« 宇和島での再会!! | トップページ | 志多ら祭 »

2014年10月 5日 (日)

志多ら祭 前日

物理的な距離を物ともせず、
深く深くお付き合いを
させて頂いているチームがあります。

夢幻の会。

拠点はなんと、
四国は香川県高松市でございます。

今、志多らは、
文化庁事業による
学校公演ツアーで
四国をまわっている最中。

昨日は佐藤、鬼頭、スタッフ小木曽が
「指導」 という形で
道場にお邪魔しました。
1005_ws_3

まずはこのおもてなし。


一昨日から、
そして、
その日の朝から
準備して下さったお昼ご飯です。

1005_ws_1

美味しいっ!!!!!!!!!!!!!!!!!

それ以外の言葉が見つかりません。

頬っぺたが落ちそう、
とはまさにこのことを
言うのだ。。

夢幻の会さんのことは
過去のブログでも、
今月発行した、てほへだよりでも
紹介させて頂いております。

子どもを中心に
活動するチームですが、
驚くべきは
その並外れた
ハングリー精神。

そして、
礼儀、
何より
太鼓に向かう純粋さ。

悔し涙に嬉し涙、
彼らといるこの空間には、
人間らしい"感情"というものが
ストレートに表現されます。

そして何より嬉しいのが、
志多らが好きだっ!!という
気持ちが
ヒシヒシと…
いや、
ズドーーーーンと
伝わってくる。
1005_ws_2

指導者という立場から
太鼓の技術を教える、
でもそれ以上に
ここから僕が学ぶことは
多いんです。

それは、心 です。

太鼓の音は、
文字で表すなら「ドン」。
誰が打っても「ドン」なんです。
夢幻の会のみんな「ドン」は
人を感動させる力が強い。

それは、
その人の
心の強さなんですね。

技術より
まずは人間性、
心を磨かなきゃ!!
なんて考えながら、
帰ってきました。
あ、帰ってきたのは高松市内のホテルです。

そして今日は
国分寺ホールにて
ビッグイベント、
志多ら祭。

昨日 夢幻の会さんから学んだことを、
今日 自分の舞台で生かせるよう
頑張りますっ( ̄^ ̄)ゞ

|

« 宇和島での再会!! | トップページ | 志多ら祭 »