« 花とスイーツのバレンタイン By HIGASHIMIKAWA | トップページ | 第10回 YouTube LIVE »

2021年2月22日 (月)

恵の実っ子クラブ

まだまだ朝晩は強烈に冷え込みますが・・・
各所で梅の花が咲き始め、風景に彩が戻ってきましたね。
僕は濃いピンク色の花が好きなんですが、皆さんはいかがでしょうか。
 
さて、今日は愛知県豊川市にある恵の実保育園に併設されている学童「恵の実っ子クラブ」の子どもたちと和太鼓を通して触れ合ってきたお話です。
恵の実保育園さんと志多らは古くから関わりがあり、約25年前からのご縁が続いています。
今年の6年生卒業の際、発表会で和太鼓の演奏をしたい!!とのことで、二日間かけてご指導させて頂きました。 
 
僕も久しぶりに子どもたちとの触れ合い、かなりテンション上がっていたようですね。
しかしながらマスク必須という状況の中、子どもたちの表情が見えないので初めはどうしても距離を感じてしまいます。
まず”太鼓を教える”というよりは”一緒に遊ぶ”感覚で時間を過ごしました。
マスクの向こうの表情が和らいでいくの空気で感じ、だんだん心の距離が縮まっていくのが嬉しかったです。
今回は5、6年生の計8人で「楽(作曲:藍羽)」という曲を演奏することに。
その名の通り”打つ人も見る人も楽しく”がテーマの曲です。
S__26558472

発表と聞くと、どうしても間違えないように打つことがゴールになってしまいがちなので・・・
正しく打つ より 楽しく打つ ことの大切さを伝えたかったです。
和太鼓演奏に必要なのはチームワークであり、
誰かのミスを誰かが補えばいい。
誰かが間違えたって、顔を見合って笑えばいい。
最後の やーーーーーーーーーーっ!って元気に決めポーズが決まればいいんですよ。
そんな子どもらしさ溢れる演奏を目指し、終わった後に「みんなで演奏できて良かった」と思える発表になればなぁと願っています。
S__26558477
長い繋がりがありながらも、直接僕が園を訪れたのは初めてでしたが。
行く度にグランドで遊ぶ子供たちが元気に声をかけてくれ、先生たちが優しく迎えてくれる、とても良き雰囲気の場所でした。
 
恵の実っ子クラブのみんな、がんばれーーーーーーー!
よいやっさぁ!!
0222

|

« 花とスイーツのバレンタイン By HIGASHIMIKAWA | トップページ | 第10回 YouTube LIVE »