« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

エフエム豊橋で生放送!!

お知らせです。

本日(3/31)生放送で志多ら(大脇聡)が生出演します!!

ラジオ局名:エフエム豊橋
時間:10:00~12:00(出演は10:40頃から)
番組名:スヤン❤コイトル orz
パーソナリティー:モエモエ

ぜひ、お聞きくださいね。

ビッグなリスナープレゼントがあるかもっ?!

|

2012年3月30日 (金)

志多らのリーダー、茶鶏!

本日は、茶鶏(ちゃぼ)さん。
言わずと知れた、演奏・作曲・演出とマルチに活躍する、志多らのリーダーです。
創設当時から志多らを支え、まさに志多らの歴史そのもの!

120302184

今回の「蒼の大地」は、茶鶏さんが入座当時から大事にあたため、いつかこんな舞台ができたら……とずっと思い続けてきた舞台。
20年以上もの想いが、今形になろうとしています。

そんな茶鶏さんの「蒼の大地」でのイメージキャラクター。



大地を吹き抜け、人々のもとに何かを伝えるもの。

「風鬼神」

です。


「蒼の大地」の舞台では、龍笛(ポスターで茶鶏さんが吹いている黒い笛です!)など、新たな楽器にもチャレンジ。
もちろん、こころ沁みる篠笛も、誰よりも男らしいと評判の太鼓も、演奏しますよ~!!!

ついでに。
今回の「蒼の大地」では全曲新曲(12曲)という事で、茶鶏さんの作曲数も、今までとは桁違い。
煮詰まった時の発散方法はと聞いたところ……

「草刈り」

……だそうです(笑)

|

2012年3月29日 (木)

東栄さんさ踊り衆 総会

東栄町に古くから伝わる盆踊り、さんさ。
太鼓や笛の音にあわせて踊るのではなく、盆唄にあわせて踊ります。

風情のあるこの「さんさ」を大事に伝えていこうというみなさんが集まっているのが、東栄さんさ踊り衆。

志多らメンバーも参加させていただいています。
夏の盆踊りシーズンには東栄町の福祉施設などで「さんさ」を皆で踊るのですが、秋〜春は特に活動が無い……という訳では無く、いつも2・3月には一大イベントがあるのです。

それが、「総会」!!

会計報告などのまじめな話のあとは、沢山食べ、沢山飲み、話し、唄い、踊ります!

今年の総会は、演奏メンバーは残念ながら出演のため参加できませんでしたが、事務所スタッフの有志は参加。

なんと今年は会員さんのマジックショーもあり(!!)、楽しいひとときを過ごさせていただきました!
1333017526870.jpg

それにしても、お姉様?がたのパワーは圧巻です!
私も見習って、何歳になっても気分は二十歳!?
元気 元気で行きたいと思います!!!(笑)
 

|

2012年3月27日 (火)

異文化コミュニケーション

Hello,welcome to Shidara.
Nice to meet you!

先日、カナダの中学生が来山。

一気に国際化して稽古場に僕はソワソワ。
大太鼓はいつもとかわらずドッシリ。
僕もかくありたいものです。

さて、先生方も含め約40人近い様々な表情をしたみなさん。
太鼓をみんなでたたくと、あらフシギ。
みんな笑顔がこぼれだすんですね。
03_26_1

和太鼓の不思議な力を感じました。
太鼓をたたいたり、志多ら舞を舞ったり、日本の文化を体で味わってもらいました。
03_26_2

僕はスペシャルカメラマンとして登場。
もっと英語をまじめにやっとけばよかったです。
これからか!よし。

You know wadaiko makes us happy!
We are glad to see you!
Thank you!
03_26


|

2012年3月23日 (金)

原作絵本「鬼との十三の約束」(ume)

「蒼の大地」の原作絵本である

「鬼との十三の約束」(作者:ume)

がだんだん完成に近づいてきました。

その創作風景のほんの一部をご紹介します。

 

 

はじめはただの白い紙。

そこに描かれた「ume」さんの可愛らしい絵に、どんどん命がふきこまれていくのは、神秘的です。

 

 

これでも、まだまだ完成ではないそうです。

(ビックリ!)

これから更に色を重ね、他のページとの調整などをしていき、原画として完成するそうです。

 

 

5月19日の新城初演で初売りの絵本。

また、インターネットや書店での販売なども予定していますので、直接コンサート会場で購入できない方も、お楽しみに!

他の19枚を合わせた合計20枚の原画で、十二の鬼神たちと、白い神様が飛び回ります。

|

2012年3月22日 (木)

奉納

いよいよ本番。

長野県茅野市にある守矢史料館敷地内のミジャクジ神に全国ツアー「蒼の大地」に先がけて奉納演奏をさせていただきました。

「蒼の大地」原作者の愛芽umeさんがこの地で奉納したいという思いを守矢家78代の守矢早苗さんにお伝えしたところ、深いご理解をいただき、守矢史料館さんの後ろだてをいただき、実現することになりました。

そして、諏訪大社上社の神官さんがいらして下さり、祝詞をあげて下さるという大変ありがたいはこびとなりました。
守矢家を支える宮大工さんや、地元の方々も寒い中お骨折りいただきました。

前日の冷たい風もおさまり、つもっていた雪もとけ、春の訪れを感じされる好天にめぐまれました。
3_22_2
ミジャクジ神さまにおゆるしいただき、これから広く「蒼の大地」を多くのみなさんにお届けできるよう、その重さを感じ身のひきしまる思いでした。
3_22_1

奉納を終えると、守矢さんが感想を私たちやお集まりのみなさんに伝えてくださり、資料館館長さんは木遣りをうたって下さり、胸にしみわたりました。

私たちを受け入れて下さったみなさんや舞台を一緒につくって下さっているみなさん。
応援して下さるみなさん。
共感しはじめてあう方々。
感謝と心地よい緊張と使命と・・・

本当にありがとうございました。

さぁ、「蒼の大地」に、「ひとつになりて、いざ 行かん」!!

|

2012年3月20日 (火)

全国ツアー「蒼の大地」 奉納演奏

今日は、5月から始まる全国ツアー「蒼の大地」のストーリーに関係する天竜川の源、長野県諏訪での奉納演奏を行います。

メンバーは、昨日の福島・飯坂温泉太鼓まつりからの移動。
他のメンバー、「蒼の大地」制作に関わってくださった関係者のみなさまにも参加していただき、愛知県新城市からの乗り合い企画でバスツアーも敢行されました。

19日の9時には新城市を出発し、長野県売木村にありますつみ草食堂のお弁当です。
3_19
ごめんなさい!かんじんなお弁当を撮り忘れました。

そして、諏訪大社、前宮の木です。
3_19_2
柵がなかったら木に耳をあててみたかったです。
自然の偉大さと不思議を感じます。

夜はみなさんと交流会。

そして、いよいよ今日。
メンバーは奉納演奏の準備へ。

マイクロバスチームは井戸尻考古館に来ています。
途中雲の合間から、うっすら富士山が見え、お天気も今日の奉納演奏を味方してくれているようです。
ここには縄文時代の土器や道具がたくさん展示されています。
みなさん、縄文時代や奉納演奏に興味をもったかたたちばかりなので、熱心に説明を聞いていらっしゃいます。
土器の文様の意味のお話はおもしろかったです。
3_19_3

それにしても、空が広い!!

いよいよです。

|

2012年3月19日 (月)

第11回飯坂温泉太鼓まつり 本番!!

今日は当日本番。

こちらに来る前から、一年前の3月11日の東日本大震災の被災地ということもあり、私達も被災地の方々のことを思い、演奏しなければいけないということを心にとめて、こちらに来させていただきました。

ですが、昨日の前夜祭から、こちらの太鼓チームの方々の話を聞いくと、本当に言葉の一言一言が重く、私達一人一人の胸にその言葉が突き刺さるようでした。

もちろん、私達も簡単にがんばってくださいとは到底言えないとわかって来たつもりでしたが、その現実は私達が想像していたより、遥かに深く、辛く、苦しく、残酷でした。

本当なら、昨年、第10回目の飯坂温泉太鼓まつりを迎える予定のところ、その準備していた時、東日本大震災がおこり、第10回目の飯坂温泉太鼓祭りは、幻のものになってしまったそうです。
そして、今もまだ、復興への長い苦しい道のりが続いているという現実の中で、たくさんの方々の思いが一つになり、今回の第11回目の飯坂温泉太鼓まつりを行うことができたそうです。
苦しい現実が続くなかでの開催は、きっと簡単ではなかったと思います。
前夜祭でみなさんが二年ぶりにできること、また、開催できることを本当に嬉しく思うとおっしゃっていました。
東日本大震災や原発などへの怒りや悲しさ、わけのわからない状態になってしまっている、胸の中の思いを、とにかく太鼓にぶつけたいと言っておられました。
そんな、みなさんの気持ちが形になり、今回は復興祭というタイトルもついていました。

みなさんの話を伺って、私達も胸が締め付けられ、全ての言葉が脳裏に焼きつき、本当の意味で私達ができることはなんだろう?と全員が考えたと思います。

私達ができることは、私達が全員が全力で演奏し、その演奏を見ていただいた方々に、少しでも元気な気持ちになってもらいたいと思いました。

今回、たくさんの方々に出会い、全員がその現実に触れ、肌で感じれたことで、全員の気持ちが今まで以上に一つになったように思いました。
また、演奏当日、それは志多らだけの気持ちだけではなく、演奏していた、出演団体全員の心が一つになり、一音一音が、言葉では表現できない音色になっていました。

今回、いろんなことを感じ、考えさせられた本当に深い深い時間でした。
そんな中でまたあらためて、太鼓の力って本当にすごいなと実感しました。
太鼓の響きで、たくさんの方が元気になったり、笑顔になったりすることができる、一人でも多くの人に元気になってもらいたいという太鼓にかける深い深い思いを届けることができる楽器、すごく不思議だけど、本当に素敵な楽器だなぁと思いました。
また、そんな楽器に携われることのできる自分達が、とても幸せに感じました。
03_18_203_18_403_18_1

今回、感じたいろいろな思いを決して忘れることなく、これからも私達は前に進んでいきたいと思います。

|

2012年3月18日 (日)

子どものアイドル?宮﨑光政

志多らで一番子どもに人気があるのは誰?

それは、彼

120302339_2

(写真:宮城谷好是)

宮﨑光政。

志多らでは子ども向けのワークショップや演奏などを行う事が多いのですが、その交流会などでは、決まって子どもに囲まれています。

「みっちゃ~ん」

と、いろんな所から声をかけられて、にこにこと子どもと遊ぶ彼は、

志多らで唯一の左利きで、右利きの人の演奏と対称に打つ事ができるという特技があります。

(ちなみに、右利きの人と同じように、右手から打つ事もできるのです。すごい!)

また、レゲエ好きで、一度聞いたフレーズは、なんとな~く耳(体?)でおぼえてしまう感性の太鼓打ち。

そんな彼のイメージキャラクターは……

 

 

全てを包み込み大地

「地鬼神」

 

です。

あたたかな心で、どっしり舞台のみんなを支えたいと話す「みっちゃん」

そんな彼だからこそ、子ども達のアイドル?になるのかな。

|

2012年3月17日 (土)

第11回飯坂温泉太鼓まつり〜復興祭

今日は、福島県の飯坂に来ています。

なぜかと言うと、明日飯坂温泉太鼓まつりが行われプロの太鼓チーム四団体と地元福島の太鼓チームで第11会飯坂温泉太鼓まつりを行います。

去年の東日本大震災で多くの倒壊、犠牲者、原発問題色んな事がおきました。

僕にとっては、愛知に住みテレビや新聞でしか分からない東方地方でしたので、この太鼓まつりで何ができるだろうと思いながら愛知から福島県に入るまで考えていました。

結果はやっぱり僕達は、日本の心・和太鼓で今まだ苦しんでる人、ショックで立ち直れない人に元気、パワーを与えにここ福島に来たんだ実感しました。

他の太鼓のチームの方もそう思っていると思います。

皆様の力でこの太鼓まつり頑張りたいと思います。

1331991292951.jpg
そこで今日各チーム、地元のチームの方とで前夜祭を行いました。
1331991293696.jpg

地元の方の話をお聞き僕達志多らのやるべきは東方の皆様に元気、勇気を与える演奏にしようと話しました。

本当に明日は、特別な一日になると思います。
頑張ります。


|

2012年3月13日 (火)

園児と

先日の演奏は………

東栄町内にあります、保育園。

昨年、小学校・中学校の合同芸術鑑賞会に引き続きの町内での演奏。

吉田くん作曲の「あおげやあおげ」は子どもたちに大人気。
(というより、「はい・はい・は は~い」というかけ声に釘付けなんです。)

小学校の学芸会、中学校の文化祭でもこのかけ声をみんなが使ってくれて、
東栄町ではちょっとしたブームになっています(?)

保育園でも、リクエストに応えてくれて、一番はじめに演奏してくれました。
Img_2233

ちょうどこの日、小学1年生が保育園付近を課外授業で散策していたため、急遽志多らの演奏も観ていただくことができ、保育園児もテンションが上がりまくりでした。

吉田君も新たなことに、初挑戦!!
Img_2245
今後、いろいろな演奏場所で披露してくれることでしょう!!
みなさんも楽しみにしていてくださいね。

帰る時には、雨も降り始めましたが、みんなが玄関までお見送りをしてくれました!!
Img_2248
「また、いろんなところで会ったら声をかけてね~」と言ってさようならをしました。

|

2012年3月12日 (月)

ゲスト出演、新美清彦さん

今回の「蒼の大地」の出演の中に、「ゲスト出演:新美清彦」とあるのを、気になっている方も多いのではないでしょうか。

一体、新美清彦さんとはどんな方なのか?

今までの志多らの公演では、いっさい出演されていないぞ?

どんな楽器を演奏するのかな?

……

 

 

きっとみなさん、色々なご想像をされていると思います。

その新美さんのお宅に、ツアーパンフレット(販売用)の為のインタビューで、ライターのMさんと一緒にお邪魔しました。

お話しを聞かせて頂いたのは、新美さんの素敵なギャラリー「つくみ」。

Photo

木のぬくもりがとっても素敵な、テーブルや椅子、明かりにお皿。

これらは、新美さんの作品です。

……そうです、新美さんは家具作家なのです。

(新美さんHP http://www.geocities.jp/ntsukumi/)

 

 

木の家具だけではなく、革製品や染めのバックや衣服など、様々な作品作りをしていらっしゃる新美さん。

自分の感じる「いいもの」を、自己の責任で丁寧に創り上げているその姿勢は、形は違えど「何かをつくる(家具を創る・音をつくる)」者として、多く学ばせて頂いています。

また、新美さんは役者さんとして舞台にかかわることもあり、今回は「蒼の大地」の中で、

 

全てを統べる「白い神様」

 

……として登場していただくのです。

そうです。ポスターデザインを見かえしてください。

「この人は、志多らメンバーの誰だ?」

「崇晃君か?」

「吉田君か?」

「いやいや、いがいと光政君かも?」

と物議を醸している、白っぽい衣装を着て、杖を持っている「白い神様」です。

(ちなみに、この杖も新美さんの作品です)

 

 

 
 

だからといって、「蒼の大地」が普通の演劇のように台詞があるわけではありません。

一体、どんな形で新美さんが「蒼の大地」に登場されるのか。

 

リハーサルも進み、新美さんの動きもほぼ決まりつつあります。

不思議なのは、舞台の中で志多らのメンバーといる新美さんは、その存在感(オーラ)を強く保ったまま、でも違和感がないのです。

「蒼の大地の舞台を重ねる中で、自分が、そして志多らがどう変わっていくかが楽しみ」

とおっしゃる新美さん。

 

 

……新たな志多らの舞台が、「蒼の大地」にはあります

|

2012年3月10日 (土)

永遠の少年?鬼頭孝幸

今日の主役は、

120302401

(写真:宮城谷好是)

名古屋市出身、鬼頭孝幸くん。

男性さを感じさせない外見・所作は、「守ってあげたい」と、お母様方に絶大な人気をほこります。

太鼓だけではなく、チャッパや篠笛、また獅子の道化など、マルチに活躍する鬼頭くんですが、今回のイメージキャラクターは……

何だと思いますか?

今回の「蒼の大地」のキーパーソンである、水鬼神、

そして、水鬼神の化身でもあります、龍です。

固体・液体・気体と、さまざまな姿に形をかえる水は、全ての命の源でもあります。

今回、「篠突く雨」「龍のすむ谷」の2曲の作曲も担当した彼。

新たな鬼頭君の姿が、「蒼の大地」の舞台では見られます。

乞うご期待!!!

|

2012年3月 9日 (金)

テアトル・ド・バレエ カンパニー

5月12日に名古屋で行われる、テアトル・ド・バレエ カンパニーの舞台に志多らも出演させて頂きます。

先日初の顔合わせ&リハーサルに行ってきました。

先生を中心に、同年代のダンサーの方々と曲を創っていく。

違ったジャンルとのセッションは、自分達にはない斬新な発想が次々出てきて面白い!

いい刺激を受けます。

結果、バレエと和太鼓が絶妙に混じり合う曲が出来上がりました。

まさかこの曲にこんな振り付けが付くなんて…

感動!!!

そして今回はなんと、志多らがバレエの曲に参加します。

太鼓ではなく…。

さぁ、どう加わるかは当日のお楽しみです!

またまた違った味の志多らを見ていただけると思います。
0512

|

2012年3月 6日 (火)

蒼の大地グッズ

今回はちょっと話がずれまして、

蒼の大地グッズのお話しです。

「蒼の大地」ツアーでは、様々なツアーグッズが発売される予定です。

先日、志多らの通常のブログでも紹介されました「志多ら×蓬莱泉」という事で、関谷酒造さんとのコラボの、蒼の大地のお酒!

ラベル案をちょっとチラ見せです。

Photo_3

楽曲「蒼の大地」の音色がふきこまれたこのお酒、一体どんなお酒になるのか……きっとみなさんの心を「酔わせる」美味しいお酒になること間違えないですね!

こちら、限定200本です。初演、新城公演で売り切れてしまうことも考えられますので、是非手に入れてくださいね。

また、値段など決まり次第、PR致します!

その他、

ツアーパンフレット

蒼の大地原作絵本

ツアーTシャツ

ツアータオル

……等々、ただ今準備中です!

特に、ツアーパンフレット、原作絵本については、志多ら初の試みです。

これを読めば、更に「蒼の大地」が楽しめる!という、2冊になる予定です。

お楽しみに!!

先日(3月1日)より、6月16日(土)春日井公演のチケットも発売されました。

こちらも、いい席がどんどん少なくなってまいりました~

(詳細は公演予定のページにて)

是非、お早めにお買い求めください。

最後に、「蒼の大地」の舞台写真を一枚。

Ad0565

|

2012年3月 5日 (月)

布川花祭

今年度、最後の花祭にいってきました。

さすが最後の花祭だけであってかなりの人が集まっていました。
1330953378670.jpg
格別な雰囲気です。

花祭は各地で舞が違い、その違いが見ていてとても面白いと思いました。

他の地区はまだ行ったことがないので、来年度は是非いろんな地区にいってみたいなぁと思います。

皆さんも、奥三河の花祭にぜひいらしてください。
いろんな地域を回るのも楽しいと思います。(^O^)/

|

2012年3月 1日 (木)

志多ら×蓬莱泉

5月から始まる、全国ツアー「蒼の大地」。

特別限定グッズで、蓬莱泉『空』などの銘酒で有名な関谷醸造さんとのコラボをすることに。

その仕込みで酒蔵『吟醸工房』にお邪魔しました。

1330601116940.jpg

酒造の工程を幾つかを手ほどきしていただき、最後は新曲「蒼の大地」を演奏しながら酒母の作業をした。

1330601117873.jpg

完成は約一ヶ月後。
蒼の大地ツアーの各会場で限定200本でお届けします。

皆さんお楽しみに‼

|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »