« これなんでしょう | トップページ | ロンドンへ出発! »

2011年8月30日 (火)

障害児・者太鼓フェスティバル

28日、日曜日は毎年恒例の「障害児・者和太鼓フェスティバル」でした。

演奏者は前日から会場入りし、舞台の準備です。
私たちロビー組は当日の朝,知多市に向け、出発。
今回の会場は第一回目の会場。16年やり続けているってすごいですよね。
9時にロビーにて、今日まで、準備を着々と進めてきた実行委員会の皆さん、ボランティアスタッフが集合。
当日の流れの確認。
私は出演徹底係。
演奏するみなさんをタイミング良く、舞台袖に案内する係です。
10時からリハーサル。13時半本番スタートです。

舞台袖にいるので、仲間たちがどんな表情で演奏していたかは、太鼓の音や聞こえてくるかけ声で、想像するしかありませんが、舞台袖でしか見ることができないこともあります。

あるお母さんが、障がいを持った自分の子に、おでこ同士をくっつけたり、抱きしめたり、頭をなでたり、衣装をなおしたり、ずっ~と動きっぱなしです。
そのお母さんの表情の豊かなこと!!
待っている時間、緊張しすぎないように、興奮しすぎないように、一生懸命なのが伝わってきます。

自分はこんなふうに、豊かな表情で人と接しているかな???

何かを発見した日は幸せ!!!
08_29

みなさんと会うのは、来年。まだまだ先のことですが、1年を元気に過ごしてお会いしましょう!!!

|

« これなんでしょう | トップページ | ロンドンへ出発! »