03 鬼頭沙知

2022年4月29日 (金)

のき山学校 GW企画:豆がま口 キーホルダーワークショップ

東栄町体験交流館 のき山学校にて、GW期間中に行われているワークショップ。

私、鬼頭沙知が講師を務めたのは、「豆がま口キーホルダー」を作るワークショップ!

0429-2

500円玉を入れることができる、かわいいサイズにキーホルダーです。

針と糸を使わず、ボンドだけで作ることができるので、とっても簡単!

およそ120種類の柄の生地の中から、お好きな柄を選んでいただき、オリジナルのキーホルダーが作れます。

6cd89981a312416b8d7aa1c481b9d506

初日の4月29日、最年少参加者は小学2年生の男の子!

42af28bc86fa4fe6b29cfe2e3a91bda1

お気に入りの柄の生地で、とっても上手に作ってくれました。

29246828e024441c9247244d2f3db82d

5/3〜5/5まで、ワークショップを開催しています!

0429-1_20220429150201 0429-4_20220429150201

ぜひぜひ、お越しくださいねー!

|

2022年1月27日 (木)

2年ぶりの若竹荘チャリティー公演!

みなさん、こんにちは。
今季は雪の日や、身体に凍みる寒い日が多いですね…寒がりの私は湯たんぽが手放せません!

さて、1月23日、第23回 若竹荘チャリティー公演「いのちの力」が行われました。
コロナ禍の影響もあり、前回の公演(2019年11月)から約2年ぶりの開催となりました。

全国的にコロナウィルス第6波の影響が懸念される中、若竹荘後援会の皆様をはじめ、実行委員会の皆様、ご協力いただきました各関係団体の皆様のご尽力があり、無事に開催する事ができました。

舞台の幕が上がると、お客様からの温かい拍手が…
本当に嬉しかったです。

オープニングでは、豊川市で活動されている、和太鼓 颷のみなさん、豊川高等学校和太鼓部 威鳴太鼓のみなさんにもご出演いただき、「舞台に立てる喜び」が伝わってくる素晴らしい演奏を披露していただきました。

舞台を通して、同じ空間、時間、想いを、会場中の皆様と共有できるのは、とても嬉しい事だとあらためて実感しました。
S__3063824

公演タイトル「いのちの力」にもあるように、和太鼓の響きには、人が生きていくうえでの、根源的なエネルギーを波及させていく力があると思っています。

会場の皆様の温かい拍手にたくさんのパワーをいただき、一打一打に、「いのちの力」を込めて、演奏させていただきました。

ご来場いただきました皆様、共演者の皆様、開催にあたりご尽力いただきました皆様、ありがとうございました。

次回の若竹荘チャリティー公演は、11月に行いますので、また是非お会いしましょう!^ ^

そして!2022年7月からは新たなツアー「郷唄〜さとうた〜」がスタートします!
ふるさとを思いだすような、どこか懐かしく、心がじんわりと温かくなる舞台をお届けします。

新たな志多らの舞台、楽しみにしていてくださいね!

|

2021年12月31日 (金)

2021年の打ち納め!いのちの力 東栄スペシャル公演

さて、年末になると、毎年恒例の「師走公演」がやってまいります…!
1231-2

師走公演は、志多らのふるさと、東栄町の花祭会館で毎年開催しているのですが、今年は「いのちの力」の公演を二日間に渡り、スペシャルバージョンでお届けしました!!
1231-8

ちょうどクリスマスの日程、という事で…
ミツサンタさん、キトナカイを筆頭に、
1231-7
プレゼントコーナーあり、
1231-6
リズム遊びコーナーありの、
1231-3
クリスマスの雰囲気いっぱいの公演になりました*\(^o^)/*
1231-5

ふるさと東栄のみなさん、いつも会場に足を運んで志多らを応援してくださるみなさんに、この一年間の感謝の思いを込めて、お届けしました。
1231-10

お客様のあたたかさに包まれて、一音一音、その嬉しさを噛み締めつつ、打たせていただき、最高の打ち納めの演奏をさせていただきました。
1231-11

いつもあたたかく応援してくださる皆様の支えがあり、2021年は各地での演奏活動を行うことができました。ありがとうございました。

来年も志多らグループ一丸となり、ふるさと東栄から全国の方々へ元気を発信していきます!!
来年も、どうぞ、よろしくお願い致します。
それでは皆様、良いお年をお迎えください(*^^*)

1231-1

|

2021年12月 6日 (月)

同じ志を胸に〜尾道ベッチャー太鼓35周年コンサート〜

みなさんこんにちは!
いよいよ本格的な冬の到来ですね。東栄町では湯たんぽが欠かせない季節になってきました。

さて、12月5日、広島県の尾道ベッチャー太鼓さんの35周年コンサート「躍進」に、ゲスト出演させていただきました。

尾道ベッチャー太鼓さんは、1986年、鬼神に無病息災を願う奇祭「尾道ベッチャー祭り」を発信しようと結成されました。

尾道ベッチャー太鼓さんと志多らは、3年前の国宝松本城太鼓まつりでご一緒させていただき、ふるさとに伝わる祭り、人の繋がりを大切にしながら、演奏活動をしている、という共通点から、意気投合し今回のコンサートにお声がけいただきました。

共演曲「息吹」「和〜ニバル!」の稽古の為、東栄町に足を運んでいただき、交流を深めながら曲を仕上げていきました。

"感謝の気持ち、初心を忘れず精進し、ふるさとを盛り上げていきたい"という同じ志をもつ両グループ。

同じ舞台に立たせていただき、言葉ではなく、太鼓の音で会話をするように、想いを交わし、心ひとつに、演奏させていただきました。
「この素晴らしい時間がずっと続いてほしい」そんな気持ちでいっぱいになりました。
ベッチャー太鼓さんの、メンバーそれぞれの想いに触れることで、私たち志多らにとっても、「躍進」のきっかけになるようなコンサートになりました。

翌日にはベッチャー祭り縁の尾道一宮神社を参拝させていただき、この度のご縁の感謝の想いをお伝えしてきました。

このご縁が今後、より深まり、続いていきますよう、大切にしていきたいです。
尾道ベッチャー太鼓の皆様、関係者の皆様、ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

|

2021年10月12日 (火)

今こそ 岩戸を開こう

のき山市1日目は、志多らライブ「舞・打・宴〜岩戸を開くとき〜」を開催しました。

日本の舞台芸能の始まりとされる、岩戸開きの神話をもとに、お届けした今回の舞台。

八百万の神々が岩戸を開くために力を合わせたように、先行きの見えづらい今の時代に、それぞれの良さや力を合わせて、未来を切り拓いていこう、という思いを込めて演出させていただきました。

今回の公演にむけて、着物の着付けから稽古した女性メンバーたち。
1012-7_20211012153701
華やかに舞台を務めました。
1012-8

着物での太鼓、笛、舞の稽古を重ねる事で、よりしなやかな表現を、身につけはじめました。

今後、より表現豊かに活躍してくれると思います!
1012-3



1012-2

また、オープニングを飾った5名の研修生、力強い「神立風」大太鼓Verを披露した男性メンバー。舞台の根幹、土台を力強く支えてくれました。
1012-5

ライブにお越しいただいた皆様、ライブ配信をご覧いただいた皆様、ありがとうございました!
1012-9

アーカイブ配信は本日までご覧いただくことができますので、見逃してしまった方は是非ご覧くださいね。

https://shidara.zaiko.io/_item/342252

【アーカイブ】2021年10月12日(火)23:59まで
【チケット販売期限】2021年8月28日(土)10:00 ~ 10月12日(火)18:00まで

【視聴チケット】2,000円(税込)
※別途ZAIKO購入者手数料がかかります。

 

 

 

 

 

|

2021年5月10日 (月)

のき山学校 GW企画 「親子で楽しむ、手遊び歌と和楽器の音色」

のき山学校GW企画、5月4日は、「親子で楽しむ、手遊び歌と和楽器の音色」を行いました。
こちらは、未就学児を対象とした演奏会です。


0509-6
和楽器と共に楽しむ手遊び歌や、篠笛二重奏の「花詩」、最後に「てんぐとこうさく」という紙芝居を披露しました。
0509-7

「てんぐとこうさく」は、志多らの拠点としている、東栄町に伝わる民話「天狗と幸作さ」
を、もとにした紙芝居で、奥三河の伝わる花祭りが大好きな幸作と、天狗の出会いを描いたお話です。
0509-3_20210509152701

効果音やBGMとして、篠笛、和太鼓、さまざまな打楽器などを用いて、お届けしました。

初めて見る和楽器に、目を輝かせて見入る子どもたち、手遊び歌も全身で楽しんでくれました。
0509-2_20210509152701

和楽器の音色を通して、子どもたちと心を通わせられる事は、本当に嬉しい事です。

今回、未就学児に向けた内容の演奏会を行うのは初めて。
0509-4_20210509152701

保育士の資格を持つ、NPOてほへスタッフの真帆さんにアドバイスをもらいながら、部屋の飾り付けや、手遊び歌にまつわるイラスト飾り、また、パペットを使った自己紹介コーナーなど、どうしたら子どもたちが喜んでくれるかな?と、女性メンバーで試行錯誤しながら作り上げました。

今後、より充実した内容でお届けできるよう、今回の演奏を活かし、メンバーで練り上げていきます!

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

|

2021年3月26日 (金)

いのちの力豊橋公演 2日目

全国ツアー『いのちの力』の公演は、その地域で活躍する和太鼓チームの皆さんとの共演が、見所のひとつです。

3月21日、豊橋公演2日目のオープニングを飾ってくれたのは、

豊川高校和太鼓部
Photo_20210326175301 

豊丘高校和太鼓部
Photo_20210326175302
の皆さん。

それぞれの良さ、チームが大切にしていることを存分に発揮した演奏を披露してくださいました。

志多らのメンバーは、高校和太鼓部出身者が多く在籍していますが、和太鼓に青春をかける皆さんの姿に、胸を熱くしながら共演させていただきました。

私は豊丘高校和太鼓部出身なのですが、高校時代、仲間と共に過ごしたかけがえのない青春が、今でも大切な宝物です。

仲間といえば…

大きな壁にぶつかった時。支えになるのが、仲間の存在です。

舞台を通して、生きる力を届けたい。お客さんに笑顔になって元気になってもらいたい。
Photo_20210326175303
そんな、同じ志を持ち、嬉しい時も、苦しい時も、共に乗り越えて、ひとつの舞台を作り上げてきた志多らの演奏リーダー、吉田さんが、今回の公演をもって卒業となりました。
Photo_20210326175401

とにかく良い舞台を創りたい…この一心で、みんなで稽古を進める中、何度も互いに想いがぶつかり合うこともありましたし、苦しい状況の時には、みんなでとにかく乗り切ろう!と支え合ってもきました。
Photo_20210326175304
嬉しいことも苦しい事も、みんなが全部自分事のように感じ、共有し、共に乗り越えてきました。
Photo_20210326175402

最終公演、ひとつひとつの音を、メンバー全員で噛み締めながら、かけがえのない時間を、会場の皆様と過ごす事ができました。
Photo_20210326175403

現在のコロナ禍において、豊橋公演の開催にあたりご尽力いただきました皆様、会場に足を運んでいただきました皆様、いつも私たちをあたたかく支えサポートしてくださる皆様、本当にありがとうございました。

吉田さんと私たちは、これからは違う道を歩んでいきますが、人を笑顔にしたい!元気になってもらいたい!そんな同じ志を持ちながら活動をしていきますので、これからもあたたかく見守っていただけたら幸いです。
10

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2020年9月27日 (日)

TEAM SHACHIさんとの共演 SPOT ~STAGE at 奥三河

愛知県出身のガールズグループ、TEAM SHACHI(シャチ)の皆さんの有料配信ライブ<SPOT ~STAGE at 奥三河~>が、9月26日に東栄町体験交流館のき山学校で開催されました。

この『SPOT』と題した配信シリーズは、TEAM SHACHIさんが訪れる場所がライブ会場に様変わりするという、生配信のエンターテインメントライブショー。

0927shachi-2

第1回目となる今回は、のき山学校が舞台ということで、志多らのメンバー5名(宮崎 、吉田、沙知、大陽、さくら)が共演させていただきました。
 

「TEAM SHACHIさん史上最大の挑戦」の配信ライブということで、講堂、教室、図書室、廊下、校庭、ピザ窯(ピザ窯はのき山学校ならではですね!)など、のき山学校の各場所がステージとなるライブ。
0927shachi-3
志多らは、TEAM SHACHIさんの「抱きしめてアンセム」という曲を、共演で講堂からお届けしました。

コロナ禍において、TEAM SHACHIさんは、ライブツアーが中止になる中、無観客ライブ配信や、YouTubeの映像を通してライブをお届けする「おうち時間LIVE」などの、新たな取り組みにチャレンジされていたそうです。
0927shachi-4

出来ないことを嘆くよりも、今だからこそ出来ることを、前向きに取り組む姿勢に感銘を受けました。

「抱きしめてアンセム」は、“夢に向かって突き進む女の子”がテーマの、元気いっぱいのナンバー。
志多らの拠点としている奥三河の地から、共に音楽を奏で、発信できたことをとても嬉しく感じました。
また、今回のライブ配信での共演を通して、志多らの演奏を初めて聴いたという方も、和太鼓や奥三河に興味を持ってもらえたら嬉しいです。

TEAM SHACHIの皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました!!

