« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

宇和島での再会!!

現在、
文化庁の学校公演ツアーを
巡回中!

以前、
ブログでワークショップの記事を書きましたが、
http://shidara.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/index.html
7月に花祭りのワークショップに訪れた
小、中学校に再び訪れ、
本公演を行っています。

29日は、
愛媛県宇和島市の天神小学校での公演。

『みっちゃーん!』
『まっちゃーん!』
『さっちゃーん!』

0930_3_2
太鼓の準備をしていると、
子どもたちが
元気に声をかけてくれます(*^^*)

メンバーの愛称を
覚えてくれてて、
嬉しいですね!

ありがとうございます!

温かいメッセージで迎えていただきました(o^^o)
0930_1_2
公演のフィナーレ、
「花まつり志多ら舞」では、
てほへの掛け声も、
舞もバッチリ!

宇和島では、
この地方のお祭り、
祭礼には欠かせない
『牛鬼』が、
各家の玄関をまわり、
邪気を祓います。

学校の門にも、
子どもたちの手で
『牛鬼』が描かれいて、
この地方で大切にされているんだなと
感じました。
0930_4_2

邪気を祓う、
という部分では、
花祭の榊鬼と通じるものが
ありますね!

愛知から
遠く離れた宇和島の地で、
伝統文化を通して
子どもたちと交流が出来ること、
本当に嬉しく思います。

毎年、
いろんな地方を廻る中で、
各地の伝統芸能や
伝統文化には、
その土地で
大切に守られてきた
”想い”があるように感じます。

自然への畏敬の念、
感謝の心、
祭りを通しての、
世代を越えて伝えられる人と人、
自然と人とのつながり…

私たちの公演が、
子どもたちにとって、
身近にある郷土の伝統文化に
興味を持つキッカケになってくれたら
嬉しいです!
0930_2_2

文化庁の学校公演ツアーは
まだまだ続きます。

今日も四国の子どもたちのもとへ、
元気いっぱい参ります!!*\(^o^)/*

|

2014年9月29日 (月)

蒼の大地 大分公演

全国ツアー蒼の大地!!
九州最終日大分公演!

足を運んでくださった皆様!
本当にありがとうございます!

僕自身、
大分は何度か
足を運ばせていただき、
自分自身貴重な体験をさせていただき、
今回もゆふいん源流太鼓さんには
ものすごくご尽力をいただきまして、
九州の皆様に見ていただくことができました!

ありがとうございますm(__)m

これからも頑張って参りたいと思います!

また、九州に参りますm(__)m
本当にありがとうございました!

|

2014年9月28日 (日)

福岡公演に頼もしい応援団!!

蒼の大地
九州2箇所目。
福岡公演‼︎

この日も
ほぼ志多らを
初見であろう
お客さんが
多くご来場してくださった中、
見覚えのある顔や
Tシャツがちらほら。。。

胸には
SHIDARA FAMILY、
背には威吹と描かれている。

そう!
山口県の応援団
息吹の会の皆さんが
バスで駆け付けて
くれたのです!!

これは心強い!!

そして私、
吉田の母の出身が
長崎県対馬ということもあり。。。

そう!
親戚一同が
海を渡り
駆け付けてくれたのです。

これもまた心強い!!

そんな応援団のみなさん、
そして現地の温かい
お客さんに迎えられ、
福岡公演は
無事に幕を下ろしました。

日本全国、
公演を通して
種を蒔き芽が出て、
蕾が付き、
花開く。

そこまで至るには時間がかります。

特に九州は遠い!!

しかーし!
芽もでて無いのに
花が開く事は絶対にない!

今回の
2度目の九州ツアーで
ようやく芽が出ました。

次回は蕾を付け、
いつか満開の花が咲く様に
これからもコツコツと
足を運びますよ!!

福岡のみなさん!
また来ますー!!
待ってて下さいねー!!(^^)

|

2014年9月27日 (土)

蒼の大地 鹿児島公演

蒼の大地九州3公演。
皮切りは鹿児島。

こちらにお邪魔するのは、
2008年に行った
全国ツアー 峻嶺の郷
以来6年ぶり。

距離もあって、
この日に至るまで
なかなか
志多らメンバーが
足を運ぶことが出来ず…。

ですが、
現地の方々を中心に
たくさんの人が
動いて下さいました。

感謝でいっぱいです。

思い返せば
30回以上
この蒼の大地を
公演をしていますが、
一公演一公演、
そこにしか生まれないドラマがあります。

新たな人の繋がりも、
どんどん広がっています。

まだまだ続く蒼の大地公演、
どんな出会いやドラマが待っているかワクワク☆

鹿児島の皆さん、
また来ます!!

