« イメージストーリー抜粋 | トップページ | おしゃれ番長、加藤大陽 »

2012年2月21日 (火)

青木崇晃君のキャラクターは?

「蒼の大地」の原作には、12の鬼神様と、白い神様が登場します。

演奏者はそれぞれ、「12の鬼神様」

水鬼神、風鬼神、岩鬼神、地鬼神、花鬼神、照鬼神、雲鬼神、火鬼神、鳥鬼神、草鬼神、虫鬼神、空鬼神。

の中から役柄を与えられています。

今日紹介するのは、志多らの大太鼓打ち、青木崇晃(あおきたかてる)君。

Img_0851


鍛えられた肉体で大太鼓にぶつかる彼は、いつもは笑顔が穏やかなのんびり屋。

彼の役柄(キャラクター)は……

 

さて、分かりますか?

「てる」君だから、「照鬼(てるおに)」?

いえいえ……

彼の役柄は「岩鬼神」

大地の骨格を成す「岩」。それはそのまま舞台の骨格である「大太鼓」でもあります。

Ad0553


さて、他のメンバーの役柄は何でしょう?

|

« イメージストーリー抜粋 | トップページ | おしゃれ番長、加藤大陽 »