20 その他

2021年2月24日 (水)

第10回 YouTube LIVE

今回は師走公演特別ユニット【轟音ライフル】
そして【YOSHIセレクション】の二本立てでお届けしました。

チャットでのコメントや、スーパチャット(支援金)など皆さんの温かいお気持ちはしっかりと受けとりました!!
0224youtube-2
LIVEをご覧になってくださった皆さん、本当にありがとうございました!!

自分にとっては最後のYouTube LIVEなので、準備の段階からワクワク、ソワソワ。

配信でも我々の熱い想いが届くように、精一杯演奏をしましたが画面越しでも伝わりましたでしょうか?

前半の轟音ライフル編では、4人とは思えぬ迫力と音圧。
身内で褒め合うのはいかがなものかと思いますが、師走公演からは比べ物にならない完成度。

Life is 和太鼓を掲げる4人が全曲新曲、渾身のステージを披露しました。
0224youtube-6
きっと試行錯誤しながら曲を育てていき、今後も志多らの舞台で演奏されていく事と思います。
今後がとっても楽しみですね!!


そして後半のYOSHIセレクションでは、
私、吉田章彦が今までに制作した楽曲の中から厳選して4曲をお届けしました。

その中でも、入団3年目に初めて作曲をした『空谷の跫音』という曲を、今回は若手メンバー3名(大脇・奥村・福家)での披露となりました。
0224youtube-8

ちょうど自分達が『空谷の跫音』を制作していた当時と同じ歳のメンバーが、13年の時を経てこの楽曲を演奏してくれた事が、とても嬉しく懐かしくて、本番中に涙がポロリ。
0224youtube-9
人生のほぼ半分を費やしてきた志多ら。
今までのいろいろな想いが溢れてきました。
0224youtube-12

自分にとって、この稽古場で過ごした時間は本当にかけがえの無いものだと、再び実感しました。
0224youtube-11

そして今回が第10回目のYouTube LIVEとなりました。
初回から配信を重ねるごとに、舞台・音響・照明・撮影機材などバージョンアップし、好評を頂いていましたが、次回からはそのノウハウを駆使し、更に進化させた有料の配信に移ります。

【和太鼓 志多ら ONLINE LIVE「春の福袋」】

https://zaiko.io/event/335970  

Photo_20210224092601

上記URL・QRコードのチケット販売ページから「配信チケット」をご購入いただけます。
0224youtube-4

【ライブ配信】2021年4月17日(土)19:00~

【アーカイブ】配信終了後~2021年4月25日(日)23:59まで

【視聴チケット】2,000円(税込)

【チケット販売期限】4月25日(日)18:00まで

【出演者】宮﨑光政・鬼頭孝幸・鬼頭沙知・加藤大陽・大脇元・田中利奈・奥村唯・片桐百華・福家さくら

今までの無料配信ではできなかったスペシャルな舞台をお届けします。

なかなか劇場での公演に足を運んでいただけない分、有料配信や追加支援にて応援していただけると幸いです。

今の時代にあった表現方法で皆様に楽しんでいただけるよう試行錯誤していきますね!
これからのLIVE配信に乞うご期待!!
0224youtube-1

とにかく今回のYouTube LIVEは1番楽しく演奏できました。
リアルタイムを見逃した方は是非アーカイブで視聴してみてくださいね!!
是非よろしくお願いします!!

それでは次回の有料配信もお楽しみにーー!!

0224youtube-13

 

 

 

 

 

 

|

2020年12月10日 (木)

CF返礼ツアー無事終了‼️

志多らクラウドファンディングの返礼品として企画した、
【志多らの世界観 体感DAY】の全日程が無事終了しました。

今回はヨシダツーリズムと称して
私、吉田章彦+志多らメンバー1名でのご案内・対応をさせていただきました。

今回は6日間に分けて計6グループ 総勢21人の皆さんに奥三河の魅力をたっぷり味わっていただきました!!
1210cf-4_20201207175901

1210cf-6

今回、ご案内した主な場所は
・村行の七滝
・槻神社
・煮渕
・蔦の渕
・預り渕
・乳岩峡
・百間滝
・名倉の大杉
・旧東薗目小学校(志多ら稽古場)
・旧門谷小学校
などなど。。。
1210cf-5_20201207175901

とっておき風景と共に、この場所がどの様に志多らの舞台へ影響を与えているのかをお話しさせていただきました。

今回は志多らの舞台の根っこにある精神性や、大切にしているものを知っていただくとても良い機会でしたね。

また、コロナの状況が好転してこれば、今回のような志多らのルーツを探る奥三河ツアーを開催できればと思っていますので、その際は、是非ご参加ください。

今回、ヨシダツーリズムをご利用いただいた皆様、本当にありがとうございました!!