それにしても…
蒼の大地当日って、天候荒れますねぇ。。
0927_2
同じ場所からの写真ですが、
前日見えた
桜島が
すっかり姿を消しました。
0927_1

|

2014年9月26日 (金)

いざ四国

蒼の大地…九州ツアー
鹿児島、福岡、大分公演も無事に終わりました。

舞台スタッフや志多らスタッフと別れ…

メンバーは25日から始まっている
文化庁の学校公演の為
スタート場所の愛媛県宇和島市へ。
092_2
092_1
*フェリー乗り場にて…

9月17日の蒼の大地九州ツアーから始まり
10月10日までの初めての長いツアーです。

このツアー
1人だけではできないので
メンバーみんなと
力を合わせやって行きたいと思います。

九州3公演のご報告は、
またあらためて…
志多らのFacebookでも、
近況・実況などなど
ご報告しております!!
ぜひ、お楽しみください!!

|

2014年9月12日 (金)

学校公演

先日の演奏。

高校生へ向けて。

大人びていたり、
やはり
身長が自分より
高かったりして、
雰囲気がいつもと違う。

しかも
照明、音響の
スタッフさんたちが、
蒼の大地でお世話になっている方々で、
ずーっと志多らを見てきて
下さっているメンバー。

志多らに入ったころは、
ドキドキしっぱなしだったけど、
どんな反応をしてくれるのか、
どんな生徒さんなんだろうと、
今はワクワク。

スタッフさんたちと、
会えるのも、
とても嬉しくて、
ニコニコしてしまう。

ニヤニヤするな。と
言われるが。

今回も、
ありったけをぶつけて、
課題が山盛り見つかって、
でも、
生徒さんの笑顔と
スタッフさんのいじりに、
最高に幸せでしたとさ。

|

2014年9月 9日 (火)

和音祭

和音祭 当日、
ご来場頂いたお客様が
3000人を越える
大イベントとなりました。

前日の準備から
様子を見ていましたが、
実行委員の方々を中心に、
集ったチーム同士の
固い繋がりに
心を打たれます。

僕達に出来ることは、
たくさんの想いが
込こめられたこのステージで
精一杯太鼓を打つこと。
0908_4

それ以上も以下もありません。

この想いが
被災された方々、
それを支援する方々の
心に届きますように。

お客様も含め
全員で黙祷。

最後の合同曲「道」では
80人の太鼓打ちが、
チームの枠を越えて
一つになりました。
0908_2

自然の脅威には
太刀打ちできませんが、
人は手を取り合うことができる。

kogakusyu翔のリーダー
吉村さんの言葉に
感銘を受け、
そこから生まれる
凄まじいエネルギーを
目の当たりにし、
また人と人を結びつける
和太鼓という楽器の素晴らしさを
改めて実感できました。

この素晴らしいイベントで
皆さんと想いを共有できたことに
感謝致します。

kogakusyu翔さんを始め、
実行委員の方々、
各チームの皆さん、
本当にお疲れ様でした!!
0908_1

|

2014年9月 7日 (日)

和音祭仕込み!

私たちは
兵庫県尼崎市に
来ています!

和音祭は、
2011年3月11日に起こった
「東日本大震災」をきっかけに、
和楽器を通して
災害復興支援イベントを開催しようと、
志多ら出身の、
吉村靖弘さん率いる
kogakusyu翔さんが発起人となり、
それに賛同する
関西の和太鼓アマチュアチームとが
手を取り合い、
開催されているイベントです。
0907_2

今年で4回目を迎えるこのイベント、

太鼓正さんの
6尺5寸の大太鼓も
初お目見えとなり、
ものすごい迫力です!
0907_4

このイベントでは、
一打募金という募金があり、
6尺5寸の大太鼓を、
一打100円の募金で
打てるという
素敵な企画もあります(*^^*)
0907_3

フィナーレでは、
吉村さん作曲の
合同曲『道』の演奏もあります!

関西のみなさんと、
私たち志多らで、
どんな『和』の音が響くのか、
とても楽しみです*\(^o^)/*
0907_1

会場は尼崎競艇場です!!
皆さん是非お越しください!!!

|

2014年9月 1日 (月)

第17回若竹荘チャリティー公演

今年も行なわれます。
若竹荘チャリティー公演。

17回も続いているのは、
実行委員長さんはじめ
支えて下さっている
みなさんのおかげです。

特別企画
事前ワークショップも
2回目を迎えました。

http://tumugu-mameko.blogspot.jp/
まめこのブログで
紹介しております‼︎

今日から、
チケット発売開始‼︎
志多ら 0536-76-1708・
志多らのホームページでも
受け付けております^ ^

豊橋市在住の箏奏者
杉浦充さん
名古屋市在住の
津軽三味線奏者
加藤訓栄さんとの
共演も
若竹荘チャリティーならではです。

是非、お楽しみを〜。

|

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »