« 全国ツアー たすき 新城公演 | トップページ | 全国ツアーたすき 磐田公演 プロモーション »

2019年8月 1日 (木)

全国ツアー「たすき」 新城公演・初演

10年以上も胸に抱いてきた 「全国ツアー演出」という夢が、いよいよ実現した瞬間でした。

幕が上がる5分前、リーダーからの「ひとまず、お疲れ様」のハグで涙腺崩壊してしまったのはここだけの話。
0727-7

形のないものをつくり上げるその過程で、いつまでもゴールが見えませんでした。
「幕が上がったその瞬間、演出家としてのゴールだ」という言葉で、一気に救われた気がします。
もちろん、これからここからなのはわかっていますが。
ひとまず、です。

さて、
”たすきをつなぐ”
このたすきという言葉に込めた想いを、少し語らせて下さい。
東栄町に古くから伝わる花祭り。
730年という歴史を持つこのお祭りが現在も残っているのは、当然受け継がれてきたからです。
そして大切なのは、それを先人たちが絶やすことなく繋いできたからということ。
今回は「受け継ぐ」ことよりも、「繋げていく」ことに観点をおき、演出に挑みました。
※ネタバレしたくないので、内容に関して多くは語りませんよ!

志多らは30年という歴史の中でどんどん人が入れ替わり、今が3代目とされています。
主に演出や作曲を手がけ、多くの名曲を産み残した前リーダー(藍羽さん)が抜け、自分たちで”つくる”しか新しいものが生まれてこない状況となりました。
煮渕やとんびなどの「志多らと言えば!」という楽曲を演奏することはお客さんはもちろん、僕自身も安心できます。
僕の勝手な見解ですが、長い時間をかけ世代を超えて育てられてきたこれらの曲は、そのものに力があります。
そこに頼っていては、いつまでも自分の表現が身に付かないと。
出来立ての曲はあまりにも不安定で、見る側もやる側もハラハラドキドキ・・・
だからこそより真摯に向き合い、考え理解し、慣れない表現のために必要な技術を身に付けることが求められます。
つまり、曲に育てられる のではなく 曲と共に成長することが、一人一人のレベルアップにつながると考えています。
0727-5

歳も経験も若いメンバーが半分を占める現在・・・彼らが力をつけることが、これからの志 多らにとっても大切なことだと思います。
行き着きこだわったのは、自分たちだけでつくった新たな曲だけでの構成、演出に挑むこと。
0727-6

当然「挑戦」的要素盛り沢山の今ツアー、初演に関してはまだまだ不慣れな点も多く、新城の温かなお客様に助けられて成り立ったものだと心から感じています。
0727-1

たすきを通して多くを学び、志多らの舞台表現の新しい可能性を広げていくことこそ、このツアーの真意です。
そして「新しい」の中にも必ず「志多ららしい」という本質を忘れず、後輩たちへと伝え続けること。
まさに日本の伝統文化、祭りに通ずるものを感じました。
30年という歴史がある志多らも、もう立派な伝統だと思っています。
この志多らという伝統を”受け継ぎ、繋げていく”想いを、時代と共に変化する祭りというテーマにのせて、今回の舞台をつくり上げました。

人と人、人と土地をつなぐその中心には、昔から祭りが存在します。
0727-3
この舞台で、人の繋がりから生まれる熱気、活気、温かみを感じて頂き、誰もが心にある故郷に想いを馳せてもらえたら・・・
そんなメッセージもひっそりと込めてありますが。。。
伝わるように頑張りますっ(汗)


いつかは「人と人との繋がりの中心に志多らがある」
僕たちの演奏が、人の輪(和)を結ぶ「たすき」となれますように!
いや、なってみせます!

ちなみに 若者が と言いましたが、先輩陣もまだまだまだまだ譲る気なしで燃えていますので。
みんなで一丸となって、未来の志多らをつくっていきます!!
今後のたすきの変化を、見守っていて下さい。
無事に初演を迎えられたことにホッと一息・・・
つく暇はありませんね!!
ここからは演出家としてではなく、演者としてたすきに臨みます!!

新しいものばかりに目を向けているわけではありません。
同時進行で「いのちの力」というツアーも行っています。
こちらは The・志多ら な舞台となっておりますので、どちらもお楽しみください。

0727-2

|

« 全国ツアー たすき 新城公演 | トップページ | 全国ツアーたすき 磐田公演 プロモーション »