« オープン‼︎ | トップページ | 和気 藤まつり 太鼓合戦 »

2014年4月28日 (月)

芝男舞打!!見参っ!!

太鼓のバチを
扇子に持ち替え、
『第38回 芝流  芝の会』に
演奏メンバー全員で
参加して参りました。

その中でも
男性6名は
芝男舞打(しばおとこぶだ)
として
二代目家元
芝千桜先生と
創作舞踊を共演した。
04_28_1

その数、
過去最多の5演目!!

普段は
大き目のボストンバッグが
パンパンになる程の
バチを持参するのだが、
この日の僕は
たったの3本。

ちなみに
少ない人(鬼頭くん)は
0本!!
(チャッパだったので)

そんな普段とは
全く異なる舞台に
異様な緊張感に包まれる
芝男舞打。

特にミツさん。

露骨に
扇が震えていますよっ!!

ミツさん程の
ベテランになっても
手が震えるんですね!!
新発見でした!

そして本日感動した事。

それは『大向こう』の掛け声。

大向こうとは
芝居小屋の三階正面席、
またそこに坐る客。

主に歌舞伎で用いられ、
安価な席に
たびたび通ってくる
見巧者の客の隠語。
「大向うを唸らせる」
といえば、
そういった芝居通をも
感心させるほどの
名演であることを
意味する。

その大向こうの掛け声で
舞台の熱気に
拍車がかかる。

声が掛かる度に
ぞくぞくするんです!!

今回は創作舞踊なので、
『2代目っ!!』や
『千桜っ!!!』
『待ってましたー!』など
威勢の良い掛け声が
飛び交っていました。

んんーー‼︎
僕も掛け声かけたい!!
。。。

いや待て、
僕は出演者だ‼︎と
自分の立場を
忘れるくらい
楽しい舞台でした。

他にも
津軽三味線 藤秋会の
30人弾きや
杉浦 充さんの
お箏も加わる事により、
先代の家元 芝千州が目指した、
‘誰もが気軽に楽しめる舞踊’ を
二代目が
見事に引き継ぎ、
大成功となりました。
04_28_2

まだまだ
舞踊は駆け出しの
芝男舞打。

しかしこの経験は
きっと
普段の舞台や
太鼓にも
還元されるはず!!

また機会があれば
是非
御一緒させて頂きたいです。

二代目家元 芝千桜先生、
芝流の皆様、
本当にお疲れ様でした!!

|

« オープン‼︎ | トップページ | 和気 藤まつり 太鼓合戦 »