« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月27日 (金)

師走2019 東栄公演

皆さん、こんにちは。杉浦駿亮です。
ついにこの日がやってきましたよ!

先日、12月22日 花祭り会館で『師走 東栄公演』が開催されました。師走公演は、年内最後の公演というわけで、いつもとは一味違った演奏を毎年お届けしています。今年は新曲披露、クラシック、ポジション総入れ替え、志多らが指導させていただいている太鼓団体の曲のアレンジなどなど…例年に比べてとても新鮮な気持ちで演奏させていただきました。
 
今回、自分のなかで特に心に残ったのがやはり新曲「激火」です。この曲は僕の同期である武田育巳が作曲して、大脇元 奥村唯の4人で編曲していきました。曲を作るというのは初めての試みで、何度も心が折れかけました。それでもこの4人で連日連夜、共に曲を作っていきなんとか舞台で披露することができました。改めて曲を作り出すことの大変さを思い知ることができました。今後、別の公演でもこの曲を演奏できるようにしていきたいのでみなさん!楽しみに待っていてください。
 
毎年、この師走公演を終えるともう年末なんだな、と実感することができます…
それではみなさん、残り少ない2019年を思い残すことがないようお過ごしください!

|

2019年12月21日 (土)

師走2019 新城公演

こんにちは!
武田育巳です!
昨日、師走公演が新城文化会館にて
行われました!
今回の師走公演は、今までの師走公演、
いや、志多らの公演とはまったく違った公演となっているのです!
志多らの師走公演と言えば新曲発表!
今年は自分も作曲に挑戦し、
若手4名で打ち込みました!
夢に描いていた作曲、
そしてそれを演奏し
一つの曲を出すのにどれだけ大変なのかが
それでもまだまだここからが大変なのか。
先が楽しみです!

1221-1

そしてもう一つは
志多らと関わりのある各他団体曲をcover!
haco☆(ハコスタ)(愛知県豊橋市)さん、八名っ鼓クラブ(愛知県新城市)さん、夢幻の会(香川県高松市)さんのあの曲を!
クラシック、パーカッション楽曲からあの曲を!…
そしてそしてもう一つは…????

 

あの曲って?
???は何??
気になった方は
ぜひぜひ明日の師走公演
東栄町にてお待ちしてます!

 

今年の師走公演も
新しいことに挑戦!!
僕たちにとっては全て新曲のようで
とっても新鮮でハラハラドキドキ

 

さぁ明日も楽しもうかな^_^
みなさん是非東栄町にて
お待ちしてまーす!!!

1221-2

|

2019年12月18日 (水)

いのちの力 京都公演 ワークショップ

皆さんこんにちは!
12月も中旬に入りましたが、例年より暖かい日が続いている東栄町ですが皆さんのお住まいのところはいかがでしょうか?

さて、今回は京都へ行ってきました!!!!

なぜ京都かと言いますと、、、1月12日の「いのちの力」京都公演にて京都府にある京都橘中学高等学校和太鼓部の皆さんと「結心」を共演をするんです!
その合同稽古のために行ってきました!
私自身、高校時代に京都橘高等中学校の和太鼓部と交流がありお互いの学校で合宿をしていました。
部長だったこともあり、顧問の先生やコーチの方にもお世話になっていました。
 
そんな、和太鼓部の皆さんですが全国大会にも出場して最優秀賞を獲るほどの実力校です。

稽古の最初に見せていただいた代表曲「京の四季」では和太鼓だけでなく尺八、篠笛、唄などを使い高校生らしい爽やかな演奏をしてくれました!

そして、「結心」!
初めての曲ということもあり悪戦苦闘しながらの稽古でした。
1218-3
稽古の中でも志多らのメンバーだけでなく顧問の先生やコーチから熱い助言もありながら4時間にもおよぶ稽古で良い仕上がりになりました。
1218-4

最後には和太鼓部に代々伝わる合言葉「心はひとつ!」の掛け声でパシャリ📷
1218-2

高校生の迫力ある演奏をお楽しみに!

 

 

 

 

|

2019年12月12日 (木)

山紫水明リハーサル

10日は12月21日(土)に豊橋市民文化会館ホールにて行われる、山紫水明のリハーサルに行って来ました。

今回も素晴らしい3人の方とご一緒出来ることとても光栄ですし、とっても嬉しいです。

その3人とは・・!!
箏、杉浦充さん
笛、尺八、佃康史さん
津軽三味線、加藤訓栄さん

そして
太鼓は私,宮﨑が務めさせて頂き!

この4人で山紫水明ライブ行います。

僕はこの山紫水明に参加して今回で3回目です。その3回とも凄く刺激をもらっています。
この日は佃さんが忙しく欠席でしたので3人でリハーサルを行いました。

1212-1

リハーサルは初めは手が震える程の緊張でしたが、凄く楽しく勉強になったリハーサルを行うことができました。

1曲.1曲が凄く良い感じに仕上がりました。

本番がホントに楽しみです。
1212-4

この山紫水明の前後には志多ら師走 新城公演・東栄公演もあります。

是非お越しになれる方は!
12月20日、師走、新城公演
12月21日、豊橋、山紫水明
12月22日、師走、東栄公演

3日間楽しい演奏が見れますのでお越し下さいね。

山紫水明のチケット予約、お問い合わせは
生田流琴曲、峰と海の会
tei&fax:0532-69-1967いっぷく亭
tei :0533-84-0275(10:00~17:00)
までお問い合わせ下さい。
1212-2 1212-3

|

2019年12月11日 (水)

全国ツアー いのちの力 高松公演

みなさんこんにちは!唯です。
あっという間に12月ですね。
気づけば今年最後の全国ツアー。公演場所は私の愛すべき地元、高松です。
1211-8

今回は私が学生時代から、ずっとお世話になっている地元のチーム、和太鼓集団 響屋さん
1211-1
と 和太鼓集団 夢幻の会さん
1211-4
をお迎えして、いのちの力特別バージョンでお届けしました。

響屋さんとは「KAGURA」、
1211-2  1211-3
夢幻の会さんとは「疾風〜屋島の戦い〜」
1211-6
をコラボレーション!
一緒に演奏している時や、響屋さん、夢幻の会さんの演奏を見ている時の、なんだか懐かしい感覚。
あーこの音、高松だー!これこれ!なんて思いながら、すごくすごく嬉しくて、舞台袖で1人ソワソワ、ウズウズ。
(我慢できず、そっと掛け声で参戦。)


香川を離れた今も、気にかけてくださり、おかえりと温かく迎えてくださること。
そして、和太鼓を通して繋がって、絆が強く、深くなっていくことを本当に幸せに感じました。
みなさん、ありがとうございました。

高松公演は、来年も予定しています。
次回も高松の皆様に、パワーアップした演奏を届けられるように、気合いを入れ直して。
頑張るぞー!
1211-7  

|

2019年12月 5日 (木)

赤塚高仁さん来山

赤塚さんは志多ら結成前からご縁があり、
"ロケット開発の父" 糸川英夫博士とともに志多らを応援してくださっていました。
S__23650307

全国各地での講演会や、イスラエルと日本を友好的に繋ぐ橋渡しなど、毎日多忙な日々を送られている赤塚さん。

本人は散歩のついでに来たよ〜!
とおっしゃっていましたが、忙しいスケジュールの合間を縫って、
志多らのメンバーに会いに来てくれました。

赤塚さんのお話は毎回、目から鱗が出るほどの
面白い話ばかりで、
今回も糸川英夫博士の話やThe Beatlesのimagineの話などをして下さいました。

そのなかでも心に響いたのは
【太鼓を打つ者の誇り】の話でした。

世界に誇れる日本の伝統楽器である和太鼓。
その和太鼓で観衆の心を打つためには、
演奏者自身の内面的な成長が不可欠。

そのためには和太鼓が発祥した母国、
日本を誇れる事が必要。
しかし、今の自分は日本の事を実は何も知らない。

いつ国ができたのか、なにを大切にしてきた民族なのかなど、自分の生まれ育った国の事を語れないのは世界でも日本人だけ。

自分たちは日本の伝統文化を生業にしているのに、あまりにも日本の事について知らない事が多すぎる。
過去を知り、歴史を学び、はじめて今を生きている自分たちのやるべき事が分かる。
そういった事を改めて教えて頂きました。

心に響く演奏をするためには、
表面のパフォーマンスだけを磨くのではなく、
内側から滲み出る温かみのある音を目指したい。
そう思うきっかけとなりました。

知らない事を知る楽しさ、喜びに触れるひとときでした。 

S__33914887

|

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »