« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月26日 (水)

果てぬ村のミナ

柔らかな陽射しが、
春の訪れを
少しずつ感じさせてくれる
今日この頃、
みなさんいかが
お過ごしですか?

先日の大雪で、
東薗目に残っている雪も、
あたたかな陽の光が
徐々にとかしつつあります。

さて、
良いお天気に恵まれた昨日、
東栄町にて
映画『果てぬ村のミナ』上映&
志多らミニライブを行いました。

浜松市水窪町を舞台に、
澄んだ空気や美しい自然、
ふるさとを愛する人びとや、
若者を描いた物語。

映像を通して
新緑の爽やかな香りが
漂ってくるような
ステキな映画でした(*^^*)

ふるさとを愛する
若者の姿は、
本当に美しいですね。

昨日は
たくさんの
地元東栄町の方々に
足を運んでいただいたので、
東栄町の豊かな自然を想いながら、
感謝の気持ちを込めて
演奏させていただきました。
0226_2

0226_1
『果てぬ村のミナ』の
公式サイトでは、
ストーリーや
上映会の案内も
掲載されていますので、
ぜひチェックしてみてくださいね!

春はもうすぐ、
そこまで!

東栄では
かわいい梅の花や山桜が、
素朴な春を連れてきてくれます(*^^*)

|

2014年2月25日 (火)

開打 in浜松 夢に一歩近づいた!

豊橋公演に引き続き
開打 2nd LIVE 『打っちぎり』
浜松公演!!

タイトル通りに
ぶっちぎったライブ!

ぶっちぎり過ぎて
豊橋公演より
20分以上も長くなった‼︎笑

脱線した話を
必死に
元に戻そうとする鬼頭。

戻りかけた話を
さらに脱輪させる吉田。

それに乗っかる青木。

やっぱり台本無しのLIVEは楽しい!!

僕ら開打にとって
LiveHouse浜松窓枠は、
2年前の初演を行った
特別な場所。

その当時、
あまりのお客さんの少なさに、
普段の志多ら公演では
当たり前だった、
聴いてもらえる
観てもらえる喜びを
改めて痛感。

その感覚は
今でも鮮明に覚えている。

あれから2年。

正直、
何が成長したのかは
わからなかったが、
一つだけ違うことは、
舞台に立っている時間
が死ぬほど楽しいって事。


今!!
生きてるっ!!
って感覚。

ちょっと
大袈裟かもしれないけど
本気でそう思える
LIVEだった。

そして
この日は
我らがリーダー
ちゃぼさんの誕生日‼︎

どうしても紹介したくて、
LIVEのアンコールにて
サプライズでお祝いをした‼︎

よしっ‼︎
普段は言えない
感謝の気持ちを伝える!!
。。。
前に涙が!!

このフライング野郎め‼︎
もう少しタイミングを
見計らえ‼︎
と思いつつも
号泣しながら
客席で花束贈呈。

父母兼任の
1人飴と鞭を
10年近く続け、
僕達が
この舞台を創りあげれるまでに
育て上げてくれた
ちゃぼさんに感謝。

そして
この舞台で
力を出し切る事で
最高の恩返しに
なったと思う。

3人が
それぞれの輝きを放ち、
お互いの弱さを補いながら
一つのモノを創り上げる。
なんか心だけで
繋がってる感じがした。

まぁ
四六時中
一緒に居れば
相手が放つオーラで
何を考えているか
大体わかる。

特に2人は
単純なので
手に取る様に分かる。笑

リズムやテンポが
合ってれば曲にはなる。
そこに信頼や愛情が
乗っかって
開打の3人でしかできない
無二の表現になる。

これからの可能性を
無限大に感じたLIVEだった。

夢にまた一歩近づいた!!

来年はいたる所で
開打旋風を
巻き起こす予定‼︎

志多らとは
また違った舞台
和楽器の新たな魅力を
表現します!

乞うご期待!!!

浜松に
お越し下さった
皆さん!!

本当にありがとうございました!!(^^)

|

2014年2月24日 (月)

開打 打っちぎり!!

ついに迎えた
開打 2ndLive 打っちぎり!

初日は
愛知県豊橋市にて
昼、夜の2ステージ。

直前まで新曲を手直し、
衣装を手直し、
イメージを固め、
話し合い・・・

初日に至るまでを
思い返すと、
本番前から目頭が熱く…。

舞台に立つのは三人。

でも決して
三人では
成り立たなかった
今回のライブ。

裏ではメンバー、
スタッフ、
その他大勢の人が
全面的に協力し、
支えて下さいました。

そんな
たくさんの思いを胸に、
いざ開幕!

とにかく
感謝、感謝、感謝っ!!

開打らしい、
全力疾走なライブになったと思う。

時には全力でぶつかり、
時には全力で励まし合い…
そんな
素晴らしい仲間三人と
共有した
今日までの時間を
宝物として、
今後に生かしていきたい。
Kaida009_2 

翌日は浜松。
どう打っちぎったか!!

乞うご期待!!

|

2014年2月20日 (木)

ゆかし リハーサル!!

