« 全国ツアー息吹~IBUKI~磐田公演 プロモーション | トップページ | ひびけ!音読フェスティバル »

2018年6月12日 (火)

屋久島散策!!

文化庁「文化芸術による子供の育成事業」での学校公演。
今年は南九州エリア、屋久島にも訪れることができました。
屋久島に来たからにはここに行くしかないと思い、出会いに行ってきました。

それは縄文杉です!!
0612

今回は大陽と2人で登ってきました。
0612_2

宿を出てバスに乗り、登山口を目指しました。ガイドさんなしで2人で登りました。
台風が近づいていた屋久島。出る前は雨が多めでしたが、私たちがバスに乗る時、荒川登山口に着いた時にはパタリと止みました。不思議なことがあるなーと意を決して登山に望みました。

始め約3時間はひたすらにトロッコの線路を歩き続けました。
0612_4
まだ、まだ続く線路。このトロッコは昔住民の人たちがバスの代わりに町に出るために使っていたみたいです。
歩いているとさすが屋久島です!

杉の普通のサイズが半端なく大きい!別世界に来たような感覚でした。空気もやはり違いました。
0612_5

象徴的な杉は更にパワーを感じる力強さでした。
0612_6

木に触れ、水に触れ、岩に触れ、空気を感じ、水をいただきながら登って参りました。

屋久杉たちから感じたことは、ものすごく変わった形に見えてもそれはいたって自然界からしてみれば生きるために必要なこと。
0612_9

切り株の上にタネを宿し、栄養をいただいて、成長し、ひかりを求めて、横に伸びたり、上に伸びたり。更に岩の上に落ちた種は、岩ごと包み込む生命力。巨木の数々と出会いながら、最終目的地縄文杉。一点に根を張り、成長し続ける。何もいえない貫禄。見事でした。

0612_7

人間の生き方そのものだと感じました。

本当に感謝の一言でした。

帰りは白谷雲水峡の方を周り、もののけの森とも言われる苔の森を通り、
0612_10
自然のありがたみをつくづく感じました。

物があることが当たり前。あることに当たり前を感じていた自分。
それが本当はありがとうということ。

屋久島は本当に素晴らしいところです。
この出会いに感謝です!

ありがとうごさいます。

|

« 全国ツアー息吹~IBUKI~磐田公演 プロモーション | トップページ | ひびけ!音読フェスティバル »