« かだ冬まつり | トップページ | 東栄Xmas公演 志多ら聖なる日に大あばれ‼️‼️ »

2017年12月18日 (月)

新ユニット誕生! ユニット名大募集中?!

お馴染み
お箏 杉浦充さん
津軽三味線 加藤訓栄さん
志多らからは
和太鼓 宮﨑光政
篠笛 鬼頭孝幸 の4人による邦楽ライブ「和みの音の師走のらいぶ」。

2日間にわたり、地元東栄中学校とcafeのっきぃ(2ステージ)でやらせて頂きました。

充さんによる、実際にお箏に触れるワークショップがあったり、

1218_2
また志多らの演奏はよく見ている東栄っ子たちにとっても、きっと新鮮だったであろう大人な音楽。
1218_3
cafeでは近い距離感でお箏の繊細な音、三味線の力強い音、篠笛の息づかいなど和楽器ならではの音色をお楽しみ頂けたのではと。
1218_4

さて、ここからは僕の観点で書かせて頂きますので、どうぞ最後までお付き合い願います。
篠笛専門として挑んだ今回は、今までにない緊張感。
生音を聴かせる音色コントロール、MCの重要性、お客様との心の駆け引きなど学び多きライブとなりました。
曲間のアドリブ(即興)によるソロ場面がたくさんある中で、「アドリブはその人の生き様が表れる」という充さんのMCが心に残ります。
即興というのは頭で考えるよりも先に指が動き、音を出している感覚。
今日までの経験が全てです。
大袈裟ではなく音楽はその人自身の生き様や感性に直結しており、心に響く良い音楽を奏でるためにはやはり人間性を磨く必要があることを再認識致しました。
この世界の大先輩方との音の駆け引きはとても勉強になりますし、何より楽しい。
安定感、安心感があり、自由に思い切り演奏させて頂きました。
1218_5
またこのメンバーでやりたいです!
1218_1

|

« かだ冬まつり | トップページ | 東栄Xmas公演 志多ら聖なる日に大あばれ‼️‼️ »