« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

進化してゆく舞台

月に1・2公演のペースで展開しています、「蒼の大地」全国ツアー

実はその内容が、毎回少しずつ違うことに皆様お気づきでしょうか?

……って、公演を何度も見にいらっしゃっている方にしか、分からないですよね( ̄Д ̄;;

 

 

4月の特別試演会、5月の初演「新城公演」から

6月の和泉公演 春日井公演 7月の瑞浪公演。

5公演が行われましたが、

舞台セット、演出、照明、曲の内容…よりよい舞台を目指して、演奏後、演奏のDVDを見たり、またお客さんの反応をみて(アンケート)、ミーティングを重ね、変化・進化を続けています。

今や名物となった?

2曲目 篠突く雨(しのつくあめ)の、あのバサッと「例のもの」が落ちてくるビックリシーン

……や

8曲目 夢見草(ゆめみぐさ)の、可憐な佐藤愛也さんが屈強な男達をかしずかせ、笑顔を見せるシーン

(こう書くと一体どんなシーン!?!?w(゚o゚)w 本当は、暖かく穏やかなシーンなんですが…)

……などは、初めはありませんでした!

その他、沢山の箇所が変化しています。

 

 

 

思ったこと、伝えたいことを演奏にして伝える。

それは、簡単なようで簡単ではありません。

演技者も、見ていただくお客さんも、全員、これまで生きてきた経過、価値観、感性が違います。その日の気分もあるでしょう。

同じ演奏でも、観る人によって受けるイメージは変わるのに加え、

志多らの舞台には「言葉(説明)」はありません。

 

 

説明(ナレーション)などを加え、もっと分かりやすい舞台にした方がいいのではないか。

それをテーマとしたミーティングも何度もしました。

 

現在は、何でも分かりやすい世界となっているのではないでしょうか。

テレビでは映像と共に、要約された字幕が流れ、

分からないことがあれば、インターネットで検索すれば、何百という答えが出てくる。

これが悪い訳ではないのですが、簡単に説明せずに、問いかけるというのも、大切な事だと思うのです。

 

 

たとえ、私達(志多ら)の想いと違った受け取り方をされたとしても、演奏だけで伝えたい。

ただ、伝えるために、最大限の努力を惜しまない。

絶えず進化する舞台であるように。

 

また、もっと「蒼の大地」の世界を知りたい方のために、「ツアーパンフレット」などの提供出来るものを用意しよう。

それが、志多らの出した答えでした。

 

 

 

 

 

今は、目前に迫った

■東京公演 8月3日(金)18:30開演 なかのZERO 大ホール

■成田公演(千葉県) 8月4日(土)18:30開演 成田国際文化会館大ホール

■瀬戸公演(愛知県) 8月8日(水)19:00開演 瀬戸市文化センター

に向けて、最終調整中です。

チケットまだございますので、是非いらしてくださいね!

Miya493

|

2012年7月25日 (水)

こどもVS僕

夏休みもいよいよ始まりました!!

先日夏休みを利用して、志多らにはるばる来て下さったのは、岐阜県・各務原こども劇場の皆さん!

大人、子どもで30名ほど。

6月に各務原で行ったファミリーコンサート「風天」の事後交流会として遊びに来てくれました。

ファミリーコンサート「風天」の事前交流会では花祭り志多ら舞のワークショップを行い、コンサート当日の志多ら舞を一緒に舞いましょう!という企画をしました。

なので事前交流会・コンサート当日、と引き続き今回は3度目の再会!

相変わらず元気すぎるこどもたち、名前を覚えてくれてたことに感激っ。
ま…半数は「おにあたまー」だったかな…(笑)

メインは楽のワークショップ。

今回は僕が仕切らせて頂きました。
こどものテンションVS僕のテンション。

大人げないけども…僕の勝ちだーーー!!多分…そう信じております。
声枯れましたし。
07_25

本当に熱心で明るいお母さん方に救われました。
楽しかった!!

これからもこの繋がりを大切に続けていきたい!心からそう思える皆さんです。
劇場のお母さん方、こどもたちの笑顔に癒され、元気をもらった素敵な1日でしたー☆=

各務原こども劇場さんブログ
劇場さんのブログでもアップしていただきました。
ありがとうございます!!

|

2012年7月22日 (日)

志多ら舞講習会

例年行われています、障害児者太鼓フェスティバル。
そのプレイベント 「志多ら舞講習会」が、安城市総合福祉センター多目的ホールで行われました。

外はあいにくの雨。珍しく肌寒い一日となりましたが…

会場は熱気むんむん!

 熱中症に気をつけながらの志多ら演奏&花まつり「志多ら舞」のワークショップ。
毎年恒例のイベントですが、毎年参加者の方々のパワーに圧倒しまくりです!

当日の進行は、最近医療関係の方に
「志多らで一番湿度に強い体質です」
と言われた、鬼頭くん。
(さすがは水鬼神)

「てほへ~てほへ~」
と持ち前の明るさで、参加者の方々を盛り上げます。

07_21_2

そして、そのワークショップの前半に行われた演奏では、
他では(今のところ)見られない、こんなサプライズ演奏が……

07_213

本番は8月19日、愛知県安城市の安城市民会館になります。

みんな、心に響く太鼓の音を聞きに、安城に集まりましょう!!!

第16回障害児・者太鼓フェスティバル ひびけ!心に!みんなのわ あつまれ安城へ!!(愛知県安城市)
日時:2012年8月19日(日) 13:00開場 13:30開演
場所:安城市民会館大ホール(愛知県安城市桜町18-28)
入場料:無料(ただし当日整理券が必要です)
    *このフェスティバルはみなさまの協力金で運営しています。
Ⅰ部:愛知県内の障害児・者の太鼓グループ
Ⅱ部:志多ら

|

2012年7月20日 (金)

蒼の森 展開中

どれどれ……
鬼神と蒼き人らはしっかりやっとるかね。

今日は蒼の森の作業日のようじゃ。

山小屋を作ったり、別の木屋は壊しておるのう。

野菜畑も盛況のようじゃ。

おや、あの茶畑におる草鬼神は何をしておるんじゃろう。

「おい草鬼神、何をしておる。」
「へぇ。休憩でごぜぇますだ。」
「なに、では私がもっと草が頑張れるように照りつけてやろう。」
「うへ~。」

以上、今日も出た太陽のまわりの虹から蒼の大地を見下ろす白い神の声と、直射日光にヘロヘロな私、久松の会話でした。
07_20_1

トウモロコシやカボチャがぐんぐん伸びてますし、
07_20_3
他の野菜も楽しみです。
07_20_4

今日刈って、また芽がのびるのをまつお茶も、どんな味がするんでしょうか。
07_20_5
わくわくです。

いよいよ夏本番、皆さん体には気をつけてくださいね。

では。


|

衣装プロデュース 荒川美智子さん

Miya688

「蒼の大地」が、今までの作品とは大きく違う点。

それは、

衣装の存在感。

 

 

今まで志多らの衣装は、伝統的な形を中心に、メンバー内でデザインを出し合って制作するという形をとってきました。

「そのやり方で、「蒼の大地」の壮大な世界観が表現出来るのか!?」

「でも、外注にお願いして「蒼の大地」の世界観を分かってもらえるのか!? 」

熱いミーティングの結果、名古屋市を中心にデザイナーとして活躍されている、「荒川美智子」さんにお願いすることになりました。

結果は……


 
 
 
 
 
 

蒼の大地ポスターや、写真を見ていただければ分かるかと思いますが、

絶対的な存在感。

「蒼の大地」の世界が、より厚く、深く、表現されています。

 

 

 

 

その衣装の世界、「荒川美智子」さんの世界を皆さんにも共有してもらいたい。

そんな思いで、この「蒼の大地」ツアーでは、関係アーティストさんによるロビー展示・作品販売をお願いしています。

Img_2857

手前側が、白い神様マント・風鬼神マントを制作してくださった

創作衣製作作家「野田恵衣子」さんの作品

その奥のTシャツやストールが、荒川美智子さんの作品となります。

 

