« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月19日 (水)

東栄町 和太鼓 絆 交流プロジェクト「つながろう!愛知・希望の音(鼓動)inとうえい」 町民練習会

みなさん こんにちは。
寒いが続いていますが、体調など崩されていませんか?

3月15日に絆プロジェクトというイベントを東栄町にて行います。
このイベントは、愛知県内の中高校和太鼓部のみなさんに参加していただき、交流を深め東栄町を盛り上げようというイベントです。

そして、このイベントのオープニングで町民の方に「楽~RAKU~」を演奏していただきます。
昨日は、その第一回目の練習会をのき山学校にて行ってきました。
「まずは、曲を覚えよう!!」という訳ではなく…。
地元,東栄小学校で和太鼓に触れる機会があったり、東栄町の生涯学習講座「和楽器に親しむ会」があるため、皆さん“楽マスター”なのです。
02119-2
立ったり、座ったり、細かい所作を合わせる稽古をしました。
02119-1

「楽~RAKU~」は名前の通り、楽しい曲。
02119-4
皆さん全身使って太鼓を打ってくれました。
観てる人に楽しんでもらうには、まずは自分が楽しむことが大切だと教わっていきます。
02119-3
町民のみなさんは、自然とそれが伝わってきて、観ている側が笑顔になります。
https://www.youtube.com/watch?v=IDc6Lh7_-78

タチばな志多らでもご紹介しました!!
そして当日、ぜひ足を運んでいただけると嬉しいです。

|

2020年2月17日 (月)

全国ツアー たすき 四日市公演

2月15日、6年ぶり4回目となる三重県四日市での公演は、全国ツアー『たすき』をお届けしました。

0215-5
会場である四日市市文化会館の中にあるレストラン「グリル四日市」さんとご縁があり、イベントで何度も演奏させていただいていますが、この日は四日市B級グルメ“トンテキ”と美味しい豚汁を差し入れていただき、メンバー一同パワーを戴いて公演にのぞむ事ができました。
あたたかいお心遣いがとても嬉しかったです。
ありがとうございました!

さて、今回の公演では、人の輪の中心には“祭り”がある。伝統という『たすき』を受け継ぎ、次に繋げる、をテーマに時代と共に移り変わる祭りの姿を表現しています。
0215-6

私たちは、730年以上に渡って受け継がれてきた『花祭』に、住民として携わらせていただきながら創作活動を続ける中で、教わった事、感じた事を大切にしながら、ひとりひとり自分と向き合い、仲間と向き合い、太鼓と向き合い、『たすき』という舞台を創り上げています。

0215-3

お祭りを守り、伝えて、次世代へ繋げていくという事は、1人でできる事ではなく、そこに関わる人々が、先人に想いを馳せ、どう守り、伝えていくか、と想いを寄せ合いながら、紡がれていくものだと感じます。
0215-1

『花祭』をはじめ、様々なお祭りをテーマに演奏させていただいていますが、『たすき』の舞台も同様に、もとになっている芸能を守り伝えてこられた皆さんに想いを馳せ、敬意を払い、『たすき』として、どの様に表現できるか、どうしたらお客様に伝えられるか、みんなで想いを出し合いながら、取り組んでいます。
0215-2

舞台表現をする上で完全な正解や、終わりはありませんが、同じ志を持つ仲間同士でより良いものを創ろう!と試行錯誤していく過程はとても楽しく、またそこから新たなアイディア、表現に繋がっていきます。

各地での公演を巡る中で、メンバーそれぞれの成長もそうですし、『たすき』という作品も成長していく姿を、皆様にお届けしていきたいと思うと同時に、舞台を通して私たちからの『たすき』を受け取っていただけたら嬉しく思います。

四日市公演にご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

次回『たすき』の公演は、2月29日名古屋公演です。
日本特殊陶業市民会館ビレッジホールで行います。
会場でお待ちしております!
0215-4

|

2020年2月12日 (水)

愛知県高等学校文化連盟加盟校、合同練習会

2020年も始まりもう2月、最近の刺さるような寒さが苦手な宮﨑です。

先日、日本福祉大学付属高校にて愛知県高等学校文化連盟加盟校のみなさん対象に午前中は志多らの演奏、昼からはワークショップと行いました。

演奏では僕達演奏者と観客者の生徒さんという枠を外し、楽しいものとなりました。

そしてワークショップは!!
0212-4
 太鼓のワークショップ、
 
0212-5
篠笛のワークショップ、

0212-2
よさこいソーラン節のワークショップ、
 と分かれ行いました。

太鼓のワークショップではバチの持ち方、太鼓の打ち方の基本の練習と「楽~RAKU」の練習を行いました。
0212-3

0212-1

篠笛では構え方、音を大きく出す練習を行いました。

よさこいソーラン節では高校生がワークショップを行い、高校生同士が踊って、笑いが絶えないワークショップだったと思います。

生徒さん一人一人が楽しく、何事にも一生懸命な姿に凄く感銘を受けた一日でした。

そして3月15日は東栄町にて行う、和太鼓絆交流プロジェクトにも今回の合同練習会で参加した高校が出演します。

皆様ぜひ高校生の演奏も楽しみにお越しくださいね。

|

2020年2月10日 (月)

全国ツアー たすき 四日市公演 プレ企画

皆さんこんにちは。
なんだか冬が深まりすぎじゃない?と思う今日この頃。
今年も東栄町の寒さにやられ、毎日ストーブとお友達の唯です。今欲しいものはこたつです。

さてさて、2020年2月15日といえば、、、
志多ら全国ツアーたすき四日市公演が控えています。(皆さんならきっと予定に入れてくださっているはず!)

今回はこの四日市公演に向けてのプロモーション企画、グリル四日市さんとコラボレーションさせていただき、スペシャルディナーショーを行いました。
02101

美味しいご飯、志多らの演奏、大陽さんのおもしろ自己紹介、
02102
全国ツアーたすきに込められた思い、、、などなど、盛りだくさんのひととき。
普段の舞台ではなかなかお話しする機会が無いメンバーもたくさんお話させていただき、志多らのことを知っていただくとてもいい機会をいただくことができました。
舞台袖で他のメンバーのお話を聞きながら、こんなに笑ったり、ジーンと胸に響いたりしたライブは初めてで、今回の演奏を通して四日市公演ではもっと舞台を良くしたい!という思いが強くなりました。
0210
そして、その様子も中日新聞さんに紹介していただけました。

たすきに込められた思いは、先日アップした、全国ツアーたすき豊橋公演のブログ(http://shidara.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-2b515b.html )に熱く書いておりますので、是非読んでみてくださいね。

 

それでは2月15日、全国ツアーたすき四日市公演で皆 様のお越しを心よりお待ちしております!

|

2020年2月 9日 (日)

全国ツアーいのちの力 松本公演に向けて

皆さんこんにちは。

今年は雪が降らないなー。

あまり寒くもないなーと、思っていたのですがここ数日でグッと気温が下がりましたね。志多らも数日前に初雪がちらつきました。

今年は積もる雪が降るかな⁇

そんな中もっと寒い長野県からお客様がお山に来て下さりました。

3/8日に行われる全国ツアーいのちの力 松本公演の共演団体である中山太鼓連の皆様です。

松本城太鼓祭りの際にご縁を頂き、またこうして皆様とお会いできることの喜びと、一緒に太鼓を打ち鳴らすことのできる喜びを感じながら稽古に励みました。

長時間にわたり何度も何度も稽古を重ねましたが最後まで子供達も大人の方々もついて来てくださりありがたかったです。

0208-2

太鼓が大好きって気持ちが溢れる子供たちと、それに劣ることの無いキラキラした素敵な大人の方々が和気藹々と太鼓を打っている姿を見て、とてもいいチームだなとホッコリした気持ちになりました。

0208-3

松本公演まであと一カ月。

皆さん頑張りましょうね^ ^

そして、全力で同じ時間を楽しみましょうね^ ^

 

帰りも遠いのに日帰りで帰られていかれました。

東栄より寒い地へ。

我々も頑張らねば!!

 

中山太鼓連の皆様

有難う御座いました^ ^ 

0208-1

|

2020年2月 7日 (金)

「つながろう!愛知・希望の音(鼓動)inとうえい」日本福祉大学付属高校 巡回指導

皆さん、こんにちは。利奈です!

