06 加藤大陽

2018年4月 6日 (金)

Residency PARTY!

皆さんこんにちは。
桜も綺麗に舞い、新生活をスタートした皆さんも多いのではないでしょうか。
我々も心新たに活動していますよ〜!

さぁ、昨日はResidencyのメンバーと1日ワークショップを済ませて毎年恒例になりました、ピザパーティーを蒼の森にて行いました‼︎

0406

ご飯を食べならが難しい英語を頑張って聞いて相手を知ろうとする事。。。
そういった交流を深めれば深めるほどお互いのことを知れて刺激を受けています。海外の文化や生活面。海外から見た日本などいろんなことを知ることができます。
この和太鼓という楽器のお陰で幅広い人達と交流することができています。幸せですね^ ^
0406_2

残すところあと2日間。
Residencyの皆さんに伝えるだけでなく、まだまだ僕らが学ぶことがあるはず‼︎
楽しみたいと思います。
Let's ENJOY!

|

2018年3月 7日 (水)

東栄マラソン

春一番が吹き、
気温もぐっと暖かくなり
東栄も桜の木に赤い蕾が実り出しました。
僕は冬が苦手です。笑
例年よりも今年の冬は寒くて長かったですね。そのお陰か逆に冬の事をまた好きになった一年でした。冬の良さを知ることができる良い年でした。

冬があるから他の季節が来た時の喜びもありますもんね。
早く夏よ来い‼︎笑

そんな中、今年もやってまいりました第四回東栄マラソン大会。
今年は研修生の唯とともに臨みました。

0305_1

例年どおり1ヶ月前からトレーニングをマラソン用に変更し、3日前から本番のコースでトレーニング。
気合いマックスで臨んだ東栄マラソン。
去年一昨年と、東栄町一位を取り三冠なるかと思いきや、今年は東栄枠がなく、一般男子の本気の方々との勝負。

いや、もうレベルがはるかに違いますから‼︎
なんて自分に言い訳してましたがいざ勝負となるともう負けてられませんよね。

結果、総合10位。
最後の30メートルで僕含め3人のデットヒートとなりそのお陰で2年連続自己ベストを出すこともできました。

0305_2

0305_4

0305_5

本当はマラソン嫌いだったんですがこうしてマラソンに情熱を注ぐ人たちに会うと考え方も変わるもので、なんたって僕と最後デットヒートした方々は40歳にもかかわらず信じられないタイム。

朝なんて僕らは10キロ程度ですが
その方々は20キロ走ってるとか。信じられません。

ある一定以上極めた人たちと会話をすると自分の太鼓打ちと言う仕事への向き合い方など参考になることが多いです。

食事や水分の取り方。
足のつき方や
体のフォーム
呼吸やメンタルなど
やはり沢山のことを皆さん
考えて臨んでいるんだなと
関心しました。
プロとはなんぞやと、考える日々です。
また来年も頑張るぞー!
0305_6

|

2018年2月 7日 (水)

HORAI×志多ら NEW SONG‼

皆さんこんにちは

最近、”寒い”という言葉をよく聞きます。
こんな季節があるから夏の”暑い”も楽しめるんだなと思うこの頃。そして”寒”という漢字を書くのが何だか好きになってきた加藤大陽です。

そんな中、今年もお山に登ってきてくださいました。
rapper鳳雷さん!
0207horai

またこの4人で作り上げる世界が新たに出来上がりました。

リズムは私、加藤大陽。
メロディは鬼頭孝幸。
作詞は吉田章彦。
そして、その歌詞を曲に
合わせるのは鳳雷さん。

初めての試みでどんな曲になるのかワクワクしながら作曲活動を行いました。

Themeは夢に向かって。
新たに此処からまた一歩、といった感じで中々の良い曲になりました!!

