02 鬼頭孝幸

2022年3月16日 (水)

響奏

”キョウソウ”という言葉は、漢字によって”競い合う”と”共につくる”という真逆の意味を持っています。
面白いですよね。
何をするにも「負けないぞ」という気持ちは大きな力を生みます。

志多らの舞台に加藤木朗さん、杉浦充さんという素晴らしくも強大なゲストをお招きし、一つの作品としての調和を考えた時に、この「負けないぞ」とは常に根底にありました。
”伝統と創造”というテーマで今回の名古屋公演『響奏』を演出するにあたって、いつもの価値観とかイメージがあまり通用しなかったんですよね。

特に加藤木さんの舞という要素を、志多らの音楽にどうハメていくのかが大きな課題・・・というか壁でした。
衣装も素晴らしく、ただそこに立つだけでオーラが放たれる加藤木さん。
0316-1
今、主に演奏している楽曲は創作の要素が強いので、そこに芸能的な要素を「つくる」のではなく「加える」となると、僕の引き出しでは漁っても漁っても中々良い形が見えてきません。
そんな中で加藤木さんは僕の”やりたい”を理解し、何度も映像を見直し、今までの志多らにはなかった観点からの意見をたくさん頂きました。
最初は散らかるだけ散らかって脳内パニックを起こしてましたけど、整理していくと、だんだん映像が見えてきて。

さらに杉浦さんのお箏が音楽的に絡んでくださり、そこからはもう楽しかったですね。
0316-2
「幕が上がるその瞬間まで、少しでも良くなる何かを考えろ。」精神で、ゲストの方とも相談しながらギリギリまで変更が続きました。
今回のキャストは特に若いメンバーが多かったので、本当によく対応し、よく形にしてくれたと思います。
僕が携わっていることは、とにかく1人じゃできないことばかり。
『響奏』を終え、それまでの過程が”演出家としての自分”にとってものすごく大きな財産になったと感じています。
0316-5

ここまでは個人的なことをだらだらと語りましたが、
新型コロナウィルスの影響で実に3年ぶりとなった今回の名古屋公演。
きっと来づらい状況であるだろうにも関わらずご来場下さったお客様には、感謝しかありません。

2022年度は僕にとって初のソロライブ、新たなツアー展開など盛り沢山な一年になる!はず!!
コロナであってもなくても、僕たちがやることは変わりません。
太鼓を打つ!!!
それならやはり前向きに。
太鼓を打つ!!!
0316-3

 

 

 

|

2022年2月10日 (木)

マリンバ・スピリチュアル

東栄町、今年は雪が多いですね!
0210_20220210154301

さて先月末は豊橋でのイベント”inc. percussion days 2022 in TOYOHASHI”に参加して参りました。
世界で活躍するマリンバ奏者加藤訓子さんが中心となり、若手打楽器奏者の育成を目的とするプロジェクト!

今回はワークショップ講師という一面で参加しつつ、逆に多くの学びを得ることができた有意義な時間でした。
ジャンルは違えど同じ打楽器として共通すること、共感できること、色々とお話するのが楽しかったです!!

今回の目玉は、マリンバ界の有名な楽曲「マリンバ・スピリチュアル」のコラボ演奏でした。
どんな曲かは、ぜひYouTubeなどで検索してみてください!!

楽譜にズラリと並ぶオタマジャクシさん達と必死に奮闘し、覚えたり合わせたりするのにかなりの時間を要しましたが…
稽古から本番にかけて、本当に良い経験ができました。
コラボ演奏というのは、自分達だけでは得られない知識や経験が詰まっているので、ぜひ積極的に挑戦していきたいですね!

愛知県でも新型コロナウィルスが猛威を振るっていますが、今月は名古屋公演があります。
3年ぶりとなる我が故郷名古屋での公演ですので、なんとか実現させたいですね。。。
当日はもちろん、日々の感染対策を徹底して臨みます!!!

|

2022年1月18日 (火)

伊勢 おかげ横丁 迎春祭

寒いっ!!!!!!
実は東栄町、例年意外と雪は少ないんです。
しかし今年はよく降るよく降る。
そんな新年、観てくださる方もちょっと過酷な野外でのイベントが続きました!
そして 11、12日は伊勢の地に行って参りました。
迎春祭ということで、おかげ横丁の太鼓櫓にて計5回の演奏。
0118-1

非常に風が強く寒い中でしたが、たくさんの方が太鼓の音に引かれ、足を止めて下さいました。
0118-2
0118-5
0118-4

おかげ横丁で日々活動されている神音太鼓の皆様にも大変お世話になり、毎年伊勢の地を訪れるきっかけを下さることに感謝致します。

もちろん、お伊勢さんにもお参りに。
また来年も、元気に帰って来られますように。
0118-6

新型コロナウィルスの影響もまだまだ終わりが見えませんが、負けじと皆様に元気と希望を届けられるようにメンバー一同頑張ります!!!
0118-3

今月の豊川公演、来月の名古屋公演、感染対策バッチリですので安心してお越し下さいm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

|

2021年8月 9日 (月)

7月の公演 その3 夏休み特別企画 旅するクラウン

皆さんクラウンってご存知でしょうか?
「道化師」のことですが、僕たちがピエロと認識しているキャラクターのほとんどが実はこのクラウンだったりします。
ピエロとクラウンの違い、改めて調べてみて下さい!
面白い発見がありますよ!

なぜこのような話をしたかと言いますと、先月ある2人のクラウンと志多らの和太鼓がコラボレーションしました。
・・・って想像つきますか?!
0805-3

0805-4

今回舞台演出させて頂いた僕も、正直最初は頭を抱えましたっ!!
共演したクラウンの1人、プランツくんは身体能力が高く音楽センスも抜群!
0805-7
様々なジャグリングを音楽に乗せて見事なパフォーマンスを魅せてくれました。
対するキト作くん(※)はおっちょこちょいで失敗ばかり・・・・・・・・
※キト作くんは、志多らの演目「獅子」で登場するキャラクターです!
獅子にちょっかいをかけて怒らせてしまい、追い回されるという笑いあり涙あり?!な演目ですが、もうずいぶん出番がありませんでした。
そのため今回はものすごく張り切っていましたが、それが空回ってしまうのがキト作くん。
0805-2
0805-6

この2人のキャラクター性がうまくマッチし、そこに志多らの演奏が加わって想像以上のコラボ作品が出来上がりました。
と、僕は感じています。
0805-1

プランツくんとはプライベートもとても気が合い、その名の通りの植物話題で大盛り上がり!!!
また終始演技に対するお互いの想いを語り合いました。
まだまだ年齢的には若いプランツくん。ですが、芸に対してのストイックさに僕も大きく影響を受け、コラボレーションの新しい可能性も見出せた素晴らしい時間でした。

機会があれば次回作、創りたいと思っています。
これからも皆さんが「楽しい!!」と思える企画づくりに精を出していきます(燃)

0805-8

 

 

 

 

  

 

|

2021年6月17日 (木)

高島市立朽木西小学校

滋賀県の山深い場所にある、小さな小さな朽木(くつき)西小学校。
道を横断する野生の鹿や猪を見送る度に、我が拠点である東栄町の東薗目地区を思い出す・・・そんな場所です。

志多らとは10年以上前から和太鼓を通じて交流があり、毎年メンバーが出向いて指導させて頂いています。
学校の廊下には、ちょうど10年前東栄町に来てくれたときの写真が飾ってあり、10年前の僕がそこにいました。
若かったです(笑)
0529-4

今年は僕と福家さくらの二人でお邪魔したのですが、迎えてくれたのは3人の女の子。
0529-3
なんと!この3人が今年の全校生徒であり、来年の入学生も今のところ予定はないという。。。
そんな環境だからか学年の壁は一切なく、とても人懐っこい元気な×2子ども達です!

指導はもちろん、僕の楽しみは毎年恒例お昼にみんなで食べるカレー、
0529

そして食後の全力鬼ごっこ。
相変わらず予報を裏切って雨を降らせるどっかの誰かさんのお陰で運動場が使えず、急遽体育館でドッジボール。
大人気なくも全力な僕とさくら。
いくつになっても”遊ぶ”って大切ですよね!!
0529-2


|

2021年4月 5日 (月)

春の奉納芸能

皆さんこんにちは。
東栄町の桜は早くも見頃を終えました。
例年よりかなり早かったですが、一本の樹に桜色と新緑が入り混じる葉桜の状態も僕は好きです。
共感できる方、みえますか!?

衣装を着る度に、今年に入って何度目かな?と考えます。

3日、4日と2日間行われた、伊勢おかげ横丁での「春の奉納芸能」にて演奏して参りました。
0405-4_20210405174501
ご縁もあり、有り難くも、年に一度はおかげ横丁で演奏させて頂いております。
0405-3_20210405174501
神の風が吹く伊勢の地 と言われるように、演奏中は毎回不思議な空気感に包まれ、周りを取り巻くお客様との心地よい一体感を味わうことができます。

志多らメンバーも、お客様の前で演奏できることへの感謝を噛み締め・・・・・気合い入り過ぎでしたね。
0405-2_20210405174501
自称スーパー晴れ男鬼頭の力及ばず、2日目は生憎の天気。
お客様は傘をさしながらという状況でしたが、それでも最後までたくさんの方に観て頂くことができました。
0405-5_20210405174501

0405-7_20210405174401

まだまだ”今まで通り”とは程遠い状況が続きそうですが、やはり「できること」精神!!
今月17日は、有料のオンライン生ライブに初挑戦。
Zaiko
無料配信とは一味違う演出でお届けします!!
配信は17日19時よりスタートしますが、一週間はアーカイブで繰り返し閲覧可能です。
「その時間は都合が悪くて・・・」という方でも25日まではいつでも観ることができますので、ぜひご購入頂けたらと思います(^ ^)
0405-1_20210405174401

 

|

2021年2月22日 (月)

恵の実っ子クラブ

まだまだ朝晩は強烈に冷え込みますが・・・
各所で梅の花が咲き始め、風景に彩が戻ってきましたね。
僕は濃いピンク色の花が好きなんですが、皆さんはいかがでしょうか。
 
さて、今日は愛知県豊川市にある恵の実保育園に併設されている学童「恵の実っ子クラブ」の子どもたちと和太鼓を通して触れ合ってきたお話です。
恵の実保育園さんと志多らは古くから関わりがあり、約25年前からのご縁が続いています。
今年の6年生卒業の際、発表会で和太鼓の演奏をしたい!!とのことで、二日間かけてご指導させて頂きました。 
 
僕も久しぶりに子どもたちとの触れ合い、かなりテンション上がっていたようですね。
しかしながらマスク必須という状況の中、子どもたちの表情が見えないので初めはどうしても距離を感じてしまいます。
まず”太鼓を教える”というよりは”一緒に遊ぶ”感覚で時間を過ごしました。
マスクの向こうの表情が和らいでいくの空気で感じ、だんだん心の距離が縮まっていくのが嬉しかったです。
今回は5、6年生の計8人で「楽(作曲:藍羽)」という曲を演奏することに。
その名の通り”打つ人も見る人も楽しく”がテーマの曲です。
S__26558472

発表と聞くと、どうしても間違えないように打つことがゴールになってしまいがちなので・・・
正しく打つ より 楽しく打つ ことの大切さを伝えたかったです。
和太鼓演奏に必要なのはチームワークであり、
誰かのミスを誰かが補えばいい。
誰かが間違えたって、顔を見合って笑えばいい。
最後の やーーーーーーーーーーっ!って元気に決めポーズが決まればいいんですよ。
そんな子どもらしさ溢れる演奏を目指し、終わった後に「みんなで演奏できて良かった」と思える発表になればなぁと願っています。
S__26558477
長い繋がりがありながらも、直接僕が園を訪れたのは初めてでしたが。
行く度にグランドで遊ぶ子供たちが元気に声をかけてくれ、先生たちが優しく迎えてくれる、とても良き雰囲気の場所でした。
 
恵の実っ子クラブのみんな、がんばれーーーーーーー!
よいやっさぁ!!
0222

|

2020年6月20日 (土)

YouTube Live

梅雨入りによって東栄町の湿度は大変なことになっており、例年のごとくカビさん達との激しい戦いが繰り広げられています。

新型コロナウィルスの影響を受け、志多らはまだまだ皆さんの前で演奏することができない状況です。
誰もが厳しいであろう現状の中、たくさんの方からご支援、ご声援を頂いており、今を乗り切る糧となっています。
その感謝の思いと、また元気に皆さんとお会いしたいという気持ちが、メンバー一同最大のモチベーション!!
そして、志多らとしても応援して下さる皆さんにいち早くお応えしたいという想いから、YouTubeでのライブ生配信を開始しました。
まだ稽古場での”密”な状況もなるべく避けたいので、少ない人数から初めてみようと鬼頭、奥村の2人ライブ!
2人で演奏する機会はほどんどないので、何をやるにも工夫を凝らすしかありませんでした。
「どうせなら面白く!どうせなら挑戦!」というキーワードのもと、つくり上げたライブは今までにない練習や技術が必要となり、この経験が何より僕たちの財産となりました。
0620youtubelive
また動画配信だからこそ、普段の僕たちの舞台を観に来られない、観たことのないお客さんともたくさん繋がることができました。
今回の騒動で大きく影響を受け、できないことがたくさんあることは事実です。
でも今だからこそできることに目を向けてみると、マイナスを補う大きなプラスがあることも実感しています。

・・・ちなみに僕が衣装を着て人前に立つのは、実に4ヶ月ぶりとなります。
目の前は無観客でしたが、自分でもびっくりするくらい緊張していました。・・・

今回の手応えもあり、月に2本ペースでの生配信や、人数制限はありますが”Caféのっきぃ”での週末ミニライブなど、少しでも皆さんと心繋がる企画を考案しています。

そして、本日はCaféのっきぃにて、その週末ミニライブ!
一日3回行います。
お時間ある方、ぜひいらしてくださいね。
0620youtubelive_20200620095701
ゆいもも Caféのっきぃミニライブ
1st 10:30
2nd 13:00
last 14:30

出演者:奥村唯・片桐百華

コロナ感染防止対策の為、席数が限られていますので、ご了承ください。
詳しくは、CaféのっきぃのFacebookやInstagramをご確認下さい。

|

2020年1月16日 (木)

いのちの力 京都公演 てほへバスツアー

昨日の利奈ちゃんのブログにて紹介した「いのちの力 京都公演」では、バスツアーも導入!
愛知県からバスで、顔馴染みのお客さん達が駆けつけてくれました。
同じホテルに宿泊し、公演翌日は一緒に京都の嵐山を散策。
クジによる班分けでしたが、僕の班は・・・
女子 女子 女子 女子 女子 僕。
0116-2
気分は完全に女子会。
「時間が足りな〜い!!!」と言うくらい充実して楽しかったです。
0116-3

そのまま、公演で共演した京都橘高校に向かい、日本福祉大学付属高校(以下 日福)両校の交流会にゲスト参加させて頂きました。
この二校の和太鼓部は、毎年各県を代表して全国大会に出場している強豪校。
僕も日福出身なんですが、当時の橘高校は僕にとって、ただただ”ライバル”・・・
二校の交流が始まったのは、僕が卒業後の話です。
その後13年間、愛知と京都と交互で毎年交流を続けています。
それにしても、本当に仲良し。
距離があるにも関わらず、時にライバル、時に刺激し合える良き仲間として素晴らしい関係を築いていました。
0116-4
羨ましい〜!
高校生の演奏を見ていると、
純粋に太鼓が好き!楽しい!
と言う、ついつい忘れがちな気持ちを思い起こせてくれます。
いつもの応援団の皆さんに改めて感謝しつつ、新しい繋がりに喜びを感じ、幸せいっぱいな二日間でした。
0116-1
1月、2月はもう一方のツアー「たすき」も本格的にスタートします。
志多らに会いに来て下さい!!!

|

2019年8月 1日 (木)

全国ツアー「たすき」 新城公演・初演

10年以上も胸に抱いてきた 「全国ツアー演出」という夢が、いよいよ実現した瞬間でした。

幕が上がる5分前、リーダーからの「ひとまず、お疲れ様」のハグで涙腺崩壊してしまったのはここだけの話。
0727-7

形のないものをつくり上げるその過程で、いつまでもゴールが見えませんでした。
「幕が上がったその瞬間、演出家としてのゴールだ」という言葉で、一気に救われた気がします。
もちろん、これからここからなのはわかっていますが。
ひとまず、です。

さて、
”たすきをつなぐ”
このたすきという言葉に込めた想いを、少し語らせて下さい。
東栄町に古くから伝わる花祭り。
730年という歴史を持つこのお祭りが現在も残っているのは、当然受け継がれてきたからです。
そして大切なのは、それを先人たちが絶やすことなく繋いできたからということ。
今回は「受け継ぐ」ことよりも、「繋げていく」ことに観点をおき、演出に挑みました。
※ネタバレしたくないので、内容に関して多くは語りませんよ!

志多らは30年という歴史の中でどんどん人が入れ替わり、今が3代目とされています。
主に演出や作曲を手がけ、多くの名曲を産み残した前リーダー(藍羽さん)が抜け、自分たちで”つくる”しか新しいものが生まれてこない状況となりました。
煮渕やとんびなどの「志多らと言えば!」という楽曲を演奏することはお客さんはもちろん、僕自身も安心できます。
僕の勝手な見解ですが、長い時間をかけ世代を超えて育てられてきたこれらの曲は、そのものに力があります。
そこに頼っていては、いつまでも自分の表現が身に付かないと。
出来立ての曲はあまりにも不安定で、見る側もやる側もハラハラドキドキ・・・
だからこそより真摯に向き合い、考え理解し、慣れない表現のために必要な技術を身に付けることが求められます。
つまり、曲に育てられる のではなく 曲と共に成長することが、一人一人のレベルアップにつながると考えています。
0727-5

歳も経験も若いメンバーが半分を占める現在・・・彼らが力をつけることが、これからの志 多らにとっても大切なことだと思います。
行き着きこだわったのは、自分たちだけでつくった新たな曲だけでの構成、演出に挑むこと。
0727-6

当然「挑戦」的要素盛り沢山の今ツアー、初演に関してはまだまだ不慣れな点も多く、新城の温かなお客様に助けられて成り立ったものだと心から感じています。
0727-1

たすきを通して多くを学び、志多らの舞台表現の新しい可能性を広げていくことこそ、このツアーの真意です。
そして「新しい」の中にも必ず「志多ららしい」という本質を忘れず、後輩たちへと伝え続けること。
まさに日本の伝統文化、祭りに通ずるものを感じました。
30年という歴史がある志多らも、もう立派な伝統だと思っています。
この志多らという伝統を”受け継ぎ、繋げていく”想いを、時代と共に変化する祭りというテーマにのせて、今回の舞台をつくり上げました。

人と人、人と土地をつなぐその中心には、昔から祭りが存在します。
0727-3
この舞台で、人の繋がりから生まれる熱気、活気、温かみを感じて頂き、誰もが心にある故郷に想いを馳せてもらえたら・・・
そんなメッセージもひっそりと込めてありますが。。。
伝わるように頑張りますっ(汗)


いつかは「人と人との繋がりの中心に志多らがある」
僕たちの演奏が、人の輪(和)を結ぶ「たすき」となれますように!
いや、なってみせます!

ちなみに 若者が と言いましたが、先輩陣もまだまだまだまだ譲る気なしで燃えていますので。
みんなで一丸となって、未来の志多らをつくっていきます!!
今後のたすきの変化を、見守っていて下さい。
無事に初演を迎えられたことにホッと一息・・・
つく暇はありませんね!!
ここからは演出家としてではなく、演者としてたすきに臨みます!!

新しいものばかりに目を向けているわけではありません。
同時進行で「いのちの力」というツアーも行っています。
こちらは The・志多ら な舞台となっておりますので、どちらもお楽しみください。

0727-2

|

より以前の記事一覧