先日、3月のつながろう!愛知・希望の音(鼓動)inとうえい 絆プロジェクトに向け私の母校である日本福祉大学付属高校に行ってきました!

絆プロジェクトでは、和太鼓部楽鼓のみなさんが毎年全国大会で演奏をされている"海嶺"に私も加わらせもらいます。
私自身も高校生の時打ち込んできたこの曲を楽鼓の皆さんとまた演奏できると思うととっても楽しみです。
現在の楽鼓のメンバーには、私の同級生や後輩の兄弟がいたり、高校時代からの顔馴染みの子がいたり、
和太鼓という共通点でこうした繋がりがあることがなにより嬉しいです。

楽鼓の稽古スタイルといったら、生徒主体。
私が稽古に参加したこの日も、
「ここをこうしたらいいんじゃないか。」
「少しここを確認したい。」
一人一人が声をあげ稽古は進んで行きました。
普段楽鼓のみなさんが自信をもって輝いている姿はきっと自分たちで曲を作り上げている普段からの姿から生まれているんだなと改めて感じました。

去年の5月に行った、「全国ツアー いのちの力 半田公演」でも楽鼓OB・OGが加わり"海嶺"の共演がありましたが、
また今回は違う"海嶺"をお届けします!

みなさんぜひ、会場に見に来てくださいね!!
0207

|

2020年2月 6日 (木)

FESTIVAL DELL‘ ORIENTE 帰国

Ciao!!!
3日間イタリア•ミラノでの演奏を終え、無事日本に帰国しました!!!
S__129040389

私は初海外ということでとってもドキドキしていましたが、思っていた以上に楽しく過ごしてきました。
今回のこのイベントに参加させていただいて、日本以外の文化に触れることができ、充実した日々を過ごしました。
言葉が通じなくて多々苦労した部分もあり…。
ジェスチャーや自分の知っている単語を並べて、なんとか少しでも交流ができるようにと毎日頑張りました!

日本人の方もたくさん居て、三味線やちんどん屋の方とその場限りのコラボレーションなどをし、イタリアに日本を届けてきました!国境を越えて人と人との繋がりを実感しました。また是非行きたい!!

2月はたすき四日市公演•名古屋公演があります。今回の経験を活かして頑張りたいと思いますので、みなさん会場でお待ちしております^_^
S__36831234

|

2020年2月 5日 (水)

FESTIVAL DELL‘ ORIENTE Milano 最終日

演奏が全て終了しました。

あっという間の三日間

F56301cace8045069ea01484d298cc4b

演奏中、舞台前に来て踊ってくれる人や自ら手拍子をしてくれる人も

この三日間で日本の太鼓の音がここMilanoに響き渡ったことと思います。

個人的にはもう少し日にちがあっても
良かったかなと思います

次のorienteも、もし機会があれば行きたい

 

夜は日本の出演者の方達とピザを食べたくさんお話しをしました!

最後の晩餐ですね^ ^

475b1972bca24f54a15143942a9a0301

この三日間の出会いや演奏から学んだことを忘れずに日本に帰っても頑張ろうと思います

grazie mille

 

|

2020年2月 3日 (月)

全国ツアー たすき 豊橋公演

皆さんこんにちは。

1/26 豊橋公演が無事に終了しました!!

豊橋出身でもなければ、演出家でもない一演奏者の吉田章彦が【たすき】について語ります。

F3c57785c878420085ed962fb2e53406

今回で5カ所目となる全国ツアー【たすき】は穂の国とよはし芸術劇場PLATにて行いました。

前回の作品【息吹】千秋楽公演から
約一年ぶりとなる豊橋での演奏でしたが、たくさんの方に温かく迎えていただきました。
ご来場いただいた皆さん本当にありがとうございました。
そして、いつもご協力いただいている実行委員会の皆さん、ありがとうございました。

9c6f121bb63a4e6489c562708271da24

突然ですが、皆さんは伝承と伝統の違いはご存知でしょうか??