皆様お久しぶりです

ちゃぼです!

最近ブログなど
すっかりご無沙汰し
気がつくと世間では
顔本(ふぇいすぶっくとやら)が
主流になっているらしい…

とにかく
久しぶりの
近況報告をさせていただきます

昨日は
愛知県岡崎の幸田町民会館で
リハーサルが行われました

久しぶりに
このメンバーで行なわれる
コンサートです!

相変わらず豪快な笑いで
いつも美しい⁈
二胡奏者ゆみこさん!   

トーク切れ味抜群の
箏奏者みつるさん

0220_2

おじさんギャグ連発のコメディアン
…違った
ドラム奏者のマッスグさん
0220_3
笑いの渦の中
和やかにリハーサルがすすめられました

今回のテーマは春です!

春を思わせる
しっとりとした曲から
ゆかしならではの曲
誰もが知っている曲など
もりもり盛りだくさんです

個性豊かな
四人で大人?の世界を
ぜひ皆さんもお見逃し無く‼︎

3月1日 
幸田町民会館
茶菓子つき!
どうだぁ!

皆さんいらしてくださいね!
0301

ちゃぼでした。

|

2014年2月10日 (月)

山口公演PR その2

秋吉小学校から、
約一時間移動し、
シーモール下関にて、
本日二回目の演奏です。



ショッピングモールの中に、
ステージを作っていただき、
そこでの演奏でした。


ショッピングモールの
中だったので、
大きな太鼓の音が
出せなかったのが、
残念でしたが、
その分、
我らがちゃぼの篠笛ライブで
お楽しみいただけたので
とっても良かったです!


来ていただいたみなさん、
足を止めて聞いていただいたみなさん、
チラシを受け取っていただいたみなさん、
本当にありがとうございました!!



あと二日間、がんばります!

|

山口公演PR その1

みなさん、こんにちは☆

寒い日が続いていますが、
体調など崩されていませんか?



今日から、
ちゃぼ、宮崎、佐藤
鈴木、加藤の五人は、
来月の蒼の大地 山口公演のPRのため、
山口県に来ています。



今日の一回目は、
秋吉小学校さんに行って、
蒼の大地の絵本の読み聞かせと、
演奏の方をさせいてただきました。



そして、
私たちの演奏のあとには、
秋吉小学校の3年生から6年生による、
和太鼓の演奏を聞かせていただきました!


とても、
心のこもった演奏で、
たくさんの人数で
演奏しているのに、
みなさんが一つになって
演奏していて、
私たちも、感動しました。

初めて見る
大きな長い竹の音も
印象的でした。


みなさん、
本当にありがとうございました。



寒い中、
たくさんの方に
お越しいただき、
とても嬉しかったです。



貴重な時間をありがとうございました☆



そして、
次の場所へ移動です!

|

グループホームにて演奏

先日、
名古屋市のグループホームにて
演奏して参りました。

東栄町以外での
グループホーム訪問は滅多にないのだが、
所長さんが志多らの大ファンと言う事で、
2年ぶり2回目の演奏となった。

演奏以外でも一緒に食事を楽しみ、
皆で唄をうたったりと
交流をさせて頂き、
普段では
なかなか聞くことができない
戦争の話などもして下さいました。

太鼓・篠笛演奏も
心から楽しんで下さり
ありがとうございました!!

こちらが元気を頂きました。

皆さんこれからも
まだまだお元気でいて下さいね!!(^^)
0210_2

0210_1

|

2014年2月 7日 (金)

開打 打(うち)開く!!

2月21、22日の開打公演に向けて、
志多らの稽古場では、
公開リハーサルが
行なわれました。

会場に足を運んでくださる
おひとりおひとりに
メッセージを
お届けできるよう
3人が
アイデアと工夫と
愛情てんこ盛りに
頭をひねりながら、
舞台を作りあげています。

公開リハーサルのお客さんは、
開打以外のメンバー。

いろいろな意見が出て、
また本番に向けて、
新たな修正や練り直しが
早速始まっています!!

ぜひ、みなさんも
3人が創る世界を
観にいらしてくださいね。

開打メンバー一同、
そして、志多ら一同、
お待ちしております!!


|

2014年2月 3日 (月)

「蒼の大地」沼津公演

2014年に入り、初めの「蒼の大地」公演となる、沼津公演が、
先日1月26日に行われました。

Img_3108

冷たい風が吹く中、色々な方が会場に集まってくださいました。
ありがとうございます。
あたたかなお客様に包まれて、思いっきり演奏させていただきました。

沼津で全国ツアーを行わせていただくのは、3回目。
前回の2009年6月、「悠久の道」沼津公演から、4年半ぶりとなります。
ロビーで「おかえり」と言ってくださるお客様もいらっしゃいました。
とても嬉しかったです。

昨年12月に行った沼津での「楽」ワークショップに参加して下さった方も沢山見に来てくださいました。

 

 

元気な子供達の笑顔!

沼津市には沢山の和太鼓チームがあり、以前観させていただいた時も、
とっても元気な子供達の演奏が印象的でした。

小さい頃から和太鼓が出会う機会があり、和太鼓の良さを実感できる…
とてもステキな事ですよね!

 

 

 

志多らのメンバーの中にも、色々なメンバーがいます。

小さい頃から、親に連れられて和太鼓のサークルに参加していたメンバー。
小学校で太鼓クラブがあり、太鼓を始めたメンバー。
高校のクラブ紹介で、和太鼓部の演奏を見て惹かれてはじめたメンバー。
和太鼓はやったことが無いけれど、志多らの舞台を見て、志多らに入座してはじめて太鼓を叩いたメンバー。

それぞれが、和太鼓に出会い、和太鼓と共に生きていきたいと決めた…

志多らの演奏で和太鼓が好きになってもらえたのなら、とても嬉しいです。

余談ですが、その日は宿泊なしの、直帰り。
「沼津の海の幸を堪能~♪」
…とできなかったので、途中のサービスエリアで、
干物だとか、しらすだとか、
メンバーも皆、物色&ご購入♪

美味しい海の幸を持ち帰りました。


沼津公演に協力して下さった多くの方々、
そして見に来てくださった方々、
本当に、ありがとうございました。

また、行きますよ~!

|

NPO法人てほへ特別企画「奥三河のき山学校〜公開講座〜」第二回目。

田中優さんの
講演会
0202
あっという間の2時間でした!

地域復活は
森にあった
というテーマで
今回講演会をしていただき、
これは、
生活していく上で
とても必要なことだと、
私は感じました。
私たちの
今置かれている
環境や自然を
どう活用して
生活していけるか。

山が山として生き残り、
山にとって
必要でないものを
生活に必要なものに変える。

日本には
杉の木が多く植林され、
時代が流れ売れなくなり、
手入れされず
放置されている山が
たくさんあります。

その山々でお金を循環させ、
低コストで復活させる
実に効率的なやり方。

山には
当然木が生え、
その周りには
草が生えます。

植林をし、
放置された山は
当然草が生え、
もちろん日当たりも悪く、
木も当然育ちにくくなります。

これはとても悪循環です。

この山を
生かして行き、
なおかつ
生活に活用していける方法。

それは一つの例として
まず牛を飼うことです。

牛?
とおもられる方も
いらっしゃると思いますが、
動物の力は
とても必要なんです!

牛は、
草を食べ、
当然糞もします。

山にとっては
とても大切で、
草がなくなれば、
木に日があたり、
牛が糞をすれば、
木は栄養を吸収し、
陽の光を浴び成長していく。

そして、
その木が成長していけば
間伐をし、
木材として使われる。

これは
ほんの一部の
お話なのですが、
一つの行動を
次から次に
つなげていく
とても興味のわく
面白いおはなしでした。

世の中は
お金がないと
いけない時代ですが、
私たちの
短な自然には
自然をうまく活用した
生活の仕方が
たくさん生み出せる気がします。

田中優さんは
それを自分で実際行い
実践しているので
素晴らしいと思いました。

貴重なお時間
本当にありがとうございます!

また、
是非お話を
聞かせていただきたいと
思います。

|

2014年2月 2日 (日)

NPO法人てほへ特別企画「奥三河のき山学校〜公開講座〜」第一回目。

映画
『カンタ!ティモール』
の監督である
広田奈津子さんをお招きし、
映画の上映&講演会が
開かれました。


日本から
まっすぐ南に位置する島、
ティモール。

東ティモールで
起こっていた悲惨な過去と、
生き抜いた住民たちの歴史。

インドネシア軍の
圧倒的な武力制圧に対して
真っ直ぐな信念で戦い、
独立に至るまでの
真実を描いた
ドキュメンタリーです。

感じたことは
あまりにも多く、
正直伝え切れません。

残酷さ、
悲惨さは
言うまでもありませんが、
伝えたいのはそこではなく…

東ティモールは
自然と共に生き、
全てを分かち合う。

まるで
蒼の大地の世界だと
感じました。

私のモノをあなたのモノ、
あなた=私とする彼ら。

全人口の三人に一人が
命を落とすという
酷い出来事にも関わらず、
独立後インドネシアに対する
怒りはないという。

そして、
「私たち」の過ちと
うたっています。

そんな
東ティモールの人達に
直に触れてきた
広田さんのお話は、
僕の胸に重く響いてきました。


僕が蒼の大地、
志多らの舞台、
音楽を通じて
伝えたいものが
より深みを増した
今回の企画でした。

あ、
でも
一番鮮明に頭に残ったのは、
東ティモールの人達の笑顔です。

広田さんが
写真もいくつか
展示して下さいましたが、
目がキラッキラしてるんです。

写真越しに
真っ直ぐ
目を見つめられる感覚です。

どうしたら
ここまで
心の底から笑えるのか。

まずは
ウソのない
自然に身を任せた
正直な生き方を
目指していきたいと思いました。

ちょっと内容が
重くなってしまった
気がしますがっ(;´Д`A

東ティモールのこと、
機会があったら
ぜひ知って頂きたいと思います!!





|

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »