« 朽木西小学校、太鼓指導 | トップページ | みんな元気に!和楽器に親しむ会、今年も始まりました »

2015年6月 7日 (日)

蒼の大地 千秋楽 新城公演

蒼の大地は私が入座した頃からずっと創りたかった舞台でした。

制作日数含め4年半という 志多らではかつてないロングランとなり、この作品は 沢山の方々によって創られ支えられてきました。


蒼の大地の千秋楽


そして 私の志多らとしての最後の舞台を終えた今、いまだとても複雑な気持ちで過ごしています。
25年という月日は、私にとって長いようであり、あっという間の月日でした。

今まで志多らを受け入れてあたたかく見守ってくださった地元の方々、ずっと支え応援してくださった方々、舞台スタッフのみなさん、沢山の方々のおかげで今の私があります。

言いあらわすことのできないほど感謝の気持ちで胸がはりさけそうです。

そして、いくつもの困難を共にのりこえ、支えあい、励ましあってきた 志多らのみんな!!
血を分けた家族のようなものでした。
今思えば がんこで やんちゃな 私とよくつきあってくれたものだと感心すると共に感謝の気持ちでいっぱいです。

千秋楽では、まるで同窓会のように、志多らを卒業した子達が観に来てくれました。
それぞれが生き生きと輝き、笑顔で再会できる!!
このうえない幸せです。


本当に太鼓をやっていてよかった
志多らを続けてきてよかったと心から思います。

志多らを卒業という形にはなりましたが、この先も気持ちは変わらず 志多らの志を持ち、太鼓のすばらしさを子どもたちに伝え、次への夢へと一歩ずつ歩んでいきたいと思います。

そして、蒼の大地は私の中で次へのステップ
空宙間へと続いていくよう、大地に根ざし、大地の声を聞きながら、曲創りにも力を入れていきたいと思います。


本当に長い間 ありがとうございました。

そして、また お逢いできる
その日まで・・・!!



茶鶏









|

« 朽木西小学校、太鼓指導 | トップページ | みんな元気に!和楽器に親しむ会、今年も始まりました »