« 片付け | トップページ | 健康づくり大学 »

2012年11月22日 (木)

扶桑町より、お客様♪

皆さん、扶桑町をご存じでしょうか?

正確には、愛知県丹羽郡扶桑町。

扶桑町は愛知県の西北部にあり、東は犬山市、西は江南市、南は大口町、そして北は木曽川をへだてて岐阜県各務原市に接しています。

特産品は、守口大根!
(細くて長~い大根です。長いものは、なんと1メートル80センチにも…(゚д゚)!)
実は、私、高雄小学校・扶桑北中学校卒業した、扶桑町出身なのです。

その扶桑町には、志多らも何度か公演をさせていただいた「扶桑文化会館」という、とっても素敵で元気な会館があります。
歌舞伎をはじめとする、日本の伝統芸能の上演にふさわしい、高い専門性を持った劇場の作りもとてもいいのですが、一番素敵なのは、企画、運営、舞台スタッフなど、文化のまちづくりを一緒に進めていくボランティアの方々が沢山いらっしゃること!

今回は「扶桑文化会館 友の会」の皆さんが中心になって開催しているという「バス旅行」で、130名の方が湯谷~東栄町の奥三河巡りにいらしてくださいました。

お昼を湯谷で過ごされた後、東栄町「花祭会館」へ。

花祭りの説明があった後、東栄町住民として「花祭り 地固めの舞」の実演をさせていただき、その後志多らの演奏をさせていただきました。
(私も地固めの舞の笛を吹かせてもらいました(^^))
11_215

毎年年末に東栄公演を行っているこの「花祭会館」は、通常のステージの前に、花祭りの舞庭を模した丸いステージがあるという不思議な作りになっています。
その為、300°位?の角度から演奏を観ることのできるのです。
11_21
また、全席約250席の小さめの会場では、まさに肌で音を感じて頂く事も出来、最後には「花まつり 志多ら舞」で皆さんと一緒に盛り上がっていただきました!

愛知県の西北部と、東北部。
対極の2つの町ですが、三遠南信道路ができて、東栄町←→扶桑町 は、なんと約2時間で行き来ができるようになりました。
意外に、「身近」な2つの町。
いろんな縁で、志多らと扶桑町が、そして東栄町と扶桑町がつながっていくのが、とても嬉しく思います。

バス旅行に参加された皆さん。
沢山の笑顔を、本当にありがとうございました。
今度は是非、ゆっくりと実際の花祭りにいらしてくださいね!

私もまた、年末には扶桑町に帰りまーす(笑)

|

« 片付け | トップページ | 健康づくり大学 »