02 吉田章彦

2018年10月11日 (木)

第23回てほへ交流会 のき山市 2日目  志多ら&鳳雷

のき山市
1010_19

2日目は、
日本空手道教育研究会 志成館の町内、小学生・中学生の空手演舞からスタート
Dsc03776_2
AMは各種ワークショップ

Ⓐまきもの絵本作り(講師は、のっきぃの生みの親・志多らトラックの版画デザインも手掛けてくださった野村たかあきさん)
1011_15

1011_8               
Ⓑ第4回のっきぃ杯フットサル大会
1011_11  

Ⓒワインキーパーづくり
1011_10          

Ⓓ森の健康法おしえます1011_14       

Ⓔ森の竹笛づくり
1011_12                  

Ⓕ東栄町ハーブを使ったネイルオイルづくり
1011_7

Ⓖハーバルスチーム&ハンドバス
1011_16    

Ⓗポニー乗馬体験
1011_5            

Ⓘ石窯ピザづくり
1011_9           

Ⓙ スポーツ輪投げクロリティー
1011_18        

Ⓗ のっきぃトライアルゲーム
Dsc04154    
 

そして午後からは志多ら&鳳雷のスペシャルステージ。

2年前、大須でのFirst Liveを皮切りに、
多数のステージを経て、
着々と曲を増やし、CD発売まで漕ぎ着けたこのユニット。

活動を始めた当初は、
『和太鼓とラップでコラボなんてできるの??』と、浅はかな考えを持っていました。

しかし、そんな心配もなんのその!!

同じ奥三河のアーティスト・同じ志をもった僕たちは、
互いの持ち味が遺憾なく発揮でき、
なおかつ新鮮で、
それでいて違和感がなく、
とりわけ融合しており、
そのうえ斬新で、
とはいいつつどこか懐かしい・・・
(何が言いたいか分からなくなってきましたが。。。)

ともあれ、和太鼓とラップの新スタイルを発見しました!!

それがこのCD!!どんっ!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
101121

今回の、のき山市では、そのCD発売の記念も兼ねてのLiveでした。
1011_20

のき山学校特設ステージを縦横無尽に駆け回る鳳雷さんの立ち回りがとてもカッコいい。
1011_6

そして歌詞に愛が溢れて、聴かせるラップが心に染みる。

そして、今回のLiveを見れなかった人にも

一度は生で観て欲しい!!
なんて思っていたら、つい先日。。。

【志多ら&鳳雷  3rd Live @大須賀演芸場】
開催が決定しましたーーーーーーー!!YO!!

2019年2月11日という事以外はまだ未定なので、またホームページやFacebookをチェケラー!!でお願いします。

ちなみにCD販売は会場限定になりますので悪しからず。

まだまだ進化を続けるこのユニット。
2月のLiveでは新曲も披露する予定です!
これからの活動に乞うご期待!!
1011_4

|

2018年9月 8日 (土)

全国ツアー息吹〜IBUKI〜 千秋楽 東京公演

こんにちは!
今回のツアー作品の演出を担当しました、吉田章彦です。

昨年の7月から一年半をかけて公演をしてきた【全国ツアー息吹】
ついに千秋楽を迎えました。

信頼できる志多らの仲間たち、素敵な技術スタッフさんと共に過ごしたとても幸せな時間でした。

そして、なによりこの作品を観てくださった全てのお客さんに感謝の気持ちでいっぱいです!!

舞台照明でお世話になっている稲垣さんの言葉で、
『生の舞台はテレビや映画と違って、やり直しが効かない。それが面白い』
と仰っていました。

稲垣さんの言葉のように毎回、やり直しが効かない最初で最後の舞台と思い、新鮮な気持ちで臨みました。

その結果、全18公演中、1公演たりとも同じ舞台はありませんでした。

僕の主観ですが。。。
志多らの舞台はテレビや映画のように鑑賞するものではなく、実際に肌で体感するもの!!!!
だと思っています。

お客さんが違えば、おのずと舞台の雰囲気も変わってくる訳で、間をずらしたり、アドリブを入れたり、押したり引いたり。。。

演者とお客さんが一緒に笑って、手を鳴らし、時には緊張に息を呑み、最後には楽しく踊って、気付いたら会場が一体となっている。

今回の【息吹】はお客さんが居てくれて、会場が1つになり、はじめて成立する作品です。
特に、花まつりでは全員が主役。
舞台に上がってくれた皆さん、ありがとうございました!!

そして、今回足を運んでくださった方で舞台に上がれなかった皆さん!次回は自ら赴いて下さいね!

当然、始まりがあれば終わりがある訳でありまして。。。
感傷になど全く浸っている暇はありません!

今回の作品のコンセプトでもある《新世代の息吹》
今後もたくさんの作品が生まれる中で、この【息吹】で培われものがきっと力になるなるとおもいます。

これからも一人一人が輝き、客席との境界線を感じさせない舞台を目指していきます。

この作品に関わってくださった全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

次の作品の構成・演出は鬼頭孝幸です。
また、息吹とは全く違った舞台になる予定なので、楽しみにしていて下さいね!

|

2018年7月 9日 (月)

全国ツアー息吹~IBUKI~磐田公演

結成30年目にして、初の静岡県磐田市でのホール公演が今回の全国ツアー 息吹でした。

今回は磐田市文化振興会さんとの共催で行われ、会場となった竜洋なぎの木会館周辺の4つの小学校を巡演するプランがセットとなったプレミアム息吹!
その甲斐あって、小学校で観てくれた児童がご両親と一緒に来てくれました。
体育館で観た演奏とはまた違った舞台でビックリしたかな?^ ^
0709

そして、実行委員会の皆さんの多大なる御人力のお陰で地元磐田市民の方に多くご来場いただきました。
磐田市民に志多らの舞台は受け入れてもらえたのでしょうか??
今からアンケートでみなさんの生の声を読むのが楽しみです!

舞台の上で演奏しながら感じたのは、志多らを初見の方が多く、1〜3曲目では拍手のしどころに少し戸惑っていたように感じましたが、4曲目のあかりで会場が一体となり、最後の花祭りでは、ここは地元・愛知だったっけ?と錯覚するほどに盛り上がりました!
とにかく反応が良く、とても温かいお客様でした。
0709_2

今回の公演を通じて繋がったご縁がたくさんありました。
志多らの拠点東栄町からも2時間圏内という近場なのでこれを機に、またお邪魔させて頂きます。
できれば来年にでも!
という事で、磐田市民の皆さんまた来ます!!
そして東栄町も意外と近いので遊びに来て下さいねー!
0709_3

|

2018年6月28日 (木)

4ブロックPTA交流会

6月23日(土)
豊橋市立岩田小学校にて催された行事【4ブロックPTA交流会】

内容はオープニングに、元メンバーの久松知史先生率いる東陽中学校 音楽部の皆さんによる和太鼓演奏。

そして、
【第1部】
我らが総合統括プロデューサー大脇聡による『志多ら&てほへが受け継ぐ地域文化と新たな地域創造への挑戦』
というテーマで講演。

【第2部】
志多らの太鼓演奏。
小編成ではありましたが、普段小学校で行っている芸術鑑賞会用のステージを大人の方へ向けて披露しました。

今回は志多ら・NPO法人てほへの活動や東栄町との関わり方を理解してもらったうえで、演奏を聴いてもらえるという、なんとも素敵な内容でした。

途中には、東陽中学校とのコラボもあり、またこういった形で元メンバーと関われた事にも感動。
0628_3

元メンバーの久松先生、なんだか貫禄がでてきて、すっかり教師が板についてるよ^ ^

今回の行事では、学校関係者・保護者・地域の皆さんが、学校単位ではなく4つの学区が一丸となり協力をして、教育・福祉の向上に取り組んでいる姿が見受けられました。
人と人との繋がりの中で、多くを学び成長していく子ども達。
自分たちも、和太鼓・伝統芸能を通して、少しでも教育のお手伝いできていれば幸いです。
0628

↑翌日の新聞に、掲載していただきました。

日本の伝統文化を生業とする僕たちにとっては、将来、自分の生まれ育ったこの国に誇りを持って貰えるような大人に育ってほしいですね。

その為には、大人達が今の日本に誇りを持ち、胸を張って、俺たちの国は最高だーーー!!きゃっほーい!!
と叫べるようになりたいですね!
受け継がれてきたものの中には目には見えなく、形はないものも多くあり、そのどれもが尊い。
カタチだけでなく、その発祥の由来や、受け継がれてきた理由を伝える事で、本当の意味で未来へのバトンを渡せるのではないかと感じています。
0628_1

和太鼓を通して教育現場に関われる喜びを感じつつ、少しでも子どものワクワクを刺激する舞台を作っていこうと再確認した公演でした。

|

2018年4月14日 (土)

レジデンシー 総まとめ

志多らでの3日間の滞在を終え、次の目的地である石川県・新潟県に出発していきました。

さらばレジデンシーメンバー!
ちなみに『グッバイ』はもう二度と会えない時のお別れの言葉なので、この場面では『シーユー』って言うんだよ。と最後まで英語の間違いを指摘されつつ、電車を見送りました。
この期間で、締め太鼓の打ち込みから始まり、
担ぎ桶や鳴り物などのワークショップ。

0415_2

そしてレジデンシーのテーマ曲【Ambition】を練習し、3日目には発表演奏を行うなど、とても濃厚で充実した日々でした。
最後のワークショップを担当した鬼頭も思わず涙がポロリ。。。

来日の際に、いろいろな太鼓チームのコンサートに行ったが志多らが一番好きだー!
もっと若ければ志多らに入りたかった!
と言ってくれるメンバーもいました。

国境を越えて、異文化を学びに来くるフロンティアスピリット!
0415_1
とってもパワフルなメンバーと共に過ごした時間は僕たち志多らにとってもかけがえのない大切な経験となりました。

また来年、再会出来ることを楽しみにしつつ、英語を勉強します。
レジデンシーメンバー!また会いましょうー!
0415

|

2018年3月21日 (水)

第4回 東栄町和太鼓絆プロジェクト つながろう!愛知・希望(鼓動)の音inとうえい

愛知県の高校和太鼓部が一同に会すこのイベント。
今年も盛大に開催できました!
昨年に引き続き今年もレベルアップしており、どの学校も個性爆発で白熱した演奏を繰り広げました!

オープニング 合同曲「楽~RAKU~」
0322_1

東栄町と友好自治体提携を結んでいる大治町から、大治太鼓保存会
0322_2

桜丘高校和太鼓部 桜花太鼓
0322_3

豊川高校和太鼓部 威鳴太鼓
0322_4

聖霊中学高等学校和太鼓部 響鼓
0322_5

黄柳野高校和太鼓部 鼓虎
0322_6

東栄町立東栄小学校
0322_7

愛知県立豊丘高校和太鼓部
0322_8

愛知県立松平高校 わ太鼓部
0322_9

名古屋市立緑高校和太鼓部
0322_10

日本福祉大学付属高校和太鼓部 楽鼓
0322_11


そして、このイベントのラストを飾る曲は、合同曲【結心】
0322_12

各イベントや団体ごとに多様な合同曲が存在するのだか、この曲は全国的にみても珍しく、高校生だからこそ成しえる合同曲だと思います。

しかし4年目ともなると、初演のドキドキ感よりも、一体感や安定感が増し、見応えのある【結心】になりました。

このイベントを通して高校生が切磋琢磨をし愛知県の和太鼓レベルが向上すると同時に、東栄町の更なる地域活性化につながって欲しいと思う、素敵なイベントです。
また来年も行われますのでぜひ東栄町に足を運び、高校生のさわやかな演奏聞いてくださいね。

高校生出演者の皆さん大変お疲れ様でした。スタッフ関係者の皆さんありがとうございました。

また、来年おあいしましょう!
0322


|

2018年2月 4日 (日)

グリル四日市 ミニコンサート

現在、日本は喫茶店ブームの真っ只中。

その数は巷に溢れかえっているコンビニの約1.4倍である。

スタバがない街出身の僕。
幼少期の喫茶店といえば町民会館に併設されていたお店を思い出す。

ショーケースには料理のサンプルが飾ってあり、メニューにナポリタンは必須。
手動の扉を開くと鐘の音がカランコロン。
実はこのスタイルのお店が大好き。

最近はもっぱらオシャレなカフェが増えた。そこのコーヒーを飲むと内側からオシャレになった気分に浸れる。もちろんこっちも好きだ。

だが、昔懐かし喫茶店とチェーン店では決定的な違いがある。

このオールドスタイルの喫茶店の魅力は、落ち着く店の雰囲気や独自の軽食メニューもさることながら、必ずといっていいほど名物店主・店員がいる。
その人の魅力に引き寄せられ、その人が淹れたコーヒー、作った料理を食べたくて、客はやってくるのだと思う。

そして昔からお世話になっている、【グリル四日市】にも名物マスターがいる。

それがこちらの丹羽さん。
0204

多いときは500人、平均して1日250人ほどの来店客をもてなしている。
お客さんからリクエストがあると、その要望を受けて次々とメニューを増やし、四日市名物とんてきや日替わりランチをはじめ、丼物、麺類、パスタなど約40種の料理を提供している。
0204_6
そして、お店のマスターの枠を越えて、社会貢献や多種イベントを展開している。
10年前に初めてお会いした時から変わらず、とってもパワフルなマスターさん。

そして、ようやくここからが本題!
今回はその超元気な【グリル四日市】にて志多らミニコンサートを企画して頂きました。
0204_5
お店の上の階が会議室のため、今回は太鼓ちょこっとで篠笛・尺八中心のアットホームミニコンサート。
0204_2
0204_3
50名様限定のお食事付きコンサートでしたが、嬉しいことに上限以上の超満員で、会場はとっても賑やかでした。
0204_4
そもそも何故、今回のコンサートが実現したかというと。

志多らの全国ツアー三重公演は、四日市市が恒例。

しかし今回の息吹は初の津市にて公演が行われます。

今まで繋がりのある四日市の方にも津市に足を運ん頂きたい!!という志多らの思いを受けて丹羽さんが企画してくださいました。

グリルさんの料理でお腹を満たし、志多らの演奏で心を満たす。そんなコラボ企画!

四日市から津市は車で1時間程の距離。
今回の息吹は必見ですので、是非三重県の方には足を運んで頂きたいですね!
また、グリル四日市さんとは楽しいコラボができそうで今からワクワクしています。
皆さんも四日市市民会館を利用された際には是非、グリル四日市でお食事をしてくださいね!

ご来場頂いた皆さん。どうもありがとう御座いました。

|

2018年1月12日 (金)

国際太鼓フェスティバル in さくら市

前日の三重県伊勢市での公演から、栃木県さくら市への大移動。



楽器が大きい為、車移動を余儀なくされるのが、和太鼓奏者の宿命であります。



さて、2018年1月8日 栃木県さくら市にて第11回 国際太鼓フェスティバルにゲスト出演して参りました。





アフリカンドラムや、ちんどんバンド、和太鼓と、バライティーに富んだ出演者でステージを湧かせました。


600人の会場が立ち見が出る程の超満員でした。


0112_1







ここでホストグループの紹介コーナー!!!




今回お世話になったのは、地元さくら市に拠点を置く【喜連川公方太鼓】の皆さん。





メンバーは6歳〜70歳までの40人で構成されており、なんと週に3回もの稽古日を設けていて、県内外で精力的に活動をされています。


平成22年にはJr.チーム【喜多川公方太鼓さくら】も結成し、後継者の育成も行っている、とても勢いのあるグループです。





そしてチームの特徴は、


(吉田目線の見解なので諸説あります)


なんといっても振りが美しい。


とてもしなやかなバチさばきで、大切にしているポイントが私たち志多らと通ずるものがありました。



そして楽曲ですが、これまた特徴的です。


初期の和太鼓界に大きな影響を与え、今のスタイルの礎を築いた作曲家、藤田正典氏。


その藤田氏が作曲を手がけたとてもドラマチックな楽曲を打ちこなします。




そして、吉田目線の注目ポイントは、ミリ単位で揃っている鉢巻です!


これは見事としか言いようがありません。





是非、いろんなポイントに注目しながら喜連川公方太鼓さんの演奏を楽しんで下さいね。




またご一緒する機会があれば、次回は合同曲で共演したいと思える、とっても素敵なグループでした。





年始から素敵な出会いを頂き、連日の演奏を通して今年も良いスタートが切れました。


0112_2


|

2017年11月24日 (金)

東薗目花祭 2017

年に一度、神様と自然と人が繋がる日、花祭りがやってきました。

一週間前から舞や飾りの準備をし、この日は待ちに待った本番。
バチの舞から始まり次々と舞が奉納されていきます。
1124_1
ここ東薗目では今年から徐々にではありますが、古来より受け継がれてきた伝統を復活させようという動きがあり、飾り付けや神事の順番、舞いの所作など、地元の方が手取り足取り、懇切丁寧に教えてくださいます。

それは志多らのメンバーを、これからの祭りの担い手として認めてくれている想いの表れ。こちらも聞き漏らしの無いように真剣です。

ご存知の通り、花祭りは『国の重要無形民俗文化財』である。
この『無形』という所が大事で、受け継ぎ伝えていかなければ、それこそ形が無くなり教科書の中の出来事になってしまう。
自分達が本当の意味で祭りを受け継ぐ為には、しっかりと地域に根を張り、地元の方と交流し、記憶の中にある本来の花祭りの話を聞くことが大切になってくる。
今回は例年より多く舞習いに参加でき、いろいろな初耳話を教えてもらいました。

伝統文化は長い歴史の中で、当初の意味は失われ、形だけが残るものもあるが、
自分達が花祭りに参加し、舞台で表現している以上、カタチだけではなく、裏付けとなるものをしっかりと学び舞台に活かしていきたいと思いました。
1124_3

今後も住民の一人、受け継ぎ伝えていく担い手としてこのお祭りに携わっていきたいと強く感じた瞬間でした。
11242

|

2017年9月19日 (火)

全国ツアー「息吹〜IBUKI〜」大垣公演

満員御礼!!感謝しかありまん。
台風18号が日本列島直撃のなか始まった、全国ツアー息吹  大垣公演。
一時はどうなるかと思いましたが、無事に終演しました。
台風予報の中、会場に足を運んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。

先日、この公演のPRのために新聞社やラジオ局、ケーブルテレビに伺ったのですが、その際に必ずされた質問がありました。その内容は
『もしかして、、、ツアータイトルの【息吹】って地元の【伊吹山】からとったのですか??』
という問い。
『ん?。そうじゃないんだけど、、、だって漢字も違うし、、まぁ完全違うくもない!とも言い切れないっ!!』

といったように、その時にはなんとも曖昧な答えをしていたのですが、
こうして大垣に帰ってきてよくよく考えてみると、幼い頃から毎日見てきた伊吹山と、イブキというフレーズが自分の中に染み付いていて、心地よかったのではなかろうかと思いました。

実際このツアーの制作期間中である昨年の大晦日に、作品完成祈願を込めて真冬の伊吹山に登りました。
実はこの伊吹山、標高こそ高くないものの、積雪量のギネス世界記録 11mを持っている名山です。
そんな、険しい山を一歩ずつ登りながら、このツアーの作品で、自分はいったい何がしたいんだろう。何を伝えたいのだろうと、自問自答しながら歩いていました。
結局、作品のヒントとなるものは見つかりませんでしたが、
登頂した時の感動は、辛く、苦しかった登り以上の喜びがありました。

志多らのこれからの歩みや、今回の【息吹】も同じように、人が増えれば増える程、いろいろな価値感があり、こだわりがあり、理想があり。。。
その思いを話し合いながら、時にはぶつかり高め合いながら進みます。
けっして平坦な道のりでないく、苦労して作り上げた舞台だからこそ生まれる感動がそこはあるのだと思います。

20年程前から定期的に公演をしている大垣の皆さんに、志多らの新たな息吹を感じてもらえていれば幸いです。
Img_2505

Img_2367
<リハーサルの様子>

アンコールの際に、完全な僕の独断で、2年後の新ツアーで大垣に帰ってきますー!!
と公言してしまいました。
願えば叶うし、動けば形になると信じ、次回の大垣公演に向けていち早く闘志を燃やしている僕なのでした。
0919

|

より以前の記事一覧