« 天人松の兄ちゃん | トップページ | 志多ら×蓬莱泉 »

2012年2月29日 (水)

志多らに再び……鈴木莎知!

もう殆ど骨組みは出来て、色づけ作業に入っています「蒼の大地」の作品。

ここ数日は、東栄町の大きな体育館を借りて、そちらで舞台と同じ広さで稽古をしています。

志多らの稽古場は、元は小学校。

「旧東薗目小学校」の教室2つを使って(間の壁を壊して)稽古をしています。

古い木の建物に響く太鼓の音。稽古場で聴いて頂いた方曰く「この稽古場で聴くのが、一番いい音!」なのですが、やはり舞台と同じ広さでの稽古というわけにはいきません。

広い体育館に、実際と同じ台を組み、太鼓などの位置を決めて稽古をすると、稽古場では見えなかった色々な問題点も見えてきます。

さて、今日の主役は

Img_1402

鈴木莎知(すずき・さち)


一度志多らに入座し、プレイヤーとして舞台に立ったものの、体を壊して志多らを退座。

仕事つとめをして数年。やはり太鼓が好きで、「どうして志多らの舞台に私がいないんだろう?」と、また一から研修生として志多らに入り直した経歴の彼女には、太鼓への想い、そしてまたメンバーとなってむかえる全国ツアー「蒼の大地」への想いがつまっています。

そんな彼女。

さて、イメージキャラクターは何でしょう?

それは、蒼い人と「分け与える心を忘れないこと」と約束した、

鳥鬼神です。

 

今回の「蒼の大地」では、新たな境地を目指し八丈島で稽古させて頂きました。

「蒼の大地」、そしてこれから、彼女の翼はどんな世界を羽ばたいていくのでしょうか?

|

« 天人松の兄ちゃん | トップページ | 志多ら×蓬莱泉 »