« なんと全曲新曲!(12曲) | トップページ | 美しき、やまとうた~山紫水明 名古屋公演・豊橋公演 »

2012年2月 1日 (水)

今、ひとつになりて、行かん

「蒼の大地」のサブタイトルがこちら。

~今、ひとつになりて、行かん~

この「蒼の大地」の作品を通じて、志多ら全員が、周りの人々が、そして客席の皆様がひとつになり、
その輪が広まっていく様に……

そんな願いを込めて、このサブタイトルが付けられました。

Photo_2

(画像は、蒼の大地チケットのデザインの一部)

この作品に向けた、志多らからのメッセージを転記します。

 

志多らよりメッセージ

人々の果てしなく続く暮らしの陰には、確かな郷土の信仰がありました。

志多らが永劫の拠点と選んだ天竜川水系奥三河東栄町。

この地のぬくもりに生かされ、育まれて、

私たちは今日まで来ました。 

神聖で温かく、素朴で逞しい

大きなふところに抱かれ守られてきた確かな安らぎ…。

古より繰り返される神と人との暮らしは、

この地球で生きる全ての生命に公平に力を与えてくれます。


中でも、初冬に行われる霜月祭りは、

志多らのいる奥三河では「花祭り」と呼ばれ、

1年の暮らしの終焉と再生を表現し、人々の暮らしの支えとなっています。

そしてそれと同等の祭りが、いまなお日本各地で、同じ季節に、

行われ続けているのです。

この神聖な祭りから、私たちは何を学ぶのか…。

一人でも多くの方に、私たちの想いをお伝えしたいと、今回の舞台ができました。


「蒼の大地」、これは人々の平和と生きるドラマを表現しています。

水・風・岩・地・花・陽・雲・火・鳥・草・虫・空、

そして新しい生まれ変わりの空間。 

12曲からなる志多らの音の世界でお会いできることを切に願って・・・。

 

 

 

 

 

 

|

« なんと全曲新曲!(12曲) | トップページ | 美しき、やまとうた~山紫水明 名古屋公演・豊橋公演 »