この曲が初登場するのは…
いつになるかはお楽しみです。

何だか此処まで一緒に作っていると太鼓とrapというものが
自然に聞けるようになってきました。
皆さんにも互いの良さをもっと伝えたいなと‼
ん〜早く皆さんに聞いてもらいたい〜‼
乞うご期待です( ̄▽ ̄)
ではではー!

|

2018年1月30日 (火)

「つながろう!愛知・希望の音(鼓動)inとうえい」 桜丘高校 巡回指導

こんにちは寒さが身にしみるこの頃。皆様いかがお過ごしですか?
大陽です。

僕は夜な夜な自分の部屋のストーブの上にマグカップを置き、寝る前に美味しい紅茶を飲むのがマイブームであります。
寒い時に感じることのできる幸せ。この季節を楽しみたいなと思います。

そんな中、絆プロジェクトに向けての指導が着々と進んでいます。
今回は桜丘高校の和太鼓部。
0130_4

毎年元気一杯の演奏を満面の笑顔で表現してくれるこの子達が僕は大好きです。

この子達とまた一緒に太鼓が叩けることを喜びに、3月の絆プロジェクトに向け、僕自身も鍛え直すゾ!

今年もみんなよろしくね
0130_2

|

2017年10月19日 (木)

鳳雷✖️志多ら ここから始める。

秋雨の日々が続き、
肌寒い空気が季節の変わり目を
知らせてくれてますね。
もう気づけば10月中旬。
一年もあっという間です。
気がつけば花祭り、気がつけば
クリスマス、そして年末。
2017年残された時間を大切にしたいとおもいます。

2016年12月、
気がつけばもう10ヶ月も前の話ですね。
皆さんご存知、鳳来町(現新城市)出身rapper鳳雷さんとのジョイントコンサート。
お互いが持ち曲に寄り添った形で新たな世界を生み出した瞬間。
あのコンサートがきっかけとなり今回10月15日に再びコンサートを行いました。

前回とは違いこのコンサートの為の曲も新たに作り、お互いが持ち味を活かしながら最後まで心のこもった演奏ができたのではないかと思いました。

新曲、What's My Name。
志多らの吉田、鬼頭、加藤の事を鳳雷さんから見たイメージで歌詞を書き下ろしていただき、その一人一人が主役になるような曲を書いてミックスさせる。
自分たちの思いを言葉に乗せ、太鼓や篠笛に乗せ音にすることがとても楽しくてリハーサルも何度も何度も繰り返して作り上げて来た曲たち。
もう、今となっては和太鼓とラップのコラボはとても相性イイ‼︎って思えるくらい、自分がやってても心がウォーってなる感覚。
いやぁ、でも鳳雷さんとだからできたことなんだろうなっておもいます。


僕らのことを理解してくれて
快く僕らのことを歌詞にしてくださり、そこに魂のこもったラップを叫んでくださって、もう感謝の言葉以外見つかりません‼︎


鳳雷さんの歌った、「あなたたちから教わったこと」や「Beautiful Life」。
あんなラップが歌えるのはいろんな経験を経て人として強くなって守るべきものを大切にしてるから歌えるし伝わるんだろうなって思いました。正直、Beautiful Lifeの演奏中、僕、めっちゃ泣いてました。太鼓叩きながら泣いたのも久々だなぁと思いながら、そんな瞬間を作ってくれた鳳雷さんに感謝しかありません。仲間や家族がいるから今の僕らがある。
そんな人たちがいてくれるから1人じゃないこと。だからこそ、感謝しなきゃダメですね。
当たり前になっている事をもっと大切にする事。
感情を素直に味合う事。
そしてそれを音に乗せる事。
これが素晴らしい音楽を作るんだと思います。
そんな音楽をこれからも沢山作って心に届く音を追求したいなと思った日でした。


本当に鳳雷さん
ありがとうございました!
あなたの生き方に心打たれました‼︎


また何処かでコンサート
できるのかな?
見逃した皆様も期待していてください‼︎
まだまだ志多ら&鳳雷を楽しみに待っていて下さーい!




|

2017年10月 4日 (水)

フランク・ロイド・ライト生誕150周年記念

みなさんこんにちは。
気がつけばもう秋。
あと三ヶ月で今年も終わり…
はははやい。。。
今年の抱負…英語を喋れるようにマスターする。。。
程遠いなぁ。。
今はやっぱり太鼓に向き合わなきゃ‼

そんな10月ですが、すでにスケジュールはパンパンでございます。
平日学校公演、休日イベントなどで演奏、そして演奏。
ありがたいことでございます。

そして、10/1明治村にて
フランクロイドライトさんと言うアメリカの建築家の方の生誕150周年記念のイベントに行って参りました。

この方、あの帝国ホテルの建築家で有名な方です。
そんなフランク・ロイド・ライトさんの建築した帝国ホテルロビーが愛知県の明治村に移築されています。
そこで私たち志多らと西川流のお家元とのコラボ演奏を海外のお客様方にご披露させて頂きました。
1004

中々有りそうなコラボですが、
初めての歌舞伎と志多らとのコラボ。とてもゾクゾクしました。
お家元も、私たちの曲に即興で合わせてくださり、とても素晴らしい舞台になりました。
我々も貴重な体験を共にさせて頂き本当に嬉しかったです。
1004_2

ただ、ただ一つ悔やまれたのは、
お家元はとっても凄く英語を流暢に喋られるのに対し、我々志多ら…知ってる単語で攻めるしかない…はい。反省しております。
やはり平成の世は英語は必須だなと改めて感じました。

とても紳士でユーモアのあるお家元との出会いに感謝し、また共演できる日を楽しみにしたいと思います。
素敵な1日でした‼
1004_3

|

2017年6月21日 (水)

加藤流三絃道藤秋会 夢舞台2017

みなさんこんにちは!
暑い日が続いてますね。
空梅雨により水不足が
全国的に心配されてますね。
僕は梅雨は苦手なのですが、
ここまで梅雨っぽくないと
何だか梅雨も来て欲しいなって
思うようになってます。

そう思っていたら、今日は強い雨の日。
各地で被害がおきないことを願います。

文化庁の演奏から帰って来て早々、次の演奏に向けて稽古の日々です。
三味線といえばいつもお世話になっています、加藤流三絃道藤秋会さんのコンサートが秋田で行われます。そのゲストとして参加させていただくのですが、我々、民謡の世界は不慣れで毎年全身全霊で臨んでおります。
0730

そんな時にいつも助けてくださるのがソロで活躍されている共演者の石原奈緒美さん。
わざわざ志多らに足を運んでくださりリハーサルを行いました。

また新たな楽曲がある為、その曲に太鼓の手をつけて行く作業。
なかなか大変なんですよ‼︎
みなさん聞き慣れた4拍子ではないんです。曲の中で拍子がどんどん変わるので集中して聞いてないと見失います…。
日本の音楽は奥が深いですね。
日々勉強でございます。

そんな、なかなかレアな志多らの出演する公演、藤秋会 夢舞台2017、今年は秋田で行われますよ!
ご来場お待ちしております。
0621

|

2017年5月 8日 (月)

GWのいろいろ…ガキ大将大陽と泥んこ遊び

みなさんこんにちは。
ゴールデンウィーク、どんな休日をお過ごしでしたか?
家族サービスや、友達・恋人と旅行。はたまた連休なんて無いよ、とゴールデンワークをされていた方など、  いろんな過ごし方がありましたよね。
ハイ我らも後者であります!
いろんなイベントに行ったり開催したりと、駆け回っていました。
そんな報告もブログでお知らせしますね。
こどもの日は、のき山学校ゴールデンウィーク企画 『ガキ大将大陽と泥んこ遊び』が開催されました( ̄∇ ̄)

昨年、大好評に終えたこの企画。
なんと今年は60人もの人が集まり大人も子どもも一緒になって泥まみれになりました。
東栄町に在住のYさんの田んぼをお借りしてドッチボール
0508_5
ビーチフラッグ
0508_4
そりリレー、宝探しなどを行い、最初は『うぇー』と泥に入るのも拒んでいた方も最後にはそんなことも忘れて全身泥まみれ。
0508_3
子どもはもちろん大人の騒ぎっぷりにアッパレでした( ̄∇ ̄)
そして東栄で採れた山菜をつかった美味しいご飯をY家の皆さんが用意してくださり05097
遊んだ後はまったりされていました。
参加してくださった方の中には、
『都会育ちで60歳になってこんな経験ができるなんて、なんでこんな楽しいことをやらなかったのか』と仰っていた方や、『水を浴びるのでさえ怖がっていた子が何故か泥まみれになるのは好んでやっていた。いい経験でした』と行ってくださった方、たくさんの方が、この泥んこ遊びを満喫していただけたのではと思っています。
0508_6
天候にも恵まれ、そしてY家の皆さんの心遣いのお陰で素晴らしい企画になりました。
来年またバージョンアップして泥んこ遊びやりますよー^ - ^
楽しみにしていてくださいね!
0508_2

|

2017年4月10日 (月)

海の向こうから 春の訪れ。 レジデンシー来山‼︎

みなさんこんにちは!
大陽です‼︎
今年は春がやって来るのが
遅いですね〜。
あいにくの天気で桜も咲くのが
遅いように感じます。
でももう直ぐそこに春はやってきてますね。このワクワクする感覚、大切にしたいですねー!

今年もやってまいりました。
ティファニー率いるレジデンシーメンバー‼︎
今年は8名の海外の方が志多らに泊まり込みで体験していかれました。
個性あふれるメンバーで初めて志多らに来てくださった方や、毎年足を運んでくださる方、そして何と僕が研修生一年目の時にお会いした方も見えて、初日から嬉しい気持ちで一杯になりました。

四泊五日の中で各種和太鼓の叩き方や鳴り物のワークショップを行い、太鼓漬けの日々を過ごしたわけですが、皆さん本当に元気で疲れを見せずにワークショップを受けていらっしゃいました!
本当に和太鼓が大好きで志多らを大切に思ってくださっていて、僕たちが考えさせられる事が非常に多い日々だったなと思い返しています。
和太鼓のことを知るためにわざわざ海外からの足を伸ばして、そして「本物」を学ぶ為に志多らを選んで来てくださること。
非常に嬉しく思う反面、我々にも責任があるなと感じさせられる場面がありました。

今回もレジデンシー専用の課題曲を用意して、その曲を皆さんに三日間で覚えていただいたのですが、少し難しい点も多々あり、最初は「大丈夫かな」と心配もしましたが、3日目には全員生き生きとして心から太鼓を奏でていました。
0410_2

太鼓は心で奏でるもの。
今回のレジデンシーの皆様から
改めて気づかされた事。

当たり前のことだけど
当たり前にせずそれを極めていくこと。
いつまでも人の心にまで届くそんな太鼓を打ちたいなと、思わせてくださった皆様、本当にありがとうございました。
幸せなひと時を過ごせたこと、そしてそんなメンバーと出会えたこと本当に宝物です。
この縁をいつまでも大切に、同じ和太鼓奏者として絆を深めていきたいと思います。

最終日、名残惜しく涙を流すほど皆様との心の繋がりが出来ていたこと、言葉が通じなくても心は繋がれるんですね。

また来年
帰って来てくださいねー‼︎
待ってまーす
0410_1

|

2017年3月25日 (土)

和気町立和気小学校閉校記念イベント

みなさんこんにちは!
やっと春が来ましたね。
奥三河の川売と言う地域では
梅花まつりが開催され、たくさんの梅がその集落に咲いています。
そろそろ桜も咲きだす頃ですかね。

2月の終わり頃、
僕の母校である岡山の
和気小学校に行って来ました。
なぜなら、閉校が決まってしまい
その校舎には入れなくなってしまうので、思い出の学び舎に顔を出しに遊びに行きたいと小学校に電話したところ、教頭先生の熱い想いにより講演会をやらさせて頂くことになりました!

子供達もまだ沢山いて、
やんちゃな田舎っ子ばかり。
僕が在学中の頃に行われていた
和気小学校ならではのイベントも
何一つ変わりなく伝統になっていて、なんだか嬉しくて直ぐに子供達との距離も縮んで行ったように思います。

0325_1
その中でも和気小学校には
和太鼓の伝統があり、
僕らの代から始まりました。
今回の閉校式で5.6年生が
演奏することになり、
その練習にも参加させて
頂きました!

太鼓に対する真剣な眼差しも
自分が子供だった頃のことのように見えて子供達からも初心を思い出させて貰いました。
感謝感謝です。

その後も講演会の感想文を
全校生徒が送ってくれました。
心温まる子供達の言葉。
大切に心にしまっておこうと思います。
0325_2

そしてそんな和気小学校も
明日、26日を最後に閉校します。
閉校式は終わっているのですが、
地元の和気小学校出身の方々が
立ち上がり、「最後の登校日」
と題してイベントを行います。
今までの100年を超える和気小学校の歴史や過去の写真を飾ったり
歴代の卒業生が誰でも参加できる素敵なイベントが行われます。

こんな素敵な和気が自分の
故郷である事。
誇りに思いながら
自分のできる事で恩返しを
していこうと思います。
0325_3

|

より以前の記事一覧