« 「いのちの力」豊橋公演 | トップページ | 鳳雷×志多らジョイント コンサートリハーサル »

2016年7月21日 (木)

訓栄会 20周年記念公演

愛知県は梅雨があけ、本格的な夏の暑さが訪れました。

さて、知る人ぞ知る津軽三味線の大部隊、加藤流三絃道藤秋会。
全国に支部を持つ藤秋会ですが、筆頭総師範 加藤訓栄さん束ねる「訓栄会」の20周年記念公演が名古屋で行われました。
訓栄さんと言えば、邦楽ユニット 山紫水明の一人であり、志多らの公演にも幾度となくゲストとしてご出演頂いています。
今回は4時間という長時間に渡る内容。


僕たちにとっても原点である、日本の音楽に深く触れることができる藤秋会との共演は、毎回多くの学びがあります。
訓栄会はもちろん全国支部から集まった大人数の会員さん達を見事統括し、公演を大成功に導いた訓栄さん。
本当にお疲れ様でした。

そして来月12日、豊橋市民会館にて 志多らユニット 開打 と 山紫水明 のコラボレーションライブがあります。
そこでも訓栄さんの素晴らしい絃さばきを見ることができますよ!
まだまだチケットはありますので、ぜひ観に来て下さい。

|

« 「いのちの力」豊橋公演 | トップページ | 鳳雷×志多らジョイント コンサートリハーサル »