1210cf-1

1210cf-3

1210cf-7

 

 

 

|

2020年11月10日 (火)

新城公演 2020

『離れていても心は寄り添い合える』
そんな気持ちが込み上げてきた今回の新城公演。

公演ができない間も、活動再開を信じ待っていてくれた地元奥三河のみなさんやたくさんの方々。

新型コロナウイルスの影響により
約9ヶ月ぶりの単独公演。
多くの方々に支えられ、無事に開催を迎える事ができました。

今回は、ツアーの一環ではなく単発の公演なので、
3月からの自粛期間中以降に生まれた曲や
企画などを中心に、
とにかく“今”自分たちがやりたいことを
ぎゅうぎゅうに詰め込みました。
1110-2

ソーシャルディスタンスで空いた席も、
のっきぃ君と志多らメンバーのメッセージ付き写真でおもてなし!!

そして客席からも声援を送れない分、拍手や手拍子で伝えるんだー!!
という気持ちがひしひしと伝わってきて、
涙が込み上げました。

やはりカメラを前に配信で届けるのとは違いますね。当たり前ですが。

実際のお客さんを前にしてその場限りの空間を一緒に作り楽しむ。これは生の舞台で会場に来ないと味わえないですね!

舞台と客席が離れていても、
隣の席との感覚が空いていようとも、
会場全員の心が繋がり寄り添い合えている。
演奏中、舞台から初めて感じた感覚でした。

一歩ずつ一歩ずつ、これからも志多ららしく、このコロナ渦での活動を進めていきます。

まずは年内の公演が無事に行えますように。

1110-1

|

2020年10月13日 (火)

のき山市2020 1日目

毎年恒例の志多ら交流イベント【のき山市】が今年も無事に開催されました。

新型コロナウイルス感染拡大防止の為、
2日間にわたる演奏、そしてワークショップ。
夜のお楽しみ大懇親会など、、、
“例年通り”とはいきませんでしたが、

1日目に60名限定のスペシャルLIVE & YouTube生配信

2日目に演奏メンバーが講師を務めるワークショップを行うなど、
今年しかできない内容でお届けしました。

ここて一つウラ話。
今回のLIVEのプログラムは鬼頭くんが熟考したのですが
久々にファンの方々の前で演奏するという事で、構成の段階で気合が入りすぎで
60分プログラムのはずが、いざリハーサルをしてみると30分オーバー…90分のプログラムになっていたので、直前で2曲減らし、それぞれの曲も少しずつ短くする事に。。。

そして今回の演奏を通して感じた事。
それは、このコロナ渦においての舞台の楽しみ方が、
演者・観客ともに掴みきれていない、
共に手探りで定まっていないという事。

演者側では、ここまでしか前に出てはダメ!!
お客さんとはしっかり距離を保って、立ち上がらせて踊ってもらうのもダメ!!
MCを2人でする時は2m以上離れて!などなど、
これまでになかった制限がかかる事に。
1013-5

お客さん側としては、せっかくのファンミーティング。
なるべく観客が一体となって楽しみたい所を、
家族であれ、隣の席と1m離れての鑑賞。
僕も椅子に座ってみましたが、少し孤独感がありまして。。。
そして声を上げちゃダメだよね??手拍子もしていいの??
そんな空気が漂っていました。
まさに、個として楽しむ!!1人焼肉の様な感じ。
1013-1

僕たちも配信による演奏に慣れすぎて、
『お客さんとの一緒に楽しみながら作る舞台』この感覚がかなり鈍っている事に気づきました。

それでも、今までの演奏の在り方を見直すいいチャンスと捉え、これまで以上に心の距離が近くなるような、より良い舞台を目指します。
1013-4

そして動画配信という武器も手に入れたので、
これからもっともっと志多らファン層を広げていけたらと思っております!
Img_3539

コロナ渦、台風の心配、東栄町までの距離、予約チケット制などなど、数多の困難をものともせず
会場に駆けつけてくださった皆さん本当にありがとうございました。
Caféのっきぃでのサテライト配信も滞りなくできました。
1013-3  

もちろんYouTubeでご覧になってくださった方も、ご視聴いただき感謝しております。
いつもコメントもとても嬉しいです。
遠く離れていても繋がれる、演奏が届く。
本当に素敵な時代になりました。

長々と綴りましたが、のき山市1日目のリポートでした!!

|

2020年8月 4日 (火)

7/26 うどん作り&くるみボタンW.S

東栄町体験交流館のき山学校にて
吉田、沙知がそれぞれのワークショップを行いました。
0804caf-ws-3
前回大盛況だった鬼頭沙知による
【くるみボタンワークショップ】では
ブローチやヘアゴムの手作り体験ができます。
今回も皆さん思い思いの柄を選び
オリジナルの作品作りを楽しんでいました!
0804caf-ws-9

0804caf-ws-6

そして私、吉田は今回が初開催!!
最近ハマりにハマっている
小野式製麺機によるうどん作りワークショップを行いました!
0804caf-ws-5
0804caf-ws-7

小麦粉・水・塩を混ぜた後、
生地の練り上げ、麺の切り分けまでを
手動の製麺機にて行います。
0804caf-ws-1

そして、しっかりと練り込みコシのでたうどんを
学校の調理室の大釜で一気に茹で上げます。
0804caf-ws-8

子供たちも自分で作ったうどんに大満足!!
家族連れからお一人様まで、
皆さんに楽しんでいただきました!

そして今回のトッピングは吉田が一番お気に入りの味付け!
その名も【特製 明太釜玉バターうどん】です!
ちょっとカルボナーラ風ですが、
一度食べると病みつきになりますよ!!

次回は8月29日(土)に、また沙知さんと日程を合わせて
うどん&くるみボタンW.Sを開催しますので
楽しみにしていてくださいね!!

 

|

2020年6月30日 (火)

3年ぶりのcaféのっきぃ LIVE

6/27に東栄町体験交流館のき山学校に併設される
caféのっきぃにて吉田・鬼頭のアコースティックライブを開催しました。

実に3年ぶりのcafé LIVE
ソーシャルディスタンスを保ちつつ
ご来店いただいたお客さんと
お話をしながらとても楽しい時間を過ごせました。
0628caf-2

緊急事態宣言が解除されたとは言え、
まだまだ満足に演奏活動が再開できない現状。

今やれる事からやっていこう!!
そんな思いで開催したcafé LIVE

少しでも笑顔を届けよう!!そう思っていたのに
逆にこちらがファンの皆さんから
たくさんパワーをいただきました。

この間にできなくなったことを嘆くよりも、
この期間、この時代だからこそできる事を
どんどん挑戦して発信していきますので、
今後とも応援をよろしくお願いします!!


吉田・鬼頭としてはcaféでのLIVEやワークショップは
定期的に開催していきたいと思っています。
0628caf-1

この自粛期間中に会得した特技などを活かして
また皆さんに楽しんでいただきたいです!!

それでは、また皆さんにお会いできる日を楽しみにしています!!

|

2020年2月 5日 (水)

FESTIVAL DELL‘ ORIENTE Milano 最終日

演奏が全て終了しました。

あっという間の三日間

F56301cace8045069ea01484d298cc4b

演奏中、舞台前に来て踊ってくれる人や自ら手拍子をしてくれる人も

この三日間で日本の太鼓の音がここMilanoに響き渡ったことと思います。

個人的にはもう少し日にちがあっても
良かったかなと思います

次のorienteも、もし機会があれば行きたい

 

夜は日本の出演者の方達とピザを食べたくさんお話しをしました!

最後の晩餐ですね^ ^

475b1972bca24f54a15143942a9a0301

この三日間の出会いや演奏から学んだことを忘れずに日本に帰っても頑張ろうと思います

grazie mille

 

|

2020年2月 3日 (月)

全国ツアー たすき 豊橋公演

皆さんこんにちは。

1/26 豊橋公演が無事に終了しました!!

豊橋出身でもなければ、演出家でもない一演奏者の吉田章彦が【たすき】について語ります。

F3c57785c878420085ed962fb2e53406

今回で5カ所目となる全国ツアー【たすき】は穂の国とよはし芸術劇場PLATにて行いました。

前回の作品【息吹】千秋楽公演から
約一年ぶりとなる豊橋での演奏でしたが、たくさんの方に温かく迎えていただきました。
ご来場いただいた皆さん本当にありがとうございました。
そして、いつもご協力いただいている実行委員会の皆さん、ありがとうございました。

9c6f121bb63a4e6489c562708271da24

突然ですが、皆さんは伝承と伝統の違いはご存知でしょうか??

伝承とは、昔からあるものをそのまま引き継ぎ、守っていくこと。
伝統とは、昔から受け継いできたものをその時代にあわせた変化を加え、受け伝えていくこと。

僕が思う、今回の作品【たすき】で伝えたい事。それは。。。

『時代と共に移りゆく祭りの姿を表現し伝統というたすきを未来に繋いでいく大切さ』
です。

今回の作品では各地の芸能や、お祭りのお囃子をそのまま演奏するわけではありません。
舞台用にアレンジを加え、デフォルメをして舞台芸術作品として演奏します。
この作品をご覧いただいて、受け継がれてきた芸能や祭りの魅力、日本の伝統音楽の素晴らしさはもちろん、伝統文化のもつ《大きな可能性》を感じてもらえれば幸いです。

029bc90463744ab4b9fd33980295ee04

時代が変われば人々の暮らしも変わる。

土地の風土と密接な関係、バランスをとりながら続けられてきたお祭りが、時代と共に少しづつ変化していくのは必然ではないでしょうか。
重要なのは、『かたち』を守るのではなく『おもい』を守り伝えていくことだと、この作品を練り上げていく過程で気付きました。

志多らの拠点である奥三河東栄町に伝わる民俗芸能 【花祭】も暮らしや時代の変化と共に少しずつ変わってきています。
花祭とは本来であれは一昼夜を通して舞を奉納し続けますが、僕たちが住民として携わっている東薗目地区では10年ほど前から夜を跨ぐ事なく朝から晩までになりました。
それは人口減少や祭りに携わり支えるひとの高年齢化もありますが、一番の理由は祭りを存続させるため。
これが伝承芸能であれば夜を跨げなくなった時点で消滅してしまいます。
祭りは先人たちが大切に守り伝えてきたからこそ今があり、今を生きる我々には、次の世代に対して、伝統を受け継ぎ伝えていく責任があります。

重複しますが『かたち』を変えてでも、守り伝えていかねばならない『おもい』がある。
その1つの要素としてこの作品では
祭りの可能性を届けたいと思っています。
(あくまでも一演奏者の見解ですので、演出の鬼頭氏とは異なることがあります)

長々と書き綴りましたが、僕たちはこんな思いをもって演奏してます!!!
という事をでしたので、
皆さんには特に難しい事は考えず
純粋に舞台を楽しんで頂き、
日本の伝統もなかなかやるじゃん!!
と思って頂ければ幸いです^ ^

なにはともあれ、まだまだこの作品は続きます。

日本の伝統のように少しずつ変化を遂げながら皆さんに寄り添える舞台に育てていきたいと思います。

次回の四日市公演、名古屋公演もお楽しみに〜!!

|

2020年1月30日 (木)

「つながろう!愛知・希望の音(鼓動)inとうえい」黄柳野高校 巡回指導

こんにちは!
先日、3月に東栄ドームにて行うイベント
つながろう!愛知希望の音inとうえい
のための指導に、黄柳野高等学校に行ってきました!
黄柳野高等学校は暗い山道を登り・・・
なんだかまるで志多らに向かうような感じで、
着く前からとても楽しみでした!
黄柳野高校和太鼓部は全寮制のため
学校が終わってからの時間、
そして夜の6時30分から8時30分まで練習しています!
僕がお邪魔させていただいたのは夜の6時半から。
日中の疲れもなんのその、いざ太鼓に前につくと
気迫のある声、楽しそうな笑顔でその太鼓に向かっていました!
 
黄柳野高校の演奏する演目は『けやり』
横打ちの長胴太鼓と下打ちの締め太鼓
6時半からはみんなで開脚ストレッチと
横打ちの構えのプチ筋トレ!
プチ筋トレで足が震えていても、
こちらもいざ太鼓に着くと、そして曲になると!

腰をしっかり下げ、笑顔で、気迫のある声で演奏することができる。
本当に太鼓が好きなんだなと思いました。
太鼓にかける思いもきっと、強く深いのだと思います。
そんな黄柳野高等学校和太鼓!
演奏する『けやり』
 
みんなで打ち込もう!
そして楽しみましょう!!

|

2020年1月21日 (火)

全国ツアーたすき 豊田公演

みなさん、こんばんは。
はい、年明けから初投稿になります杉浦駿亮です。
今年も全国ツアーをガンガンお送りさせていただきます!
 
さて、そんな今年1発目の全国ツアーたすき」は愛知県豊田市で開催されました。
やはり自分の地元で演奏するというのは、少し新鮮なものがありました。
0121jpg-8

この豊田市民文化会館でツアーを開くのは、実に2年ぶりとなりました。
地元の太鼓団体で自分が志多らに入座する前に所属していた、「松平わ太鼓」の皆さまにも協力していただいて、この豊田公演は大成功を迎えました。
0121jpg-15

足を運んでくださったお客様の中にも、学生時代からの知り合いや、自分のことをよく知っている方まで多く見えて改めて、自分は沢山の方に支えて貰っているのだなと実感することができました。
とても貴重な経験を得ることができました。
 

さて、そんな「たすき」次の公演は1/26豊橋市で開催されます皆様ぜひ、お越し下さい!
会場でお待ちしております。
0121jpg-13

|

より以前の記事一覧