 0927shachi-1

|

2020年6月29日 (月)

くるみぼたんワークショップ

6/27

caféのっきぃにて、くるみぼたんワークショップを行いました。

内容は、

①ヘアゴムandヘアピンセット

②ブローチandマグネットセット

この2つのコースから作りたい内容を選んでいただき、参加者の皆さんに挑戦していただきました。

まず、生地選び。

F8dcf9889e634cfda3b0765239d85b7e 24183643bf6f49cdbe4375ebe1922922

和柄、花柄、いろんな生地からお気に入りの柄を選んでいただきます。

くるみぼたんは、布地をボタンのパーツにくるんで作るのですが、くるみぼたん作りの楽しさは、生地を選ぶところから、始まります。

同じ布地でも、柄の取り方によって作品の表情が変わるので、


B4a1022d99c54db4aef4b3c4264564b3 745c65987b324a5c84286510f6aad0b7

8aafc8b5aa6d4717aae76f60283f73f7

その違いを楽しんでいただきながら、

「その柄、可愛いね」

「実際にボタンになると、さらに素敵だね!」

お互いの作品を見合いながら、わきあいあいと作っていただきました。

くるみぼたんができたら、それぞれヘアゴムやマグネットなど、パーツをつけて完成!

A5975333453e4d439bcd769b37d9e3ad 390c306cc4204010a27646330db696f7

お一人、男性のお客様に参加していただいたのですが、奥様にヘアゴムセットをプレゼントされるとの事で、とっても素敵な作品に仕上がりました!

58ad33df96ad4405a4aed2b814d84445

生地選びから、お手伝いさせていただいたのですが、私もとても嬉しい気持ちになりました。

私たち、志多らが行なっている演奏活動にも共通することですが、

“一つの作品を通して、同じ喜びを共有する”

かけがえのない、本当に幸せなことです。

緊急事態宣言が解除され、caféのっきぃ営業再開に伴い、様子を見ながら、少しづつですがミニライブや今回のワークショッップなどを企画、開催させていただき、また新たな試みとして、ライブ生配信等もスタートしました。

その時々、置かれている状況の中で、志多らを支えてくださる皆様に、感謝の想いをお届けできるよう、また、同じ喜びを分かち合えるように、志多ら一同取り組んで参ります。

これからの活動も、皆様に楽しんでいただけたら、嬉しく思います。

くるみぼたんのワークショップは、また開催できたらと思いますので、日程等決まりましたら、お知らせさせていただきますね。

皆様のご参加を心よりお待ちしております

Dd3fcc002ed5462d9e192c3e13b3f44f

|

2020年2月17日 (月)

全国ツアー たすき 四日市公演

2月15日、6年ぶり4回目となる三重県四日市での公演は、全国ツアー『たすき』をお届けしました。

0215-5
会場である四日市市文化会館の中にあるレストラン「グリル四日市」さんとご縁があり、イベントで何度も演奏させていただいていますが、この日は四日市B級グルメ“トンテキ”と美味しい豚汁を差し入れていただき、メンバー一同パワーを戴いて公演にのぞむ事ができました。
あたたかいお心遣いがとても嬉しかったです。
ありがとうございました!

さて、今回の公演では、人の輪の中心には“祭り”がある。伝統という『たすき』を受け継ぎ、次に繋げる、をテーマに時代と共に移り変わる祭りの姿を表現しています。
0215-6

私たちは、730年以上に渡って受け継がれてきた『花祭』に、住民として携わらせていただきながら創作活動を続ける中で、教わった事、感じた事を大切にしながら、ひとりひとり自分と向き合い、仲間と向き合い、太鼓と向き合い、『たすき』という舞台を創り上げています。

0215-3

お祭りを守り、伝えて、次世代へ繋げていくという事は、1人でできる事ではなく、そこに関わる人々が、先人に想いを馳せ、どう守り、伝えていくか、と想いを寄せ合いながら、紡がれていくものだと感じます。
0215-1

『花祭』をはじめ、様々なお祭りをテーマに演奏させていただいていますが、『たすき』の舞台も同様に、もとになっている芸能を守り伝えてこられた皆さんに想いを馳せ、敬意を払い、『たすき』として、どの様に表現できるか、どうしたらお客様に伝えられるか、みんなで想いを出し合いながら、取り組んでいます。
0215-2

舞台表現をする上で完全な正解や、終わりはありませんが、同じ志を持つ仲間同士でより良いものを創ろう!と試行錯誤していく過程はとても楽しく、またそこから新たなアイディア、表現に繋がっていきます。

各地での公演を巡る中で、メンバーそれぞれの成長もそうですし、『たすき』という作品も成長していく姿を、皆様にお届けしていきたいと思うと同時に、舞台を通して私たちからの『たすき』を受け取っていただけたら嬉しく思います。

四日市公演にご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

次回『たすき』の公演は、2月29日名古屋公演です。
日本特殊陶業市民会館ビレッジホールで行います。
会場でお待ちしております!
0215-4

|

より以前の記事一覧