« 猿爪区夏祭り | トップページ | 息吹~IBUKI~東京公演バスツア~ 皆で浅草・築地観光 »

2018年9月 8日 (土)

全国ツアー息吹〜IBUKI〜 千秋楽 東京公演

こんにちは!
今回のツアー作品の演出を担当しました、吉田章彦です。

昨年の7月から一年半をかけて公演をしてきた【全国ツアー息吹】
ついに千秋楽を迎えました。

信頼できる志多らの仲間たち、素敵な技術スタッフさんと共に過ごしたとても幸せな時間でした。

そして、なによりこの作品を観てくださった全てのお客さんに感謝の気持ちでいっぱいです!!

舞台照明でお世話になっている稲垣さんの言葉で、
『生の舞台はテレビや映画と違って、やり直しが効かない。それが面白い』
と仰っていました。

稲垣さんの言葉のように毎回、やり直しが効かない最初で最後の舞台と思い、新鮮な気持ちで臨みました。

その結果、全18公演中、1公演たりとも同じ舞台はありませんでした。

僕の主観ですが。。。
志多らの舞台はテレビや映画のように鑑賞するものではなく、実際に肌で体感するもの!!!!
だと思っています。

お客さんが違えば、おのずと舞台の雰囲気も変わってくる訳で、間をずらしたり、アドリブを入れたり、押したり引いたり。。。

演者とお客さんが一緒に笑って、手を鳴らし、時には緊張に息を呑み、最後には楽しく踊って、気付いたら会場が一体となっている。

今回の【息吹】はお客さんが居てくれて、会場が1つになり、はじめて成立する作品です。
特に、花まつりでは全員が主役。
舞台に上がってくれた皆さん、ありがとうございました!!

そして、今回足を運んでくださった方で舞台に上がれなかった皆さん!次回は自ら赴いて下さいね!

当然、始まりがあれば終わりがある訳でありまして。。。
感傷になど全く浸っている暇はありません!

今回の作品のコンセプトでもある《新世代の息吹》
今後もたくさんの作品が生まれる中で、この【息吹】で培われものがきっと力になるなるとおもいます。

これからも一人一人が輝き、客席との境界線を感じさせない舞台を目指していきます。

この作品に関わってくださった全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

次の作品の構成・演出は鬼頭孝幸です。
また、息吹とは全く違った舞台になる予定なので、楽しみにしていて下さいね!

|

« 猿爪区夏祭り | トップページ | 息吹~IBUKI~東京公演バスツア~ 皆で浅草・築地観光 »