« いっぷく亭…山紫水明ライブ 初参戦!! | トップページ | 東薗目忘年会 »

2016年12月14日 (水)

鳳雷×志多ら @大須演芸場

こんにちは!吉田章彦です。
本格的な冷え込み。彼女のぬくもり(湯たんぽ)が無ければなかなか寝付けぬ今日この頃。たまに牙を剥かれて低温火傷になりますが、、、

ラニーニャ現象により関東では異例の早さで初雪が。
今年の冬の寒さは一層厳しいものとなりそうですが、名古屋 大須では【rap×和太鼓】熱い男達の熱いライブが繰り広げられました。

12.11 sun  鳳雷×志多ら  @大須演芸場

AM 8:10 会場到着
集合・搬入開始は8:30だか少しでも早く準備をしようと、示し合わせたかのように全出演者・スタッフ到着。
ここから勝負は始まってるぜっ!
1214

AM 8:30 搬入開始
コラボ企画はリハの時間が命。1分でも時間を作り出すため総出で搬入。
全身で前進っ!機材を運べー!

AM 9:00 位置決め
志多らは曲毎にセットチェンジが基本。
楽器が多いのでしっかり位置をチェケラ~!
1214_2

AM 9:30 サウンドチェック
今回は音源に合わせて太鼓を打つという、志多らでは経験のない演奏スタイル。
それもあり音響のチェケラは入念に。
音響・照明スタッフのdaggerが頑張ってくれました。使用機材が二転三転してすいません。
因みにdaggerもrapperだっ!
1214_4

PM 12:00 リハーサル
コラボ曲を中心に念密なリハーサル。
互いが互いを活かす演奏を模索。
鬼頭とDJ wordの真剣な打ち合わせ。
志多らもナゼか歌声のチェック。
どんな事にも手は抜かないぜっ!

PM 13:30 Door Open
ついに来ちゃった!あと30分で開演だ。
楽屋でツアーファイナルを思わせる円陣を組み
『俺たちなら、できるーーーー!!!』
鳳雷さんが言うと本当にできそうな気になってきた!!いよいよ本番!!
全部出し切るぜー!!Yoーーー!!

1214_5

PM 14:05 opening act     lot falcon
福祉とhip-hopを繋ぐrapper   lot falconの登場!
初めてrapを聴くお客さんにrapの歴史や魅力を優しく解説。さすが福祉rapper!

【limited life】残された時間でなにが出来るか。とっても胸に響くrapでした。
12148

PM 14:15  鳳雷×志多ら start
お待たせしました!無我夢中駆ける110分!

コラボ曲やサプライズを、含めた約20曲。
大須演芸場という事もあり年配の方も多数見受けられましたが、鳳雷さんの手招きで立ち上がり手を振る姿は、なんとも新鮮。

そして鳳雷さんの圧倒的な存在感。想いが言葉に乗って胸に突き刺さります。
コラボ7曲もなんとか形になりました。
今回で和太鼓界にrapとコラボするとこうなるんだぜっ!!という風を吹き込めたのではなかろうか。
rap×和太鼓スタイルのパイオニア!いい響きですね!

今回感じた事。

音と言葉で紡ぐrap。
世間では元々黒人発祥の音楽で、それを無理に日本語に当てはめても合わない。なんて意見もありますが全くそんな事はない。
言うまでもなく、日本語は世界でも類を見ない言葉の種類や言い回しの多さ。
礼儀や思いやり、尊敬のきもちを絶妙なニュアンスで表現できます。
四季折々の日本の風土が生んだ季節や自然の言葉は探し出すと切りがありません。

そんな誇るべき母国語を駆使し、思いをダイレクトに伝えるのがこのrap。この時点で既に日本の音楽になってます。
特に鳳雷さんのrapは聴きやすいし、なにより覚悟がみえます。

なので今回は【和太鼓×日本語】という概念。

ライブ後、やり切った感ともっとやれた感が入り混じりった感情。
あぁ甲子園球児もこんな感覚なのかな。。。
いやいやいやいやっ!!俺たちは引退しないし次がある!!
1214_3

1214_6

今回ライブを経て、次回に必要こと、やりたい事、改善点が浮き彫りになりました。
まだまだまだまだ成長過程のこのユニット。
互いを補い合うのでなく、ぶつかり合い成長していく音楽を目指して次回に挑みます!
次の舞台は奥三河だぜーーーー!!!
ヨロシクっ!です!!

|

« いっぷく亭…山紫水明ライブ 初参戦!! | トップページ | 東薗目忘年会 »