« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月28日 (火)

東薗目花祭を終えて

こんにちは。
研修生の百華です。

11月も終盤になり、さむーい日々が続いています。
私は毎日ヒーターがかかせません!
みなさん、風邪をひかないように体にはお気をつけください。

今月、東薗目の花祭に初めて参加しました。
私は「順の舞」を舞わせていただきました。
1128_2
何も知らない私に、地元の方々がたくさんの事を教えてくださって、舞の正しい舞い方や昔は男の人しか舞うことができなかったことなど、花祭について学ぶことができました。

花祭が終わり、片付けをしている時に感じたのは、東薗目の方はみなさんとっても優しくて、何より花祭が大好きなんだなということです。
私ももっと、花祭について知りたくなりました。

1128
これからも地元の方々と交流して、来年の花祭もより充実したものになればいいなと思います。

|

2017年11月27日 (月)

20回目の若竹荘チャリティー公演

みなさんこんにちは!

毎年この時期に行われている、若竹荘チャリティー公演。
20回目の今回は、全国ツアー息吹の公演をお届けしました。

1998年から始まったこのチャリティー公演の節目となる今回の公演で、メンバーの今、この瞬間の想いやエネルギーをしっかりと音に込め、演奏させていただきました。

戦災を受けた母子の救済事業からスタートとした社会福祉法人若竹荘さん、現在は母子生活支援施設や、保育園、障がい福祉サービス事業を展開し、長年、様々な事があるなかで、地域の方と共に歩まれてきました。
先週の土曜日、日曜日に、私たちの拠点としている東栄町東薗目の花祭が行われましたが、今年はさらに伝統的な深い部分まで地元の方に教わり、花祭を通して地域のつながりの中で、伝統を受け継ぐことの大切さを改めて感じました。
Img_4254

 
チャリティー公演では、本場の花祭のようなあたたかい雰囲気の中で、花祭り~紡ぎゆくもの~を演奏させていただきました。
1127_2
これからも、地域と共に歩まれる若竹荘さんの活動を少しでも後押しできるように、私たちもしっかりと地域に根をはり、演奏活動を続けていきます!

ご協力いただきました実行委員会の皆様、足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

|

2017年11月24日 (金)

東薗目花祭 2017

年に一度、神様と自然と人が繋がる日、花祭りがやってきました。

一週間前から舞や飾りの準備をし、この日は待ちに待った本番。
バチの舞から始まり次々と舞が奉納されていきます。
1124_1
ここ東薗目では今年から徐々にではありますが、古来より受け継がれてきた伝統を復活させようという動きがあり、飾り付けや神事の順番、舞いの所作など、地元の方が手取り足取り、懇切丁寧に教えてくださいます。

それは志多らのメンバーを、これからの祭りの担い手として認めてくれている想いの表れ。こちらも聞き漏らしの無いように真剣です。

ご存知の通り、花祭りは『国の重要無形民俗文化財』である。
この『無形』という所が大事で、受け継ぎ伝えていかなければ、それこそ形が無くなり教科書の中の出来事になってしまう。
自分達が本当の意味で祭りを受け継ぐ為には、しっかりと地域に根を張り、地元の方と交流し、記憶の中にある本来の花祭りの話を聞くことが大切になってくる。
今回は例年より多く舞習いに参加でき、いろいろな初耳話を教えてもらいました。

伝統文化は長い歴史の中で、当初の意味は失われ、形だけが残るものもあるが、
自分達が花祭りに参加し、舞台で表現している以上、カタチだけではなく、裏付けとなるものをしっかりと学び舞台に活かしていきたいと思いました。
1124_3

今後も住民の一人、受け継ぎ伝えていく担い手としてこのお祭りに携わっていきたいと強く感じた瞬間でした。
11242

|

2017年11月19日 (日)

東薗目 花祭 神事

皆さんおはようございます!
大脇元です!

東栄町は一気に気温が下がり冬が本格的にやってきましたが、如何お過ごしでしょうか。

さて、昨日は私たちの住んでいる東薗目地区の花祭の準備と神事が行われました‼︎

残念ながら天候には恵まれず雨となってしまいましたが、年に1度のお祭りという事で地区の方々と一丸となり準備しました。

午後は志多らの横にある熊野神社の境内にて神事と浦安の舞が奉納されました。
その後、神様を舞庭(まいど)にお迎えする宮渡りを行いいよいよ祭り本番が近づいてきました。

東薗目は今日に本舞を行うために昨日は神事だけでしたが、時間が経つごとに緊張感や高揚感が高まっていくこの空気がたまらなく好きなんです!

私自身幼い頃から慣れ親しんだお祭りでもありますし、志多らが最も大切にしているお祭りでもある花祭。
受け継がれて来た伝統を守りつつ未来へと継承していかなければいけません。それはとても大変な事です。ですが一年一年無事に花祭を終えて来年も頑張ろうとなる気持ちが積み重なっていくものだと思っています。今年も無事にそして感謝の気持ちを忘れずに今日の本舞に臨みたいと思います!




|

2017年11月18日 (土)

東薗目 花祭 準備

皆さんおはようございます!

11月も半分を過ぎ、あっという間に花祭りのシーズン!!
昨日は東薗目 花祭りの準備をしました。

準備前、準備後を写真でご覧ください!

ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

まだまだ途中ですね。
今日の午前中まで、準備は続きます。

志多らメンバーにとっての準備の日の最大のたのしみはやっぱりごはん!!!
毎年恒例のカレーとマカロニサラダ、お漬物などなど、
午後に備えてエネルギー補給しました。

そして休憩の時の、まったりとした空気感が好きなんですよね〜

今日は花祭り神事です!
あいにくの天気ですが、雨対策はバッチリです。

花祭りを思いっきりたのしみます!
明日は志多ら舞の奉納もあります。
是非みなさん、東薗目の花祭りを一緒に楽しみましょう!
お待ちしております。

|

2017年11月17日 (金)

舞習い 最終日

みなさんこんにちは。

東薗目花祭りの舞習いが始まって6日目の昨日。
舞習い最終日です。

見よう見まねで必死についていくだけだった舞も、地域のみなさんに舞の仕組みや、身体の使い方など、たくさんのことを教えていただいて、ようやく形になってきました。
1117_6

花祭り初体験の私にとっては、もちろん舞習いも初めてで、ひたすら「はな」のリズムが流れていく中を舞子たちが交代しながら舞っていく様子に最初はとても戸惑いました。
しかし、真剣に練習しているみなさんを見ていると、花祭りが大好きなんだ!という気持ちがすごく伝わってきました。

1117_5
最終日は舞の練習が終わったら特製の「お粥」が振舞われました。これも花祭りが大好きな理由の1つだと感じました。

さぁ 本番の日曜日まであと2日。

人生初の花祭りを精一杯楽しみたいと思います。
1117_7

|

2017年11月14日 (火)

全国ツアー息吹~IBUKI~豊田公演 プロモーション

皆さんこんにちは、杉浦駿亮です。
紅葉が秋の山を彩る季節がやってきましたね!

1113
先週土曜日はとても綺麗な紅葉の景色が見える豊田市稲武町の大井平公園で全国ツアー「息吹」豊田公演のプロモーション演奏がありました。
豊田公演のお知らせをしつつ、演奏をしてきました。
「必ず見にいくからね」ととても嬉しいお言葉をかけてくださる方も見えました。
今回の演奏で1人でも多くのお客様がツアーを見にきてくださるととても嬉しく思います。

いよいよ次の日曜日には、僕たちの住む東薗目地区の花祭り、翌週土曜日には、若竹荘チャリティー公演 全国ツアー「息吹」豊川公演と続き、12月には東栄公演と続きます。
ぜひ、いろいろな会場でみなさんとお会いできたらと思います。

|

2017年11月 6日 (月)

新城ラリー2017

4日、5日と行われた新城ラリー!

全国のラリーカーが集まり、大迫力のラリーレースでした。
会場はラリーファンの皆様がとても大勢で賑わっておりました。



志多らは3日の前夜祭、5日に3ステージをさせていただきました。会場で足を止めてみてくださった方々本当にありがとうございました!



新城ラリーが全国に、そして世界に広がってくれることを願っております!

|

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »