« 2019年12月 | トップページ

2020年1月

2020年1月21日 (火)

全国ツアーたすき 豊田公演

みなさん、こんばんは。
はい、年明けから初投稿になります杉浦駿亮です。
今年も全国ツアーをガンガンお送りさせていただきます!
 
さて、そんな今年1発目の全国ツアーたすき」は私の地元、愛知県豊田市で開催されました。
やはり自分の地元で演奏するというのは、少し新鮮なものがありました。
0121jpg-8

この豊田市民文化会館でツアーを開くのは、実に2年ぶりとなりました。
地元の太鼓団体で自分が志多らに入座する前に所属していた、「松平わ太鼓」の皆さまにも協力していただいて、この豊田公演は大成功を迎えました。
0121jpg-15

足を運んでくださったお客様の中にも、学生時代からの知り合いや、自分のことをよく知っている方まで多く見えて改めて、自分は沢山の方に支えて貰っているのだなと実感することができました。
とても貴重な経験を得ることができました。
 

さて、そんな「たすき」次の公演は1/26豊橋市で開催されます皆様ぜひ、お越し下さい!
会場でお待ちしております。
0121jpg-13

|

2020年1月16日 (木)

いのちの力 京都公演 てほへバスツアー

昨日の利奈ちゃんのブログにて紹介した「いのちの力 京都公演」では、バスツアーも導入!
愛知県からバスで、顔馴染みのお客さん達が駆けつけてくれました。
同じホテルに宿泊し、公演翌日は一緒に京都の嵐山を散策。
クジによる班分けでしたが、僕の班は・・・
女子 女子 女子 女子 女子 僕。
0116-2
気分は完全に女子会。
「時間が足りな〜い!!!」と言うくらい充実して楽しかったです。
0116-3

そのまま、公演で共演した京都橘高校に向かい、日本福祉大学付属高校(以下 日福)両校の交流会にゲスト参加させて頂きました。
この二校の和太鼓部は、毎年各県を代表して全国大会に出場している強豪校。
僕も日福出身なんですが、当時の橘高校は僕にとって、ただただ”ライバル”・・・
二校の交流が始まったのは、僕が卒業後の話です。
その後13年間、愛知と京都と交互で毎年交流を続けています。
それにしても、本当に仲良し。
距離があるにも関わらず、時にライバル、時に刺激し合える良き仲間として素晴らしい関係を築いていました。
0116-4
羨ましい〜!
高校生の演奏を見ていると、
純粋に太鼓が好き!楽しい!
と言う、ついつい忘れがちな気持ちを思い起こせてくれます。
いつもの応援団の皆さんに改めて感謝しつつ、新しい繋がりに喜びを感じ、幸せいっぱいな二日間でした。
0116-1
1月、2月はもう一方のツアー「たすき」も本格的にスタートします。
志多らに会いに来て下さい!!!

|

2020年1月15日 (水)

全国ツアー いのちの力 京都公演

みなさんこんにちは
新年明けましてまずはじめの全国ツアー!      
いのちの力 京都公演が1月12日ロームシアター京都にて、行われました。
0115-10

地元太鼓チームのみなさんとの共演がある、『いのちの力』公演。
今回は、京都橘中学高等学校 太鼓部のみなさん。そして日本福祉大学付属高校 和太鼓部楽鼓(らっこ)のみなさんと共演をさせていただきました。
0115-6
楽鼓のみなさんと13年前より交流のある京都橘中学高等学校のみなさん。今年は11日より京都橘高校で合同合宿をされていて、その中で私たちの舞台で両校一緒に共演しました。

今回共演した「結心」という曲は、毎年3月に愛知県の高校和太鼓部が集まり行われる『つながろう!愛知希望の音in東栄 和太鼓 絆プロジェクト』の為に作られた曲です。
0115-5
(リハーサルの様子です。)

学校も学年もちがう生徒たちが心と心をつなぎ、未来へと進んでいってほしいという思いがこめられています。
二校のみなさんの絆がより深まった『結心』だったと思います。
私自身も4年前まで、同じように交流をしていましたが、志多らに入座してまさかこんな形で関われるとは思わなかったので、とっても幸せな時間でした。
こうして和太鼓で出会った人々そして、人と人とのつながりを大切にしていきたいと改めて思いました。

また、京都府で志多らが全国ツアーを行うのは今回が初めてでした。
0115-1

0115-11

ほとんどが志多らを初めてみるお客さんが多かったのですが皆さんとても温かくて、最後の花まつり志多ら舞では会場一体で盛り上がることができました。
0115-3
また、京都に戻ってきたいです。
0115-4

次は、日曜日
全国ツアーたすき 豊田公演です!
みなさん、ぜひお越しください!

|

2020年1月12日 (日)

『じもサタ。』出演!

 1月19日(日)の全国ツアー『たすき』豊田公演のPRの為、ケーブルTV局ひまわりネットワークさんの『じもサタ。』に出演してきました!
豊田市出身の杉浦駿亮と2人での出演。演奏シーンは事前収録でしたが、トークは生放送だったので入念にリハーサルをし、いざ本番!

駿亮の地元ならではのトークも交えながら、和太鼓の魅力、『たすき』に懸ける想いをお話しさせていただきました。

受け継がれ、育まれてきた伝統、人の輪のたすきを、未来へと繋ぐ。
『たすき』豊田公演は1月19日(日)18時より、豊田市民文化会館にて行います!
志多ら渾身の響きを体感しに会場にお越しください!
S__14385159

そして、本日はもう一作品の『いのちの力』京都公演です。京都橘中学・高等学校 太鼓部、日本福祉大学付属高等学校和太鼓部 楽鼓のみなさんと音を紡いでいきます。

|

2020年1月11日 (土)

「お正月ものき山で遊ぼう!!」

みなさん こんにちは。
毎日寒い日が続いていますね。最近はランニングコースが凍るほどです…。

先日5日、今年最初ののき山イベントが行われました。

題して、「お正月ものき山で遊ぼう!!」
毎年行っているイベントですが、今年は志多らのメンバーも参加させていただきました。

空き箱での獅子づくり
0111-1 

0111-2
やもちつき、書初めなどを行いました。

みんなでついたもちはのびる のびる!

0111-3
好きな味をつけておいしくいただきました。

そして今回私は、書道パフォーマンスをさせていただきました。
実は、高校生の時、書道部だったからです。

“笑う門には福来たる”という字を書きました。
0111-5

1年間みんなが笑顔で過ごせますように、志多らがたくさん笑顔を届けられますようにという想いをこめて書きました。
高校生の頃には、CDの音源に合わせて書いていましたが、今回は、太鼓の生演奏で書きました。
0111-4
「和」の融合は相性バッチリでした。
いつかまたレベルアップしてお見せできたらいいなと思います。

今年もたくさんのイベントを行いますので、ぜひ、東栄町体験交流館 のき山学校にお越しください。
お待ちしています。

参加者の皆様 ありがとうございました。

|

2020年1月 7日 (火)

のんほいパーク 新春記念 2日目

みなさんこんにちは!唯です。

のんほいパーク2日目もお天気に恵まれて、沢山の方に集まっていただくことができました。

なんといっても、皆さんとの距離の近さはのんほいパークが一番。
なんとなく子供たちがジリジリと迫って来るのを感じながらの演奏は初めてでした!
太鼓に興味津々な子供たちの反応が楽しくて、楽しくて、、、計4回の演奏も毎回新鮮でした。
たたこうコーナーも、ちからいっぱい太鼓を打ち鳴らしてくれましたよー!

0107-1

また、昨年のんほいパークで志多らを見て、1年間たのしみにしていたと言ってくださる方も。
年始にこうした出会いがあることを幸せに感じながら演奏させていただきました。

2020年はどんな年になるかな?どんな出会いがあるかな?
きっと私も獅子に噛まれたので良い1年になると思います!

今年も皆様と楽しい思い出をたくさんつくっていきたいとおもいます。
よろしくお願い致します!

|

2020年1月 3日 (金)

のんほいパーク 新春記念

皆さんあけましておめでとうございます!

2020年最初の演奏は、昨年に引き続き豊橋総合動植物公園のんほいパーク!
お正月のイベントということで園内にはたくさんの家族連れの方や里帰りの方などたくさんのお客様が見てくださいました!

まずは、縁起ものでもある獅子。

獅子に噛みつかれると『神がつく』と言われているんです。
A844d2622d764e05938857442f0ba5f3
子どもたちは怖がりながらも「ししきてー」と叫んでいました。

途中には体験コーナーも!
多くの子どもたちがやってみたいと手をあげてくれたのですが、太鼓の数が少なく全員が体験することができず。
ですが、1日2回の演奏だったたこともあり2回目には体験できてとても嬉しそうに太鼓を打ってくれる子どももいました。
8a3b59149ba84ca0a861f0937de31e6e

最後は花まつり志多ら舞。
榊鬼も登場し花祭りの世界観を味わっていただきました。

演奏の後には餅投げ!
人生において初めて投げる側を体験させていただけたのですが、
風により思ったように飛ばない。。。(今日もあるのでリベンジします。)
E12689426b0a4d569801c8381a222806

今年の打ち初め演奏。
なにかが特別という訳ではないのですが、年の初めということもあり、いい緊張感の中での演奏になりました。
今年も、全力疾走で駆け抜けていきます!!  

|

« 2019年12月 | トップページ