« 敬老の日 第一弾 | トップページ | 敬老の日 第二弾 東薗目敬老会 »

2017年9月19日 (火)

全国ツアー「息吹〜IBUKI〜」大垣公演

満員御礼!!感謝しかありまん。
台風18号が日本列島直撃のなか始まった、全国ツアー息吹  大垣公演。
一時はどうなるかと思いましたが、無事に終演しました。
台風予報の中、会場に足を運んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。

先日、この公演のPRのために新聞社やラジオ局、ケーブルテレビに伺ったのですが、その際に必ずされた質問がありました。その内容は
『もしかして、、、ツアータイトルの【息吹】って地元の【伊吹山】からとったのですか??』
という問い。
『ん?。そうじゃないんだけど、、、だって漢字も違うし、、まぁ完全違うくもない!とも言い切れないっ!!』

といったように、その時にはなんとも曖昧な答えをしていたのですが、
こうして大垣に帰ってきてよくよく考えてみると、幼い頃から毎日見てきた伊吹山と、イブキというフレーズが自分の中に染み付いていて、心地よかったのではなかろうかと思いました。

実際このツアーの制作期間中である昨年の大晦日に、作品完成祈願を込めて真冬の伊吹山に登りました。
実はこの伊吹山、標高こそ高くないものの、積雪量のギネス世界記録 11mを持っている名山です。
そんな、険しい山を一歩ずつ登りながら、このツアーの作品で、自分はいったい何がしたいんだろう。何を伝えたいのだろうと、自問自答しながら歩いていました。
結局、作品のヒントとなるものは見つかりませんでしたが、
登頂した時の感動は、辛く、苦しかった登り以上の喜びがありました。

志多らのこれからの歩みや、今回の【息吹】も同じように、人が増えれば増える程、いろいろな価値感があり、こだわりがあり、理想があり。。。
その思いを話し合いながら、時にはぶつかり高め合いながら進みます。
けっして平坦な道のりでないく、苦労して作り上げた舞台だからこそ生まれる感動がそこはあるのだと思います。

20年程前から定期的に公演をしている大垣の皆さんに、志多らの新たな息吹を感じてもらえていれば幸いです。
Img_2505

Img_2367
<リハーサルの様子>

アンコールの際に、完全な僕の独断で、2年後の新ツアーで大垣に帰ってきますー!!
と公言してしまいました。
願えば叶うし、動けば形になると信じ、次回の大垣公演に向けていち早く闘志を燃やしている僕なのでした。
0919

|

« 敬老の日 第一弾 | トップページ | 敬老の日 第二弾 東薗目敬老会 »