« 2018年10月 | トップページ

2018年11月

2018年11月18日 (日)

東薗目花祭り

毎年、花(地元の人たちは花祭りのことを親しみを込めて「はな」と呼びます)がやってくると1年ってあっという間だな〜って感じます。
例年に比べて今年はとても暖かい、、!!
少しだけもの足りなさをかんじます。



昨日から始まった花祭。


午前中に終わらなかった準備。




午後からは神事。
志多らの上にある熊野神社の境内にて神事と浦安の舞が奉納されました。
そして、神様を舞庭にお迎えしました。


その後、宮渡りを行い神様を舞庭へお迎えしました!



舞習いからたくさんの人が集まり、少し緊張している人や、ああ〜今年も花の季節がきたぞ〜!そんな花を待ちわびている言葉が聞こえたり、とにかくみなさん、もちろん私も花祭りが大好きなんだと再確認しました!



いよいよ今日が本舞です。
大切に受け継がれている花祭りに私も住民の一人として参加できる喜び、感謝を胸に臨みます。



とっても、楽しみです!

|

2018年11月17日 (土)

東薗目花祭り 準備・神事

いよいよ今日は花祭りの準備と神事。
今は、会場の準備が着々と進んでいます。

村の皆さんと協力して、作業もしつつ、色々なお話に花が咲きつつ、とっても楽しい時間が流れています。


衣装やお面もずらりと並んで、なんだかワクワク!綺麗にお掃除された鬼たちは、今か今かと出番を待っているようです。


さあ、いよいよ花本番!
今年はどんな花祭りになるでしょうか。
楽しみです!

|

2018年11月16日 (金)

東薗目花祭り 舞習い

寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか
今年も無事に終わりました、東園目舞習い。

先週の土曜日から、地元の方に色々教えていただきながら、子ども達も日曜日の本番に向けて一生懸命舞っていました。
去年に比べてしっかりと舞っていて成長した姿が見られました。
1116_1

私は去年に引き続き「順の舞」を舞います。
地元の方に教えてもらい毎日学びながら参加させていただきました。
1116_3

日本の伝統を受け継いで、今年の花祭りも楽しんで行きたいと思います!!

|

2018年11月15日 (木)

第16回 神恩感謝 日本太鼓祭 2日目

全国各地からプロ・アマ太鼓チームが集まった日本太鼓祭り。

今年も盛大に幕を閉じました!!

この伊勢の地・・神聖の場所にて今年も奉納演奏ができ僕は感無量でした!
1115_2

今回の日本太鼓祭りでは色々な太鼓チームの方々と交流をさせて頂きました。

みなさん おひとり、おひとりがこの和太鼓にどんな感情や気持ちを込めているかなど色々な思いを話して頂けました。
そのことが、凄く勉強になり今後の自分の糧になりましたし、刺激をもらった2日間でした!

また志多らにて初心を忘れず大好きな和太鼓に向かっていきたいと思います。
1115_1
そして、今週末は、志多らが最も大切にしている日、東薗目の花祭りがあります。
ぜひ、僕たちの住む東薗目で花祭りを感じていただけると嬉しいです。

|

2018年11月11日 (日)

第16回 神恩感謝 日本太鼓祭

今年も全国から、プロ・アマを問わず、選りすぐりのグループが伊勢の地に集結しました。


我々も、その錚々たるメンバーの中に、毎年出演させていただき、有り難い限りです。


この伊勢の地では毎回、本当に沢山のご縁をいただきます。



年に一回、この太鼓祭で再会できる出演者やスタッフの皆さん。

この伊勢で志多らを知ってくれた方や、今日初めて志多らを知る方。

今年はどんな出会いがあるのか、とても楽しみにしながらやって来ました。

昨年は、あいにくの悪天候で規模の縮小や中止を余儀なくされただけに、今年の盛り上がりは凄かった!


どこの会場も人・人・人!!!

それぞれのグループが、それぞれの持ち味を遺憾無く発揮し、会場を沸かせました。

我々も当然、持てる力を全て出し切りました!






特に、おかげ横丁 太鼓櫓では
超接近戦でライブ感たっぷりのステージでした。

えっ??このスペースで煮渕!?
と感じた方も多かったと思いますが、
やるんです!このスペースで!煮渕を!!


3方向をお客さんに囲まれて、
後ろでは次の出演者さんやスタッフさんが待機。

ん〜、なんだろう。
何かこう、言葉では言い表せない、包まれるような温かさをひしひしと感じる。。。

あっ!会場中が一つになるって、こういう事かっ!と改めて感じつつ、
幸せに溢れた30分があっという間に過ぎました。

【夢中】とはよく言ったもので、本当に夢の中ような時間でした。



出演者・スタッフの皆さん、ありがとうございました!!!


|

ええじゃないか!豊橋和太鼓フェスタ

今回で10回目をむかえる、ええじゃないか!豊橋和太鼓フェスタ。
沙知、元、駿亮、百華の4名で出演させていただきました。


このフェスタでは、豊橋市の27団体の和太鼓グループのみなさんが出演されていました。

その中には志多らが指導に携わらせていただいているグループや、東栄町絆プロジェクト出演高校、公演でお世話になっている太鼓グループのみなさん、私の出身校である豊丘高校和太鼓や、百華が所属していた三河神富太鼓さんも出演されていました。

私が豊橋に住んでいた時より、太鼓団体が増え、和太鼓の演奏がさかんに行われていること、また、和太鼓フェスタが10周年をむかえられたということをとても嬉しく思います。

豊橋市は海も近く、湿原や山もある自然豊かな街です。

豊橋各地区の気候、風土をテーマに取り入れているグループや、民謡、地区のお囃子を取り入れて活動されているグループも多く、彩豊かなフェスタとなりました。

私たちは、オープニング合同曲 楽で、みなさんと共演もさせていただきました。


和太鼓の響きを通して、市民のみなさんの心が繋り、人と人との輪がこれからより深まっていったら嬉しいです。

豊橋市では、来年の1/19に穂の国とよはし芸術劇場プラットにて、志多ら30周年記念公演を行います。

志多らをあたたかく支え、応援してくださる皆さんに感謝の想いを込めて公演を行います。
皆さん是非お越しくださいね。

本日お世話になりました、ええじゃないか!豊橋和太鼓フェスタ実行委員の皆さん、足を運んでくださった皆さん、ありがとうございました。



|

2018年11月 9日 (金)

総社市民文化祭 和太鼓フェスティバル2018

皆さんこんにちは。
もう11月ですね!
志多らの秋はあっという間に過ぎてくんですよ。毎日演奏、演奏後には稽古。
朝から晩まで太鼓漬けの日々を送るのが志多らの秋です。
紅葉、まったりみたいな〜。

そんな中、岡山での演奏がありました。
夏に合宿にいらっしゃった備中温羅太鼓さん主催の和太鼓フェスティバルにゲストとして参加させていただきました。

総社という地で活躍されている温羅さん。
僕にとっては子供の頃からの憧れの存在です。
岡山県には和太鼓連盟があり中学生の頃から僕はこの連盟のみなさんにお世話になりました。

連盟の会長でもあり
備中温羅太鼓の会長の
塩尻司さんは今もなお、僕のことを支えて下さるとても心強い方です。
会長と同じ舞台を踏めることのありがたさを感じながら、貴重なひとときを共有しました。
岡山で太鼓を叩けば、
子どもの頃のようにいつもたくさんの方々が声をかけてくださります。
「よかったよー」という声もありますが、「まだまだだなぁ」とか「こうしたほうがいいんじゃねーか?」と、アドバイスも昔からの感覚で皆さん僕に接してくださります。
そんな岡山の方々に支えられているんだなと改めて気づかされ、大切な仲間だなぁと思わせて下さる方々です。

今回は志多らの「旅空」「息吹」を温羅太鼓さんとコラボして、最後には温羅太鼓さんの曲「ええとこ囃子」に志多らも加えていただき演奏しました。
学生時代の感覚と志多らに行ってからの感覚が一つになった。そんな僕の中では気づきがある舞台でした。

忘れていたものを思い出し、
また新たな発見を見つけ、
大切にしていかなければならないものを改めて気づかせてくださりました。
本当にありがとうございました。
備中温羅太鼓さん、
岡山太鼓連盟の皆様、
また岡山で成長した姿を
お見せできるよう、
頑張ります^ ^

有難う御座いました!
1109

|

2018年11月 7日 (水)

第30回東栄フェスティバル

11月に入り日に日に気温も下がってきて、いよいよ冬本番に近づいてきましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。
東栄町では町全体が少しづつ花祭りムードになってきました。

そして‼️
花祭りシーズンの始まりと言えば「東栄フェスティバル」 

ご存知の方も多いかもしれませんが、毎年11カ所ある町内の花祭り保存会の中から2、3地区が実演を行う花祭りのダイジェスト版でシーズンの始まりを告げるイベントなんです。
そんな「東栄フェスティバル」ですが、今回でなんと30回目ということで、今までとは一味、いや、二味も違ったスペシャルバージョンとなりました。

まずはなんと言ってもステージ。
花祭りの舞を舞う場所のことを舞庭(まいど)と呼ぶのですが、今回はお客さんが360度どの方向からも見ることができる特別メインステージを設置しました。
志多ら演奏でもこちらのステージを使用しました。普段は正面から見ていただく事が多いのですが、360度なのでどこから見ても楽しめるような演出で今までにない臨場感を味わっていただけたのではと思います。
1107_2
東薗目の花祭りで奉納している「志多ら舞」も今回は特別バージョンで奉納しました。

そして今回のメインイベントは11地区の榊鬼の揃い踏み‼️

そうも言われてもなかなかピンとこないかもしれませんが、過去700年余りの歴史の中で例を見ないことなんだとか、、、

もう、2度と見る事ができないかもしれないという事で各保存会の方を始め会場の全員が固唾を飲んで見入っていました。全ての榊鬼がメンステージに登った瞬間は割れんばかりの歓声が巻き起こりました。
1107_3

イベントの最後は恒例の湯ばやし!
1107_1
今年は志多らがある東薗目地区の担当で、私も舞わせていただきました。お客さんも含め会場全体で盛り上がる花祭りが再現できたのではと思います。

このイベントが終わるといよいよ各地区で花祭り行われます。私たちの東薗目は11月18日(日)午前8時ごろから東薗目老人憩いの家で開催します。皆さん是非お越しくださいね!

|

2018年11月 3日 (土)

オータムフェスティバル

りなです。
11月に入り、昨日は、新城ラリー前夜祭、今日は、東栄フェスティバル、明日は総社市民文化祭 和太鼓フェスティバル2018と毎日演奏させていただいています。

10月最後の日曜日は、オータムフェスティバル知多南部集会 「夢と希望の学校」が私の母校である日本福祉大学付属高校で行われました。

18年も前から愛知県の私学に通う高校生が主体となって愛知県のさまざまな場所で行われています。
今年もゲストとして志多らをよんでいただきました!

知多南部集会ということで、武豊を拠点に活動されている合唱のみずすましさん。
日本福祉大学付属高校 和太鼓部の楽鼓
そして美浜町立奥田小学校の小楽鼓のみなさん。
とても馴染みの深いみなさんが出演されました。

楽鼓のみなさんとも"楽"と"結心"で共演!



またこれからもたくさん共演ができるといいなと思います。
皆さんも、お楽しみに!!!


|

« 2018年10月 | トップページ