 

作品の多くは一点ものの為、並べられる作品は公演事に違います( ^ω^ )

志多らのグッズはもちろんのこと、作品展示や販売、志多らの拠点「奥三河」のPRブースなど、見所満載のロビー。

そのロビーをゆっくり見ていただきたいという思いを込め、「蒼の大地」では開演の1時間前の開場になっています。

是非、皆さん、

ロビーも美味しい、

舞台も美味しい、

「蒼の大地」の公演を見にいらしてくださいね♪

(他のアーティストさんの紹介も、だんだんしていきたいと思います。

お楽しみに(*^_^*))

|

2012年7月18日 (水)

みなとフェスティバル2012

16日は、とよはしみなとフェスティバル2012でした。

会場に到着し、突然の雨に見舞われ心配されましたが、その後あやしい雲は消えさっきの雨はどこへといったという晴天になってくれました。
07_18_2

連休最後の日ということで多くの人が会場に足を運んでくださり、フェスティバルもとても盛り上がっていました。

僕たち志多らは、夕方の演奏で足を止めてみて下さるお客様がたくさんいらっしゃりとても、うれしく思いました。

全国ツアーで回っている蒼の大地も来年6月22日(土)に豊橋で決定しました。

会場に来ていただいた皆さんにも是非見ていただきたいと思います。

そして、みなさんにお会いできるのを楽しみにしております。
07_18_1

お待ちしております!!!

|

2012年7月17日 (火)

FEEL成田で「蒼の大地」成田公演の特集していただきました!

成田市観光協会オフィシャルサイト「FEEL成田」で、

8月4日(土)蒼の大地 成田公演の特集をしていただきました!

http://www.nrtk.jp/news/shidara/

千葉県成田市では、昨年・今年と成田太鼓祭に参加させていただき、

たくさんの太鼓グループの方とも交流させていただきました。ありがとうございます。

成田市は、空港と成田山新勝寺というスポットを擁しており、国際的でありながら日本文化にも触れられるという、日本国内でも珍しい大変ユニークな土地柄。

また最近では「成コン」といって、単なる婚活パーティーなどというレベルを遥かに超え、人との繋がりが希薄とも言われる若者達が、「街」・「お店」・そして「人」との出会いや交流を通じて見出した、シティライフを楽しむためのイベントが注目をあびています。
ニュースなどで見かけた方もいらっしゃるかもしれません。

その成田市で行う「蒼の大地」

成田市近郊でお知り合いのいらっしゃる方は、ぜひお誘いくださいね!

Miya764


FEEL成田のサイトで紹介していただいた文章を転記させていただきます。

*********************************************

昨年、平成23年成田太鼓祭での成田山千年夜舞台においてトリを務め、神秘的な独特の曲と和太鼓ならではの迫力あるパフォーマンスで観客を魅了し、大きな感動を残してくれた「和太鼓集団 志多ら」。
あの志多らが、成田に戻ってきます。

「和太鼓集団 志多ら」は、昨年に続いて今年平成24年成田太鼓祭にも2年連続で出演しており、その印象深い演奏をご記憶の皆様もいらっしゃるのではないでしょうか。

志多らは現在、全国50ヶ所におけるツアーの真っ最中です。
その志多らの公演が、平成24年8月4日(土)に成田国際文化会館において開催されます。

成田は、志多らにとって成田太鼓祭の出演チーム全員が東日本大災害からの復興への祈りをともにし、心の鼓動を被災地に向けて響かせたゆかりの地でもあります。

あの時、皆様が太鼓祭の会場で受けた深い感動の志多らの世界観を、今回はホールでじっくりと感じてください。

|

裏・エクスタジア

太鼓フェスティバルの中で最高峰ともいえるエクスタジア。

錚々たるメンバーが名を連ねる中で志多らも8年振りの出演を果たした。
07_17

演奏レベルの高さもさる事ながら、打ち上げパーティーのレベルは日本一と言っても過言では無い。

各ゲストグループが即興で一発芸を要求され、皆が動揺している間に、地元のプロチームである炎太鼓さんの半端ではない練習量と思われるレディーガガダンスが披露された。

呆気にとられていると無茶振りをされたkogakusyu翔さんがまんまとこの企画の餌食となった…。

これだけでは終わらないのが裏・エクスタジア。

演奏者のみならず、受付半、救護班、警備班、おふくろ班の裏方の皆さんもそれぞれ規格外レベルの出し物の嵐。
合計3時間…

志多らも全力を尽くしたものの今一歩…。
次回は楽曲と同等の割合で余興の練習もしていきます。

とにかく全てにおいて出演太鼓グループを大切にして下さるエクスタジアスタッフの皆さん。
こんな素晴らしいフェスティバルはそうは無いと思います。

色々なプロの方々と交流もでき、今までより一層プロとしての意識が高まりました。

またこのフェスティバルに参加出来るように日々精進していきます。
07_17_2


|

2012年7月14日 (土)

明日は

ジメジメジメジメとした日が続いております。

自称「晴れ男」と言い張って生きてきましたが、、
近頃、実はとんでもない雨男では?!と思い知らされる日々の出来事に、若干落ち込み気味の鬼頭です。

現在、石川県白山市。
相変わらず雨が降ったり止んだりしておりますが、決して僕のせいではありません。

明日は白山国際太鼓エクスタジア2012!

テーマ「気の発動」と言うように、ロビーには「気」の字の入った言葉が並んでいます。
1342274213894.jpg

昼、夜とスタッフのみなさんによる美味しーーーい手作りの食事を用意して頂きました!!
いたるところに、スタッフのみなさんのおもてなしの気持ちが…
ほんとにありがとうございます。

今回は全国ツアー蒼の大地から「火群(ほむら)」そして「花まつり志多ら舞」の二曲を。

たくさんの方々の思いが形になったこのコンサート。
志多ららしさを大切に、思いっきり演奏してきます☆

1342274215208.jpg

|

2012年7月13日 (金)

東栄町生涯学習講座「和楽器に親しむ会」

今年度、志多らの住む東栄町では、生涯学習講座として、「和楽器に親しむ会」を開催しています。

毎月1回、志多らが、講師として太鼓や篠笛を教えています。

3回目となる昨日は、雨の中の開催となりました。
どしゃぶりで、体育館に集まるのも大変な日となりましたが、10人の子どもたちが集まってくれました。

みんなで体を動かしながら、リズム感を養ったり、「楽~RAKU~」を覚えたり…
と1時間30分はあっという間に過ぎます。

志多らのメンバーが「楽」のお手本を見せた時はこんなに真剣な眼差しで見ていた子どもたち…
07_13_1

一転、休憩中は吉田君も子どもたちの標的(?!)となっていました。
07_13_2

でも、学校が終わっても、友達に夜会える…という、なんとも心ワクワクすることも、生涯学習講座のいいところ。
いつまでもパワフルさが衰えない子どもたちに、メンバーも感心ばかり…

たくさんの人たちに和楽器に触れてもらい、和楽器をもっと好きになってもらえたらいいな。と思います。

そして、子どもだけじゃなく、親子で…とか、女性だけ…とか、男性だけ…とか、生涯学習講座に対する夢もどんどん膨らんできます!!


|

2012年7月12日 (木)

NEW 蒼の大地 プロモーションです!!

昨日、お伝えしました、蒼の大地プロモーション、全編バージョンがアップしました!!!

じゃじゃじゃーん

全体のイメージがよくわかる、かっこいい作りになっております!

いかがでしょうか( ^ω^ )

志多らホームページトップの動画も、こちらに変わりました。

YOU TUBE の志多らページ(shidaraTV) も、リニューアルしました。
覗いてみて下さいね。

是非皆さん、感想コメントお願い致します(*゚▽゚)ノ!

|

2012年7月11日 (水)

新しい「蒼の大地」動画です!ショートバージョン

実は、今までYOU TUBEでアップされていました「蒼の大地」プロモーション映像は、
昨年、ポスター撮りのために「楽曲の蒼の大地」を演奏した時のもの…

ようやく、実際の映像でのプロモーション映像をアップ致しました。




といいましても、今回は30秒のショートバージョン。

ただ今、なんと「蒼の大地」全編をチラ見せする、ロングバージョンのプロモーションも作成中!!

近日公開です。

楽しみにしていてくださいね♪

|

2012年7月10日 (火)

ログドラムワークショップ

日曜日、愛知県田原市にて、ログドラムワークショップを行ってきました!

いつもやらせていただく和太鼓のワークショップとは違い、ログドラムのワークショップだったため、やっている私たちも、とても勉強させていただきました。

改めてワークショップの難しさを実感したのと同時に、参加してくださった子ども達の笑顔を間近で感じ打楽器の素晴らしさも実感させていただきました。

ログドラムは、和太鼓と同じ打楽器ではありますが、音色が違います。
木のそのままの音色が打つと感じられ、それぞれのログドラムによって、音が様々です。

温かい木の音色に囲まれてワークショップをしていたら、私の固まった心も、その木の音色によって、ほぐされていったように思います。ワークショップをさせていただいた私たちの方が、みなさんに癒していただいた気がしました。

和太鼓も和太鼓の魅力がありますが、ログドラムにもたくさんの魅力があると身をもって痛感しました。

和太鼓を通して人の和が広がり、ログドラムに出会えたことを、本当に幸せだなぁと思いました。

ログドラムを体験したことのない方は、ぜひぜひ一度体験していただけたらと思います。

|

2012年7月 8日 (日)

中野ブロードウェイ路上LIVE

みなさん‼
お久しぶりです!
加藤大陽です( ´ ▽ ` )ノ
最近、何かと
東京に縁があり、
気が付くと
東京にいます(´Д` )

昔から田舎者だったため、
テレビで見た事がある
光景を自分の目で見て
興奮していたりする自分。

あ!109(´Д` )
あ!ハチ公だ( ̄▽ ̄)
スカイツリーでけー( ´▽`)

今時の若者にしては、
僕みたいな方が
珍しいんでしょうね‼

さてさて…
今日は中野駅を降りてすぐ
中野ブロードウェイで
路上LIVEを行いました!

さすが東京…
人が流れる流れる…
大きな声をあげて
8/3の蒼の大地、
東京公演のPRをしても
厳しいんです(T . T)


ところが‼‼
今日改めて
気づかせて
いただきました(^^)

太鼓の力は
凄いもので、
太鼓が鳴り出すと
ブロードウェイの玄関を
塞いでしまう程
人が集まりました(^^)

続きを読む "中野ブロードウェイ路上LIVE"

|

雨の豊洲

梅雨真っ只中、みなさんいかがお過ごしですか?

私達は昨日、東京のショッピングモール、ららぽーと豊洲にて開催された「豊橋・東三河ええじゃないかフェスタin豊洲」で演奏してきました!

今年で2回目になるこのフェスタでは、豊橋市や東三河が誇る企業や老舗のお店の物産展、東三河伝統の手筒花火放揚などが行われました。

野外での演奏の為、朝から雨が降ったり止んだりして、演奏ができるかどうか、ギリギリまで心配でした。

水鬼神の鬼頭さんは、メンバーから「水鬼神の力で何とか雨が止むようにしてほしい」と言われたり、「いやいや、水鬼神がヤル気を出すとますます雨が強くなっちゃうから、あんまりヤル気を出したらイカン!!」と無理難題を言われる一幕もあり…(^_^;)

なんだかんだで、夕方、小雨が止んできたあたりで演奏スタート。
07_08_3

一曲目の風天ではお客さんの近くまで行って演奏することができましたが、徐々に雨が降りはじめ、急遽、演奏スペースよりも奥の太鼓置場にしていた屋根のあるスペースに移動し、予定していた演目を最後まで、続行することができました。
07_08_4

雨の中、たくさんの方々が傘をさしながら、私達の演奏に耳を傾けてくださり、本当に感謝感激です。
本当に、ありがとうございました!!!
07_08_1

志多らの演奏後には、三河伝統手筒花火連合会のみなさん、豊橋煙火のみなさんにより、手筒花火放揚が行われ、勇壮な手筒花火がフェスタのフィナーレを飾りました。
また、みなさん9月の炎の祭典でお世話なります!!

そして、また8月には蒼の大地で東京におうかがいします。

みなさん、ぜひ、8月3日中野ZEROでの公演に遊びに来てくださいねo(^-^)o

今日は中野ブロードウェイにでデモ演奏を行う予定です。
それでは行ってきます♪

|

2012年7月 5日 (木)

第16回障害児・者太鼓フェスティバルin安城 ひびけ!心に!みんなのわ!

今年は愛知県安城市・安城市民会館で開催されます。
先日、その運営委員会が実行委員長國島さんのホワイトベル(ことばの相談室)で行われました。
地元、安城の太鼓グループ鼓安楽(こあら)のIさん中心に着々と準備が進められています!!
0819_01

いよいよ、本番もせまってきますが、その前にみなさん、恒例の”志多ら舞講習会”にもお出かけくださいね。
志多らの演奏もあります。
0721

|

2012年7月 4日 (水)

大須ドン底

昨日は、今の全国ツアー蒼の大地の公演にゲストで参加いただいている、新美清彦さんが参加している芝居
!大須ドン底 !を観てきました。

僕は、どんな所で芝居をやるのかな~って凄く楽しみにしていました。
そして劇場を見て凄く楽しくなりました。
07_04


この芝居は一幕、二幕、三幕とあり、一幕は劇場、二幕は大須の商店街での芝居、三幕は劇場での芝居と凄く楽しい舞台です。
これ以上のことは、お伝えすることはできませんが、本当に言葉では表せれない作品です。

是非見に来て下さい。
7月9日までやっています。
場所は、名古屋市・大須の七ツ寺共同スタジオです。

チケット前売り3000円・当日券3500円。
開場18 :30、開演が19:00からです。
07_04_2

一度、体感してみてくださいね。


|

奥三河のき山放送局

今日は、奥三河のき山放送局を紹介します。

志多らを中心に、協力者の方と2年前に立ち上げた

「NPO法人てほへ」

志多らが拠点とする「奥三河」の活性化を目的に、さまざまな活動をしています。

そのてほへが毎月発信している番組が「奥三河のき山放送局」です。

この番組は、愛知県の奥三河地域で行われる、様々なイベントや、豊かな自然、そして、それに関わる人たちをご紹介しており、ただ今 第36回!

何度か志多らも取り上げていただいていますが、第33回では蒼の大地の作品にかけるメンバーそれぞれの思いなどを、取り上げていただいています!

(スケジュールがちょっと古いですが、ご勘弁を!)

普段は表に出すことのない、それぞれメンバーの「蒼の大地」の作品への思いをのぞくことが出来ます。

是非、ご覧下さい!

|

2012年7月 2日 (月)

「鬼神様からのメッセージ」in瑞浪公演

あいにくの雨の中だったが,,蒼の大地 瑞浪公演が終了した。

前回の瑞浪公演の時は、大きな台風が日本列島を襲った翌日で公演地の岐阜県瑞浪市へ奥三河から出発できそうもないような状況だったのを思い出した。
公演は何とか行ったがその日から2日間、停電だった。

今回はそこまでのことはなかったが朝から雨が降り続いていた。
とは言え多勢のお客様に足を運んでいただけました。

今回のロビーには、蒼の大地原作絵本を書いていただいた愛芽(ume)さんの作品、背守タペストリーが勢ぞろいしました。

メンバー一人一人が鬼神様を演じるのだが、それぞれのメッセージが描かれています。
大地と共に生きるために、自然の声を感じるために鬼神様からの思いが舞台やこれらの作品からも伝わってきます。
20120701_145238_000

そういえば、今日の雨は悲しみと怒りのメッセージだったかもしれません。
この日本の原発が再び動き出しました・・・。

|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »