« 12月 野外演奏 パート1 | トップページ | HORAI×志多ら 言魂ワークショップ »

2018年12月11日 (火)

12月 野外演奏 パート2

8日に行われた「かだ冬まつり」
1211_1

隣町「愛知県北設楽郡設楽町」の神田(かだ)地区の冬の名物詩。イルミネーション。
毎年この「かだ冬まつり」で、イルミネーションのお披露をしています。
1211_2
このイベントを企画・開催していたのが、宮本典幸さん。
チェンソーアートをこの奥三河で広められた一人。また現在は、間伐材利用の一環としてランプシェード作品に力を注いでいます。
神田地区にとどまらず、設楽町や奥三河が元気になるように。と地元愛あふれるとても穏やかな宮本さん。そのお人柄だからこそと感じますが、いつも周りにはお仲間がいらっしゃいます。

今回の冬まつりでも、宮本さんご家族はじめ有志のみなさんのご協力のもと、温かいおしるこなどが振舞われました。外は凍てつく寒さでしたが、会場の雰囲気はとってもあたたか。集まってくださったみなさんのまなざしや拍手もとってもあったかかったです。
1211_4
一気に冬の気温になったこの日、澄みわたった空気の中、篠笛や太鼓の音をみなさんにお届けできたことがとても幸せでした。
1211_3
 
そして、お花畑に現れた雪山のイルミネーションもとても輝いていました。
設営までの様子は宮本さんのブログをご覧くださいね。
http://mosika1.hamazo.tv/

今年で冬まつりは幕を閉じます。志多らもいつも関わらせていただき、設楽町のみなさんのやさしさをたくさんいただきました。山間の野外だからこそお届けできた和楽器の響きがいつまでもみなさんのこころに残っているとうれしいです。
1211_5
イルミネーションは、来年1月10日まで点灯されています。奥三河へ来た際はぜひお立ち寄りくださいね。

|

« 12月 野外演奏 パート1 | トップページ | HORAI×志多ら 言魂ワークショップ »