« 元気な高校生 来山 | トップページ | 陶猿爪区夏祭り »

2011年8月15日 (月)

朽木西小学校の子どもたち「さんさ」を体験!!

8月9日から11日まで、滋賀県高島市の朽木西小学校、全校児童8名、先生3名、合計11名の皆さんが、公共交通機関を利用し、志多らの公演「開打」を観、2日目、東栄町の子どもたちとの太鼓を通して交流、川遊び、さんさの体験、3日目、飯田線の中での「カネト」の話を聞き、長篠城址を見学し、密度の濃い3日間を過ごしました。

2日目。夜のさんさ体験で私が19時に志多らに来た時は、投光器のあかりの中、野球をしていました。
太鼓もやって、川遊びして、温泉も入って、エネルギーがいっぱいだ!!とびっくりしました。

さんさ踊り衆のかたの話を聞き、実際に踊りました。
110810089110810111

さんさは上の句と下の句があり、音頭とりを中心に、唄が次々に展開していきます。
私は踊りより、唄が大好きです。
唄の意味がわからなかったかもしれないけど、東栄町に「さんさ」があることを心に残しておいてほしいなと思いました。

志連先生の「うちの子たちに太鼓の指導をしていただけませんか」という電話からはじまって、この縁が続いていることはとても嬉しいことです。
先生方、子どもたちにまた会える日を楽しみにしています。
110811084


|

« 元気な高校生 来山 | トップページ | 陶猿爪区夏祭り »