東海のリハがありました。

本日参加してくださったのはkogakusyu翔さん、服部博之さん、山田純平さんです。

個性派の皆さんが奏でる音色はとても魅力的で
多くの事を学ばせて頂きました。

ますます本番が楽しみです。
0612in_2

ちなみにチケットは完売御礼です。

皆さんありがとうございました!

|

2011年6月10日 (金)

山間で暮らし働く

先日、「山間(やまあい)で暮らし働く」というテーマの一環で志多らの見学ツアーがありました。
主催の方は、私たちがいつもお世話になっている町内・大崎屋旅館さん(歴史のある旅館で、志多らもそこで語りのライブをさせていただいたり、友の会てほへの宿泊場所としてお世話になったり…)
ご主人は8年ほど東栄町から離れていましたが、Uターンで戻ってみえ、現在、旅館を切り盛りしながら東栄町のためにいろいろと働きかけてくださっています。

さて、今回のこのツアー。
林業就労体験と言うプログラムは、山が多く林業と言う仕事がある東栄町でその仕事をしながら、東栄町でくらしませんか?というお誘い企画。
殺伐とした都会を離れ、東栄町に移り住み、都会では味わえないゆっくりとした時間の中で生活し、都会で忘れかけていた人との交流、つながりを求めませんか。という内容。

今回は、2人の参加者がありました。一人は名古屋市、もうお一方は愛知県長久手町からの参加でした。
林業体験がメインの三日間のこのツアーでしたが、最終日は、志多らに見学に来て頂きました。

たくさんお話させていただいた後、稽古場で二曲演奏を観ていただきました。
凄く感動をして下さり最後には、お二方にも太鼓を体験して頂きました。
0606

今回の体験で東栄町の良さ、素晴らしさを知って頂き山での仕事を見つけ東栄町に来て欲しいです。

|

2011年6月 7日 (火)

絃魂”津軽三味線藤秋会鹿児島公演”

みなさん、こんにちは。
私たちは6月の4日、5日と、いつもお世話になっている、三味線の会「加藤流三弦道藤秋会」の鹿児島特別公演に参加させていただきました。
藤秋会さんは、全国いろんなところに支部があるので、一番遠い支部は秋田県から、いらっしゃっていました。

今回遠方から参加されたみなさんのほとんどは、きっと飛行機でいらっしゃったと思いますが、私たち志多らは太鼓を持って行かなければならないので、4トントラックとワゴン車での移動です☆
なので、3日の日から、車で鹿児島まで向かいました!!

4日は百人ぐらいの数の藤秋会の方、他のゲストの方々とリハーサル。
0605_1
5日が本番の日でした。
0605_2

今回は津軽三味線の大合奏のみならず、地元の歌手の方や、タップダンスの方々や、リトルチェリーズという小学生だけのジャズバンドのチームなど、内容が本当に盛り沢山の公演でした。

いつも藤秋会のみなさんとご一緒させていただくと、太鼓の世界だけではなかなかできない貴重な体験をさせていただいて、音楽の面でも、とても勉強させていただいています。
ご一緒させていただく度に毎回いつも感じることですが、藤秋会のみなさんの団結力が本当にすごいなと実感します。
またそれが、音にも現れていますし、また演奏以外のところでも、この公演を成功させるために全員が一つになって協力して助け合って、動いているという感じがしました。
今までよりも、またより一層団結力が強く厚くなっているようにも感じました。
そんな熱い思いが一つになり、鹿児島公演は大成功に終わりました。
0605_3

本番の後には祝賀会にも参加させていただき、その時に、鹿児島の民謡を披露してくださり、会場全体で踊って盛り上がりました。
0605

今回の公演も、私たちにとって本当に貴重な体験をさせていただきましたし、勉強させていただきました、いろんな発見もできましたし、改めて出会いに感謝と痛感いたしました。
私たちの今後にも生かしていきたいと思います。
本当に本当にありがとうございました☆

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »