« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月25日 (金)

地元・大垣公演を終えて思う事。

普段、帰郷するとこが滅多にない僕が、
最近で大垣市を訪れたといえば、
今回の大垣公演実行委員会に参加したり、
蒼の大地  当日の為に来たりと
志多らの活動を通じてが殆んど。

志多らに入座し9年目を迎え、
蒼の大地を終えて、
改めて舞台に立っている‘今’を
不思議に思う。

未だに
入座のきっかけを問われると
黙り込んでしまう僕だが。。。
(実際これといった理由がないので。笑)

当初、
和太鼓に興味もなかった僕が
ここに来たのはきっと、
志多らの温かい空気に触れたかったのだと思う。


そんな僕が
ここまでやって来れたのは
周りの支えでしかないと思う。

和太鼓経験ゼロの僕を
志多らに受け入れ、
長い目で成長を見守ってくれていた
スタッフの皆さん。

太鼓の魅力・技術・知識などを
惜しみ無く伝え、
道を示してくれたメンバーの先輩方。

太鼓経験では大きく下回る僕を支え、
辛さや喜びを共感してくれる頼もしい後輩たち。

いつも温かい拍手や笑顔を贈ってくれるファンの皆さん。

その全てが今の僕を創り今回の凱旋公演に結びつきました。

そして地元・大垣市で、
自分がここまでやってきた
意味を確認できる場所、
輝けくことのできる舞台を用意してくれた、
大垣市文化事業団の皆さん。

てほへ西美濃 実行委員会の皆さん。

そして1000人近くの
ご来場頂いたお客様に感謝です。

本当にありがとうございました。

僕も夢を見せてもらいました。

次回、大垣に戻ってくる時には、
更にPower upした志多らの舞台を
披露できる様、
今回の公演で頂いた気持ちを
大切に日々を過ごしていきます。

|

2013年10月23日 (水)

蒼の大地・大垣公演

20日は、蒼の大地・大垣公演でした。

大垣と言えば、私の生まれ育った地です。

 

実行委員会のかた、てほへ西美濃のかた、文化事業団のかたなどなど、志多らを応援してくださっている人がたくさんいる場所で、
およそ2年ごとに、公演をおこなっているので、

「もうそろそろ志多らの公演があるよね」

と気にかけてくださっているかたも多い場所でもあります。

 今回の公演も、多くのかたが来てくださり、嬉しい1日になりました。

 

 

大垣市の隣、垂井町出身の吉田章彦宛に、すてきなお花が届きました。

2

 

自由席だったこともあり、「良い席で観たい」とロビーは、大勢のかたであふれそうでした。

4

 私はもう何年も前に舞台をおりましたが、こうして、この地で公演が続いて実施されていることは、

それだけ、志多らを支えてくださっているかたが、たくさんいらっしゃると実感しました。

 

「蒼の大地」の公演を実施できたこと、無事終えることができたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

 

3

みなさん、またお会いしましょう!!!

 

 

 

 

 

 

 

|

2013年10月19日 (土)

アースオ~ブン初体験

文化庁ツアーから、無事志多らに帰り、
昨日のお昼ご飯は
「蒼の森」にある
アースオ~ブンでピザ焼き体験!!
…そして食べました。

生地を丸める所からやり
自分達の好きな具をのせて焼き
食べました。
10_19piza_2

欲張りな僕は
具を乗せすぎて
焼く時にボロっと
こぼれてしまいました。
10_19piza_3

でも、自分で焼いたピザは
格別美味かったです。
10_19piza_1

|

2013年10月18日 (金)

志多ら祭 本番!!

10月14日、
「志多ら祭」の本番です!

朝10時から、
ちゃぼさん作曲の「楽」の
ワークショップを行いました。

太鼓のグループと笛のグループにわかれて、
参加していただいた70名近くの皆さんに
「楽」を覚えていただきました☆
10_18_1

ちゃぼさんが作曲した「楽」が、
こうしてどんどん多くの方々に知っていただき、
県外の方にも広まり、
打っていただけることは、
とても嬉しいことですし、
和太鼓を通して、「楽」を通して、
初めて会う方とも、
一緒に太鼓を楽しめるというのは、
私達も本当に嬉しく、
また和太鼓の素晴らしさを再確認したように感じました。

午後には「志多ら祭」コンサートも始まり、
第一部は、和太鼓集団 夢幻の会の皆さんをはじめ、
三団体の太鼓グループの皆さんに演奏していただきました。

三団体とも拝見させていただきましたが、
皆さんが太鼓にむかう姿が、
とても印象的でした。

見ていて、
私達がたくさん元気をいただいたように思います。

一人一人の皆さんの目がとてもキラキラしていて
本当に素敵な演奏でした。

そして、
第二部は、私達志多らのコンサートでした。

最後は花祭りを会場にお集まりの皆さんと
一体となって楽しむことができ、
また和太鼓集団 夢幻の会の
子どもメンバーの皆さん達には
舞台に上がっていただき、
一緒に花祭りを踊っていただきました!!
10_18_4

この高松の地で、
花祭りを演奏できたことも、
会場に来ていただいた皆さんや、
夢幻の会の皆さんと花祭りを楽しめたことを、
本当に嬉しく思いました。

志多ら祭も無事終了後、
夢幻の会の皆さんの道場にて
打ち上げにも参加させていただきました!

夢幻の会の皆さん、
お母さん方に
本当にたくさんのご馳走をご用意していただきました。

その場で打っていただいた手打ちうどん、
焼き鳥、おにぎり、お寿司…
10_18_2

全員お腹パンパンになるまで食べさせていただきました!
泣きそうなくらい、
どれもとても美味しかったです。
10_18_3

たくさんの方とお話することができ、
とても嬉しかったですし、
本当に素敵な時間を過ごさせていただきました。                      

皆さん、私達とは、昨年出会ったばかりで、
中には今回初めてお会いするメンバーがいたにも関わらず、
前日もそして本番の日も
本当に私達をあたたかく迎えてくださり、
地元の愛知県のような、
皆さんとずっと昔から知り合いだったような、
そんな空気にさえなってしまうほど、
とてもあたたかい優しさに溢れた皆さんでした。

和太鼓を通して、
こうして、たくさんの方と出会えたことを
本当に幸せに思いました。

そして、
あらためて和太鼓という楽器で
人と人とが繋がっていくという喜びと感謝と、
和太鼓の楽器の素晴らしさを痛感しました。

11月にまた志多らのメンバーが4名、
夢幻の会のコンサートに参加させていただきます。

また、ご一緒できることをとても楽しみにしています☆

今回、和太鼓の素晴らしさも実感しましたが、
それ以上に、人のあたたかさをとても実感しました。
志多ら祭に関わってくださった、
全ての皆さんに心から感謝したいと思います、
本当に本当にありがとうございました!
皆さんにまた、お会いできる日を心から楽しみにしております。

本当に本当にありがとうございました☆

|

2013年10月17日 (木)

志多ら祭 前夜祭

みなさん、こんにちは☆

10月13日に
山口県下関市から高松へ移動し
「志多ら祭」の前夜祭に参加させていただきました!

昨年の初めてお会いし、
それからとてもお世話になっている、
和太鼓集団 夢幻の会の皆さん。

今回も大変お世話になりました。

今回、高松でのワークショップと
コンサートを企画していただき、
そして、この催しのタイトルも
「志多ら祭」というタイトルをつけていただきました!
10_17_2

夜は、夢幻の会の皆さんの道場にお招きいただき、
前夜祭に参加させていただきました!
10_17_3

今回、夢幻の会の皆さんにお会いするのが久しぶりのメンバー、
そして、初めてのメンバーがいましたが、
皆さん、とてもあたたかく迎えていただきました☆

当日の様子もまたご報告します。
10_17_1

|

2013年10月13日 (日)

威吹の会の皆様と交流会、プロモーション演奏

昨日、今日と山口県下関に来ております!

昨日は、山口県で志多らを
応援してくださっている太鼓チームの
皆さんとワークショップを行い
夜は皆さんと交流会!!
1381665014867.jpg

皆さんとても親切で
温かい方ばかり。
お話をしていて、
とても太鼓が大好き、
向かう熱い気持ちが
とても伝わってきました。

やっぱり、
太鼓に自ら一対一で向きあい
心を込めて音を出す、
かっこよさを求めて
太鼓を叩くのではなく、
真剣に太鼓を叩く中に
美しさ本当のかっこよさが
見えてくるのではないかと感じます!
1381665018285.jpg

これからの太鼓人生の中、
いずれ歳をとっていっても
その気持ちを忘れないで欲しいと
思います!

そんな熱い話をし、
今日は山口県の合同チーム
威吹の会の皆さんのご厚意で
下関の忌宮神社で行われた骨董市で
全国ツアー蒼の大地PRを
させて頂きました!

交流会での皆さんの思いを胸に止め、
演奏ができたと思います!
1381665021933.jpg

大勢の方々が足を止めて
見てくださいました。
そして、
ご協力いただいた威吹の会の皆様、
本当にありがとうございます!!

来年!!
3月21日山口県 山陽小野田公演!
どうぞよろしくお願いしますm(__)m
是非見にいらしてください!
志多ら一同心よりお待ちしております^ ^


|

2013年10月 7日 (月)

OASIS 本番!!

以前からFacebook等で
リハーサル風景をアップしておりました、
あいちトリエンナーレ2013祝祭ウィーク参加作品 「OASIS」いよいよ本番を迎えました。
10_071

前作「Drum'n」に引き続き、
テアトル・ド・バレエカンパニーとの共演。

前回と違うのは、曲、振り付けを一から創り上げたこと。

提供されたのは、
何とも和太鼓離れした難しい曲。

オーケストラも加わり、
打ち慣れないリズムに苦戦する志多らメンバー。

誰もが先を不安に感じるスタートでした。
正直、今回ばかりは心が折れました。

テーマはあの3.11。

OASISに込められた想いを読んだ時、
このメッセージを何としても伝えたい!!
強く思いました。

ダンスは身体で、
僕らは音で、
表現手段が違っても伝えるべき想いは一つ。
それらが交わり、
新しい世界が見えました。

曲づくり、
スキル面などなど、
いろーーーんな意味で勉強させて頂きました。
10_072

終わってしまえば、
なんて淋しい…。

いつかこのメンバーで
OASIS再演が出来たら嬉しいです!

ダンサー、オーケストラの皆さん、
本当にお疲れ様でした。

写真は楽器演奏者と
振付の井口裕之さん、
OASISを作曲して下さった宗川諭理夫さんです!
10_073

|

2013年10月 4日 (金)

揺れる身体、跳ねる心、サブニュマさん来山!!

10/2はアフリカンダンスチーム
サブニュマの皆さんが志多らに来てくれました。

普段,和太鼓がどこどこ鳴っている稽古場に、
ジャンベ登場。
アフリカンなサウンドがドゥンドゥンしました。

皆の身体はリズムに乗ったっ。

ギュンギュン手を振り、
ダャンダャン床を踏み鳴らすと、
もう私たちは一つ!

ダンスとリズムで心繋がるひと時を過ごし、
固い握手と暑苦しい見送りで再会を誓いました。

まめ子のブログでも紹介しております。
http://tumugu-mameko.blogspot.jp/2013/10/blog-post_3.html
10_04

|

2013年10月 3日 (木)

『開打』おやこ劇場 初舞台!!

皆さんこんにちは!!
吉田章彦です!!

志多らの男性ユニット・開打が
新潟西おやこ劇場さんにて演奏しました!!

おやこ劇場・こども劇場とは・・・

39年前に福岡県福岡市で創立されました。
子どもたちが、舞台芸術との出会いや
地域での集団活動など、こころ踊る体験を通して、
豊かな感性を育て、仲間とともに生きる力、
未来をきりひらく力を育むことを願って、
活動を続けています。

今回、新潟西おやこ劇場さんの例会にて
『開打』を公演を行ったのですが、
実はこの例会に至るまでの経緯だけでも、
物凄い思い入れがあり、
以前ブログにて紹介しました。
(開打おやこ劇場デビュー!! 2013/02/18)
http://shidara.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/index.html

そしていよいよ例会当日。

出番の直前。

3人で手を合わせ、心を一つに。

出し切るのは練習の成果じゃない!!
今まで生きてきた人生丸ごとだっ!!
と意気込み舞台に向かった。

一曲目の演奏中に
なぜか2年前の開打の初演・浜松LIVEを思い出していた。

あの時は、広いライブハウスのフロアに
頑張ればお客さん全員の顔を
覚えられそうなくらいの人数だったなぁ....と。
それが今は目の前に人が溢れかえっている。

志多らで演奏している時はあたり前に思っていた、
聴いてもらえる・観てもらえる喜びを改めて実感。

そして、映像や写真では共有できない緊張感。
一体感。ワクワクやドキドキなどなど。。。

その場に居る人でしか分け合えない感覚を
肌で感じてもらう事ができ、
自分たちにとっても貴重で幸せな時間でした。
(その日の夜は興奮して全然寝れませんでしたが。笑)

とにかくこの出会いに感謝!感謝です!!

公演が終わり音が止んでも、
こども達の中で生き続ける太鼓を打てていれば幸いです。
それが僕らの活動の意味になりますからね!!

新潟西おやこ劇場の皆さん!!
この度は本当にありがとうございました。

ここが開打、おやこ劇場の出発点。
一生忘れません!!

さぁ次はどんな曲作る??
演出は??
もぉ考えるだけでホント楽しくて、
時間はあっという間に過ぎますね!!

これからも開打は
志多らの基盤・カラーを残しながらも、
新しい道を打ち開いて行きますよ!!
それでこそ開打です!!

皆さんー!!
今後も開打の応援よろしくお願いします!!!

|

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »