« オータムフェスティバル2017夢と希望の学校 | トップページ | 秋の芸術鑑賞会 »

2017年10月19日 (木)

鳳雷✖️志多ら ここから始める。

秋雨の日々が続き、
肌寒い空気が季節の変わり目を
知らせてくれてますね。
もう気づけば10月中旬。
一年もあっという間です。
気がつけば花祭り、気がつけば
クリスマス、そして年末。
2017年残された時間を大切にしたいとおもいます。

2016年12月、
気がつけばもう10ヶ月も前の話ですね。
皆さんご存知、鳳来町(現新城市)出身rapper鳳雷さんとのジョイントコンサート。
お互いが持ち曲に寄り添った形で新たな世界を生み出した瞬間。
あのコンサートがきっかけとなり今回10月15日に再びコンサートを行いました。

前回とは違いこのコンサートの為の曲も新たに作り、お互いが持ち味を活かしながら最後まで心のこもった演奏ができたのではないかと思いました。

新曲、What's My Name。
志多らの吉田、鬼頭、加藤の事を鳳雷さんから見たイメージで歌詞を書き下ろしていただき、その一人一人が主役になるような曲を書いてミックスさせる。
自分たちの思いを言葉に乗せ、太鼓や篠笛に乗せ音にすることがとても楽しくてリハーサルも何度も何度も繰り返して作り上げて来た曲たち。
もう、今となっては和太鼓とラップのコラボはとても相性イイ‼︎って思えるくらい、自分がやってても心がウォーってなる感覚。
いやぁ、でも鳳雷さんとだからできたことなんだろうなっておもいます。


僕らのことを理解してくれて
快く僕らのことを歌詞にしてくださり、そこに魂のこもったラップを叫んでくださって、もう感謝の言葉以外見つかりません‼︎


鳳雷さんの歌った、「あなたたちから教わったこと」や「Beautiful Life」。
あんなラップが歌えるのはいろんな経験を経て人として強くなって守るべきものを大切にしてるから歌えるし伝わるんだろうなって思いました。正直、Beautiful Lifeの演奏中、僕、めっちゃ泣いてました。太鼓叩きながら泣いたのも久々だなぁと思いながら、そんな瞬間を作ってくれた鳳雷さんに感謝しかありません。仲間や家族がいるから今の僕らがある。
そんな人たちがいてくれるから1人じゃないこと。だからこそ、感謝しなきゃダメですね。
当たり前になっている事をもっと大切にする事。
感情を素直に味合う事。
そしてそれを音に乗せる事。
これが素晴らしい音楽を作るんだと思います。
そんな音楽をこれからも沢山作って心に届く音を追求したいなと思った日でした。


本当に鳳雷さん
ありがとうございました!
あなたの生き方に心打たれました‼︎


また何処かでコンサート
できるのかな?
見逃した皆様も期待していてください‼︎
まだまだ志多ら&鳳雷を楽しみに待っていて下さーい!




|

« オータムフェスティバル2017夢と希望の学校 | トップページ | 秋の芸術鑑賞会 »