伝承とは、昔からあるものをそのまま引き継ぎ、守っていくこと。
伝統とは、昔から受け継いできたものをその時代にあわせた変化を加え、受け伝えていくこと。

僕が思う、今回の作品【たすき】で伝えたい事。それは。。。

『時代と共に移りゆく祭りの姿を表現し伝統というたすきを未来に繋いでいく大切さ』
です。

今回の作品では各地の芸能や、お祭りのお囃子をそのまま演奏するわけではありません。
舞台用にアレンジを加え、デフォルメをして舞台芸術作品として演奏します。
この作品をご覧いただいて、受け継がれてきた芸能や祭りの魅力、日本の伝統音楽の素晴らしさはもちろん、伝統文化のもつ《大きな可能性》を感じてもらえれば幸いです。

029bc90463744ab4b9fd33980295ee04

時代が変われば人々の暮らしも変わる。

土地の風土と密接な関係、バランスをとりながら続けられてきたお祭りが、時代と共に少しづつ変化していくのは必然ではないでしょうか。
重要なのは、『かたち』を守るのではなく『おもい』を守り伝えていくことだと、この作品を練り上げていく過程で気付きました。

志多らの拠点である奥三河東栄町に伝わる民俗芸能 【花祭】も暮らしや時代の変化と共に少しずつ変わってきています。
花祭とは本来であれは一昼夜を通して舞を奉納し続けますが、僕たちが住民として携わっている東薗目地区では10年ほど前から夜を跨ぐ事なく朝から晩までになりました。
それは人口減少や祭りに携わり支えるひとの高年齢化もありますが、一番の理由は祭りを存続させるため。
これが伝承芸能であれば夜を跨げなくなった時点で消滅してしまいます。
祭りは先人たちが大切に守り伝えてきたからこそ今があり、今を生きる我々には、次の世代に対して、伝統を受け継ぎ伝えていく責任があります。

重複しますが『かたち』を変えてでも、守り伝えていかねばならない『おもい』がある。
その1つの要素としてこの作品では
祭りの可能性を届けたいと思っています。
(あくまでも一演奏者の見解ですので、演出の鬼頭氏とは異なることがあります)

長々と書き綴りましたが、僕たちはこんな思いをもって演奏してます!!!
という事をでしたので、
皆さんには特に難しい事は考えず
純粋に舞台を楽しんで頂き、
日本の伝統もなかなかやるじゃん!!
と思って頂ければ幸いです^ ^

なにはともあれ、まだまだこの作品は続きます。

日本の伝統のように少しずつ変化を遂げながら皆さんに寄り添える舞台に育てていきたいと思います。

次回の四日市公演、名古屋公演もお楽しみに〜!!

|

2020年2月 2日 (日)

FESTIVAL DELL‘ ORIENTE

チャオー🇮🇹

イタリアの挨拶に少しずつ慣れてきた大脇元です!

いよいよ今日から3日間に及ぶ演奏です!

A170a22bc94d47b5aa09b7ec43c3027f

今回はFESTIVAL DELL‘ ORIENTEというイベントに参加してきます。このイベントはアジアを中心とした世界各国の音楽や芸能をイタリアの各地で行なっているんです。


どの国の方も個性的で魅力的!

1日に3回の演奏がありその間にはワークショップもしたり、現地の方と交流もしています。

(チンドン屋さんも来ていて突如セッション)

D1731e1fb1964ff5914d7883b894a4d8

志多らも日本代表として和太鼓文化を発信して行きます!

Ff5c8bd2068748d3ba27caa65f978539


|

2020年2月 1日 (土)

「つながろう!愛知・希望の音(鼓動)inとうえい」名古屋市立緑高校 巡回指導

こんにちは、百華です!!

3月に東栄町で行われる絆プロジェクトに向けて、先日、名古屋市にある緑高校へ指導に行かせていただきました!

初指導ということで上手く話せるかなーと前日の夜からドキドキ…。
今回は、各学校の楽曲に志多らが加わり一緒に演奏するということで、部長さんに曲のイメージを詳しく聞き、私もどこでどう加わろうかすごく悩みました。

0129
緑高校和太鼓部は男女共とても仲が良く、積極的に稽古に励んでくれました!

本番は3月15日日曜日
東栄ドームにて行います!!!
皆さんぜひ観に来てくださいね(๑>◡<๑)

|

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »